【就A】「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

icon image

 就労継続支援A型事業所を運営していますが、事業拡大のために他の障害福祉サービスとの相乗効果を狙いたいです調べていると「就労定着支援」という事業のことが気になっています
 そこで就Aと「就労定着支援」を組み合わせて、収益アップのメリットがあるか、詳しく教えていただけますでしょうか?

  近年、就労継続支援事業所など、就労関係の障害福祉サービスは就労移行の実績が評価される傾向にあります
 就労移行に力をいれる就Aの事業所は、「就労定着支援」事業を知らないと、事業拡大のチャンスを逃し損をするかもしれません。
 この記事では事業者様の理解の一助になるように以下の内容を説明いたします。

icon image

  1. 就労定着支援事業の概要がわかります
  2. 就労定着支援事業の活用方法がわかります
  3. 就労定着支援事業の人件費の効率化とオススメの加算がわかります

就労定着支援事業を活用しよう!収益アップの活用法を解説します

「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

 「就労定着支援」事業は、就労継続支援A型などを利用して雇用された障害者の職場定着のために、関係各所との連絡調整/日常・社会生活の相談や指導を行うサービスです

(人員基準の職種)(条件)
就労定着支援員利用者数を40で割った数(常勤換算)以上
サービス管理責任者1人以上
管理者管理業務に支障がなければ兼務は可能

icon image

 「就労定着支援」は障害をお持ちの方が継続的に働けるようサポートする事業内容であることを理解いたしました。
 ただ確かに就労継続支援A型と連続性があって関係があるように思えるのですが、就A事業者が「就労定着支援」を行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか?

 「就労定着支援」事業を開業するときに、特別な設備を追加で就A事業所に増やす必要はありません
 特に就労移行に力を入れている就Aの事業所さんには、更なる収益アップを狙えるチャンスがあるはずです
 以下では就労継続支援A型と、「就労定着支援」を組み合わせるメリットを、わかりやすく説明いたします。

icon image

ポイント1:多機能型による人件費の効率化

「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

 就労継続支援A型事業所で「就労定着支援」を一体的に行う場合、現在の就Aの従業員を兼務させて殆ど追加で新しい人員を雇う必要がなく、人件費を節約してリスクを負わず開業することができます

<「サビ管」/「管理者」の兼務>
定められた利用者数の範囲内であれば就Aのサービス管理責任者と管理者を、「就労定着支援」のサビ管/管理者に兼務させることができきます(=追加で人員を雇う必要はありません)。

<「就労定着支援員」の兼務>
就Aの常勤の生活支援員/職業支援員を「就労定着支援」に従事させることができ、それで「就労定着支援」の基本報酬を請求することができます。
ただしこの場合は「就労定着支援員」の常勤換算の時間数に含まれません


初年度における「就労定着支援員」の必要配置時間の計算の仕方
指定から6ヶ月未満は、就Aで過去3年間に6ヶ月間就労を継続した者の数の70%を利用者数として計算します。
例)10人(過去3年間) ÷ 40 = 0.25 (=平均1日2時間の配置/常勤週40時間の場合)

・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【基本】常勤換算について徹底解説!計算方法/注意点/よくある質問まで
・【必見】利用者数の計算の仕方のポイント!人員配置の注意点まとめ

 就Aと兼務して常勤換算時間を満たせない「就労定着支援員」ですが、実は思っているよりも配置時間数が少なくて済みます。
 利用者数が40人いて初めて、常勤1を配置すればいいので、実績がそれより低いと非常勤職員で十分対応できるでしょう
 ただ従業員を就Aと兼務させる場合は雇用契約書を結び直し、どちらの事業に従事したかわかるように日報も工夫しましょう。

icon image

ポイント2:資格「ジョブコーチ」を活用する

「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

 「就労定着支援事業」の就労定着支援員は資格要件がありませんが、資格「ジョブコーチ」(=職場適応援助者)の資格を持っていれば厚生労働省より助成金を受ける可能性があります

<助成を受ける資格「ジョブコーチ」になるには>
・訪問型職場適応援助者養成研修などを修了する
・就労支援の業務経験が1年以上
・労災などの保険に入っている

<助成を受ける「ジョブコーチ」の仕事内容について>
・地域センターが作成または承認した支援計画書に基づき、労働者/事業主/家族への支援
・障害の状況の確認
・地域センターが開催するケース会議への出席
・(支援計画の策定)
・(支援総合記録票の策定)

助成金の金額とは
最長で1年8ヶ月(精神は2年8ヶ月)以内で、支援計画に基づいて支援を行った日数に、以下の日額単位をかけて算出した額を受けることができます。

地域センターが支援計画を作成事業主が支援計画を作成支援総合記録票を作成
2日4日1日
(↑※支援日数の上限)
3時間以上3時間未満
16,000円8,000円
(↑※精神障害者の場合)
4時間以上4時間未満
16,000円8,000円
(↑※精神障害以外の方の場合)

