(グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?

近年の動向では、重度の障がいの方や高齢者を受け入れるグループホームが評価されて加算が手厚く付く傾向にあります

夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介
重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり
強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

ただ重度の障害の方や高齢者には医療ケアが必要な場合があり、そのような体制を整えていないとトラブルになるリスクがあります。

そこでグループホームが医療機関と連携体制を取っていれば、特別に「医療連携体制加算」という制度があります。


この記事を読めば、医療連携体制加算について何も知らなくても、その取得方法や運営上の注意点、それにオススメの活用事例が分かります


これまで多くの障がい福祉関係のグループホームの事業者さまのサポートをしている中で、「医療機関と連携したいけど費用などが気になる」「体制の整え方がわからない」という声を聞いてきました

そこで本日は「医療連携体制加算」の種類や注意点など細かい点にも触れて説明いたします。

医療連携体制加算とは?

障がい福祉事業のグループホームが対象になる「医療連携体制加算」は複雑で、7つの種類に分かれております。

それら7種類を大きく分けて4パターンに分類できます。

(種類)(概要)
I・II・III型非医療ケアの提供
IV型医療ケアの提供
V・VI型喀痰吸引の提供
VII型体制の整備

令和3年度の報酬改定で非医療ケアと医療ケアの区分が明確になり、単価に差がつきました。

それでは、

このような多くの種類で複雑そうな「医療連携体制加算」を、どのように選んでいけばいいのか

という疑問が浮かぶと思います。

そこで「医療連携体制加算」の各要件についてお伝えしていきたいと思います。

I・II・III型:非医療ケアの提供

(グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

「医療連携体制加算」の非医療ケアとは、看護職員が事業所を訪問して行う「健康観察などの処置」を言います。

そして「医療連携体制加算」のI・II・III型を分ける条件は、

 非医療的な看護の提供時間

によって変わります。

(種類)I型II型III型
(提供時間)1時間未満1時間以上2時間未満2時間以上
(単位)32単位/1日63単位/1日125単位/1日

よくある質問

提供時間は1日の合算でいいですか?

答:合算で大丈夫です。

IV型:医療ケアの提供

(グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

「医療連携体制加算」のVI型は、看護職員が事業所を訪問して行う「一般的な医療ケアの提供」を前提としています

基本的に医療的ケアの指示は主治医から受けて内容を書面で残してください(情報共有が十分にされている場合他の医師でも可能です)。

そして医療ケアを必要とする利用者の数に応じて3種類に分かれ、それぞれ単位が異なります。

利用者が1名利用者が2名利用者が3名以上8名以下
800単位/1日500単位/1日300単位/1日

【注意】「医療連携体制加算」のVI型を算定する場合は次の点にお気をつけください。

※ 【注意】「医療連携体制加算」のVI型を算定する場合は次の点にお気をつけください

・医師の指示を受けた具体的なケアの内容を個別支援計画等に書くように努めてください
・主治医に対して医療的なケアの実施状況を定期的に報告するよう努めてください。

V・VI型:喀痰吸引の提供

(グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

「医療連携体制加算」のV・VI型は両方とも喀痰吸引に関する加算です

基本的に医療的ケアの指示は主治医から受けて内容を書面で残してください(情報共有が十分にされている場合他の医師でも可能です)。

V型

  • 看護職員を事業所に配置or病院・訪問看護ステーションと連携している
  • 従業者に喀痰吸引等にかかる指導を行う
  • 看護師に対して報酬を算定する

VI型

  • 従業者が医療機関等と連携して喀痰吸引を行う
  • 利用者に対して報酬を算定する

(種類)V型VI型
(単位)500単位/1日100単位/1日
(届出)届出が必要届出が不要
(「看護職員配置加算」)併用ができない併用が可能

<「医療連携体制加算」のV型の算定の注意点>
・看護職員を事業所に配置している場合は、資格証明書等を管理する
・看護職員を病院・訪問看護ステーションと連携して確保している場合は、各施設との契約書を作成する(※指導の費用を定める)
・看護職員の勤務状況についてシフト表などで管理する(※基準勤務時間数はない)
・重度化した場合の対応に係る指針を定め、入居の際に、入居者・その家族に対して、当該指針の内容を説明し、同意を得る
・医師の指示を受けた具体的なケアの内容を個別支援計画等に書くように努めてください
・主治医に対して医療的なケアの実施状況を定期的に報告するよう努めてください

<「医療連携体制加算」のVI型の算定の注意点>
・支援記録で喀痰吸引を行った記録を残す
・連携先の医療機関の名称・所在地・連絡先を記録しておく
・医師の指示を受けた具体的なケアの内容を個別支援計画等に書くように努めてください
・主治医に対して医療的なケアの実施状況を定期的に報告するよう努めてください

よくある質問

グループホームに配置する看護職員は兼任でも大丈夫ですか?

答:大丈夫です。

「医療連携体制加算」のI・II・IIIを算定している場合でも、喀痰吸引をすれば「医療連携体制加算」のVは算定することができますか?

答:同時に算定することができます。但し医師の指示に従ってください。

グループホームの利用者なら誰でも対象にあたりますか?

