おひとりさまとペット

身寄りのない高齢者様のおひとりさまにとってペットは大切なものです。

たとえ一人でいても寂しさを感じることなく、むしろ強い愛情を喚起してくれます。抱いているだけで安心感があるでしょう。

ペットは、おひとりさまにしか分からない孤独を癒してくれる貴重な存在です。

しかし、もしそのおひとりさまがお亡くなりになったら、愛するペットはどうなってしまうのでしょうか。

今日はそんなペットの終活サポートについてお話しいたします。

まずペットも、相続される対象になることに注意いたしましょう

つまりペットも他の遺産と同じく、相続人が協議して取得するかどうか話し合う対象になるのです。

でも、覚えておいていただきたいのは、ペットはマイナス財産になるということです

どういうことでしょうか。

それはペットの飼育には年間およそ12万円ほどかかるので、それが負担額とみなされます。

ペットを引き取る相続人は、他と比べてその分だけ多く財産をもらうことができるのです。

なので、亡くなったおひとりさまには申し訳ないですが、愛すべきペットは、年に数万円かかる負債とみなされるのです。

そうすると、相続人に格別動物への愛情がなければ、どうしましょうか。

でも、誰かが引き受けないといけません。というのも、動物愛護法の関係でペットは放置することができないからです。

そうすると、引き受けた相続人には、どのような選択肢があるでしょうか。

ペットの終活サポートは大きく分けて4つあります。

1.そのまま飼育する

2.ペットショップに売却する

3.動物愛護センターに相談して、他の飼い主を探す

4.保健所に依頼する

この4の選択肢を選べば、一匹約6000円程度で引き取ってもらえますが、残念ながら殺処分されてしまいます

これでは、亡くなったおひとりさまは悲しんでしまいますよね。

それでは、そうならないように、どのような事前の対策があるでしょうか。

おすすめは、死後にペットホームで面倒をみてもらう手続きを取ることです

どうすればよいかというと、信託契約をペットホームと結んで、死後に遺産から費用を出せる仕組みを作るのです。

つまり施設と話し合って金額を合意し、信託契約を結んで、その内容を遺言状に書きます

こうすることで、自分が亡くなっても、ペットが殺処分されることはありません。

いくら生前に自分が愛していたからといって、ペットは時に負債としてみなされてしまい、引き取り手が困って、最悪、殺処分になる可能性もあります。

ですから、事前に信託契約を結び、遺言書を作成して、愛するペットを守るペットの終活をしておくことをおススメいたします。


まとめ

  • ペットも相続の対象になる上、費用のかかるマイナス財産となるので、相続人に興味がなければ、殺処分されないように、事前に法的対策をとりましょう
  • 施設と信託契約を結び、その旨を書いた遺言書を準備し、遺産からペット飼育のための費用を払えるような仕組みをつくりましょう

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。