 厚生労働省の助成金は、地域センターが作成または承認した計画により、無償でジョブコーチに支援をさせた場合に受給することができます
 支援計画を策定する前日までに、都道府県へ認定申請を行う必要があります
 また助成金の支給は6ヶ月ごとなので、期日から2ヶ月以内に記録票等と一緒に受給の申請をいたしましょう。

icon image

ポイント3:「就労移行支援体制加算」との連携

「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

 就労継続支援A型から「就労定着事業」への移行を増加させる際に、「就労移行支援体制加算」を取得すれば、基本報酬単位に加え全体として収益をアップさせることができます

<「就労移行支援体制加算とは>
就Aの支援を受けてから6ヶ月以上就労している者がいる場合、基本報酬の区分/定員/評価点に応じた単位に、その就労人数をかけた加算額を受けることができます。
就労移行支援体制加算とは?オススメ活用事例あり

 就Aを経てから6ヶ月以上職場に定着した者がいれば、「就労定着支援」事業としては基本報酬単位を取得でき、更に就Aとしては「就労移行支援体制加算」で加算額を取得できます
 つまり就Aを卒業してもその方の基本報酬単位は下がるどころか、「就労定着支援」事業と「就労移行支援体制加算」でカバーして有り余るようになります

icon image

まとめ

「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

icon image

 就労継続支援A型と組み合わせて有効な「就労定着支援」事業の活用法について詳しく分かりました。ありがとうございます。
 就Aで就労移行の実績を作る体制を目指し、就労連携体制加算を取りつつ「就労定着支援」事業を実施していきたいと思います

 就労継続支援Aが「就労定着支援事業」を追加するポイントは、サビ管や管理者を兼務させて人件費を抑えることができる点です
 就労定着支援員に関しても毎日長い時間を配置する必要はなく、事業所も就Aと共用できるので出費は多くありません 注意点としては就労定着支援員がジョブコーチの資格を持ち助成金を受ける場合、必要な計画書類の作成や請求書類の整備を怠らないようにいたしましょう
 就労継続支援A型の事業に「就労定着支援」を組み合わせることは事業全体の収益アップにつながるので、しっかりと利用者さんを就労移行に結びつける組織を作ってください。

icon image

戸根行政書士事務所からのお知らせ

<常勤換算について>
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【基本】常勤換算について徹底解説!計算方法/注意点/よくある質問まで
・【必見】利用者数の計算の仕方のポイント!人員配置の注意点まとめ
・【まとめ】グループホームの人員配置の計算とは?初歩から注意点まで解説
・【必見】サービス管理責任者の兼務を徹底解説!間違えやすい点も説明

<減算について>
・【基本】人員欠如の減算とは?計算方法や注意点も解説
・【詳解】人員欠如の減算:基準や緊急対応・防止策をご説明
・【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算とは?

<事業所管理の健全化に努める>
・【注意】利用者紹介のために紹介料を払う?利益供与の問題点と対策
・【基本】土曜日開業の注意点とは?人員配置等の問題を解説
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【必見】サービス管理責任者の兼務を徹底解説!間違えやすい点も説明
・【必見】就労支援事業会計とは?会計区分や按分処理のポイント解説
・【注意】就労支援事業の積立金とは?余剰金を発生させない会計処理


<工賃上昇のための体制づくり>
・【高収入】施設外就労支援の注意点とは?基本から間違えやすいミスまで説明
・【推奨】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり
・【注目】就労移行支援体制加算とは?オススメ活用事例あり

<工賃支払いを適正に管理する>
・【基本】就労継続支援B型:工賃支払いの注意点は?月ごとの手続き解説

<工賃上昇のための体制づくり>
・【高収入】施設外就労支援の注意点とは?基本から間違えやすいミスまで説明
・【推奨】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり
・【注目】就労移行支援体制加算とは?オススメ活用事例あり

<工賃支払いを適正に管理する>
・【基本】就労継続支援B型:工賃支払いの注意点は?月ごとの手続き解説

<現状に応じた適切な事業所体制を作る>
・【基本】平均工賃月額の計算の仕方は?解説と注意点とは

<工賃支払以外の参加・共感型の新体制を目指す>
・【令和3年】ピアサポート体制・実施加算とは?オススメ活用事例あり
・【令和3年】地域協働加算とは?オススメ活用事例あり

<処遇改善加算を適正に取得する>
・【基本】福祉・介護職員処遇改善加算とは?条件・注意点を解説
・【基本】福祉・介護職員「特定」処遇改善加算とは?条件・注意点を解説
・【注意】処遇改善加算・特定処遇改善加算の対象職種とは?注意点も徹底解説
・【注意】処遇改善キャリアパス要件を満たすとは?記述例・失敗例あり
・【基本】賃金改善の方法をわかりやすく解説:トラブル防止の注意点もあり

<事業所管理の健全化に努める>
・【注意】利用者紹介のために紹介料を払う?利益供与の問題と対策
・【基本】土曜日開業の注意点とは?人員配置等の問題を解説
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【必見】サービス管理責任者の兼務を徹底解説!間違えやすい点も説明
・【義務化】虐待防止委員会とは?運営規程の書き方から記録書類まで解説

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。