答:医療行為を受ける必要があると個別支援計画に定められた方のみです。

喀痰吸引の備品費用は誰が負担しますか?

答:グループホーム事業者が負担します。

VII型:体制の整備

(グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

「医療連携体制加算」のVII型のポイントは、

グループホームに住み続けられるよう、日常的健康管理 や、医療ニーズに対応できる体制を整備する

ことにあります。

要件

  • 事業所で配置するor訪問看護ステーション等と連携して、GHの職員として看護職員を1名以上確保
  • 24時間の連絡体制を整える
  • 重度化した場合における対応に係る指針を定める

具体的なサービス内容

  • 利用者に対する日常的な健康管理
  • 利用者の健康に関する医療機関との連絡調整

単位

  • 39単位/1日

重度化した場合の指針とは?

  • 急性期における医療機関との連携体制
  • 入院期間における家賃、職材料費の扱い

<「医療連携体制加算」のVII型の注意点>
・准看護師では要件を満たさない
・同一法人他事業所の看護師を配置することも可能
「看護職員配置加算」や「医療的ケア対応支援加算」を算定していれば不可
・看護師により24時間の連絡体制を整えること
算定不可になる利用者以外の利用者全員が算定対象になります
体制を整備し日常的な健康管理をすれば毎日算定できます

医療連携体制加算の活用事例

障がい者グループホームでの「医療連携体制加算」は基本的に、次の4パターンに分かれます。

(種類)(概要)
I・II・III型非医療ケアの提供
IV型医療ケアの提供
V・VI型喀痰吸引の提供
VII型体制の整備

そして「医療連携体制加算」を算定する時にポイントは、

提携先の医療機関の看護職員を確保すること

にあります。

ただこちらの障がい者グループホームからお願いをして、看護職員を派遣してもらい支援体制を築くのは大変です

そこで気になるのは、

「医療連携体制加算」を上手に活用できるオススメの活用事例はありますか?

といったことではないでしょうか。

そこで「医療連携体制加算」のオススメの活用事例をご紹介いたします。

看護職員を雇用する

(グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

 最初の「医療連携体制加算」のオススメの活用事例は、看護職員をスタッフとして直接雇用することです

 障がい者グループホームは「配置すべきスタッフ数」が多いので、看護職員を雇用し職務にあたってもらうと、運営側としては助かります

【必見】グループホームに配置する人員について総まとめ

 実は障がい福祉事業所が看護職員を雇用して、医療的ケア又は喀痰吸引等に係る指導を行った場合、「医療連携体制加算」の加算の対象となります。
 ただ「看護職員配置加算」との関係にはご注意ください。「看護職員配置加算」の単位は70/日ですので、「医療連携体制加算」のVIIより多く、又8人以上対象者がいれば「医療連携体制加算」のVI以上の給付を得られます。

icon image

<看護職員を雇用する注意点>
・「看護職員配置加算」をしている場合、「医療連携体制加算」のVとVIIは算定できないこと
・看護行為をしている間は、配置されている職務の基準上必要な常勤換算の時間数に含めない


「看護職員配置加算」とは?要件やオススメの活用事例など解説


グループ内の医療法人等より派遣

(グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

 次に「医療連携体制加算」のオススメの活用事例は、グループホームと同じ法人から看護職員を派遣してもらう場合ですこちらの場合の利点は何よりも連携のスムーズさです

 障がいをお持ちの方はそれぞれに特性があり、支援にもコツがあってそれを共有するのは中々難しいものです。
 そこで同じ法人内だと支援対象者の情報共有が簡単になり、シフトの融通もききます
 特に精神の方は医療拒否など不測の事態が起こりやすいので、医療機関と連携して体制を作ることは支援の安定につながります。

icon image

まとめ


「医療連携体制加算」は、グループホームで重度の方や高齢者を受け入れる時に役立つ加算です

 「医療連携体制加算」は非医療行為も含み、様々なパターンで活用することができるので、ぜひ自分のグループホームでどのパターンが適切かご確認ください。
 看護職員の雇用や医療法人でグループホーム開設を検討されている場合、「医療連携体制加算」を活用して事業拡大を目指してください。

icon image

戸根行政書士事務所からのお知らせ

<常勤換算について>
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【基本】常勤換算について徹底解説!計算方法/注意点/よくある質問まで
・【必見】利用者数の計算の仕方のポイント!人員配置の注意点まとめ
・【まとめ】グループホームの人員配置の計算とは?初歩から注意点まで解説
・【必見】サービス管理責任者の兼務を徹底解説!間違えやすい点も説明

<減算について>
・【基本】人員欠如の減算とは?計算方法や注意点も解説
・【詳解】人員欠如の減算:基準や緊急対応・防止策をご説明
・【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算とは?

<事業所管理の健全化に努める>
・【注意】利用者紹介のために紹介料を払う?利益供与の問題点と対策
・【基本】土曜日開業の注意点とは?人員配置等の問題を解説
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【必見】サービス管理責任者の兼務を徹底解説!間違えやすい点も説明

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。