【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

icon image

 就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策していいかわかりません度重なる報酬改定により実地指導の確認ポイントも移ると聞きました
 そこで就労継続支援A型の実地指導の対策と間違えやすいポイントを、詳しく教えていただけますでしょうか?

  実地指導の対策はどの就労継続支援A型の事業所の中でも気になるポイントかと思います
 特に令和3年の報酬改定により就Aの基本報酬がスコアによって決まるようになってから、実地指導でトラブルが多いと聞きます。
 この記事では事業者様の理解の一助になるように以下の内容を説明いたします。

icon image

  1. 就労継続支援A型の実地指導の間違えやすいポイントがわかります
  2. 就労継続支援A型の実地指導のスコアの確認ポイントがわかります
  3. 就労継続支援A型の実地指導の書類整備のポイントがわかります

実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

 就労継続支援A型事業所は、「適正にサービスを提供し請求業務を行っているか」自治体に、実地指導として定期的にチェックされます

<実地指導の基本的なチェックポイント>
1 人員基準に関する事項:適正に利用者数を計算し従業員を配置できているか等
2 運営体制に関する事項:運営規程/重説や個別支援計画が適正に整備されているか等
3 報酬請求に関する事項:支援の実態に合わせて請求をしているか等

icon image

 就労継続支援A型の実地指導の概要は、パターンに分けていただいたのでわかりました。
 ただ実際に実地指導の時に何か指摘されて報酬の返還など命じられるのが怖いのですが、就労継続支援A型の実地指導は特にどのような点に気をつければ良いでしょうか?

 障害福祉サービスは全ての事業で実地指導が行われますが、就労継続支援A型ならではのチェックポイントもあります
 また令和3年の報酬改定によりスコア表によって基本報酬単位が決まるようになったので、スコアのチェックポイントの確認は必須です
 以下では就労継続支援A型の実地指導の、間違えやすいポイントをわかりやすく説明いたします。

icon image

ポイント1:スコア表のミスをなくす

 就労継続支援A型事業所の基本報酬は令和3年の報酬改定によりスコア表で評価されるようになったので、実地指導ではスコア表の得点が適正化どうか入念にチェックされる傾向にあります。

<「スコア(III)多様な働き方」の間違えやすいポイント>
・短時間勤務の規則が「介護・育休の短時間規則」になっている
・時差出勤の実績が、所定の労働時間を満たしていない
・在宅勤務の規則が詳細ではない

<「スコア(IV)支援力向上」の間違えやすいポイント>
・研修に半数以上参加した記録がない
・「先進的事業者」の視察/受入をしていないのに2ポイント取得している
・商談会等の参加を単なる営業と考えている

 就労継続支援A型のスコア表に関する厚生労働省の留意事項(令和3年3月30日)が公表されているので、よく読んで根拠資料を揃えることをお勧めいたします。
 もし不適切にスコアを取得していた場合、全体のスコアの単位が変われば基本報酬も変わり、最悪は返金の可能性があります
 スコアの得点を高めるには時間がかかるので、常に次年度のスコアを想定して対策を立てましょう。

icon image

<スコア表の解説>
・【基本】スコア表(I)の解説!「労働時間」の要件と根拠資料は?
・【基本】スコア表(II)の解説!「生産活動」の要件と根拠資料は?
・【基本】スコア表(III)の解説!「多様な働き方」の要件と根拠資料は?
・【基本】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?
・【基本】スコア表(V)の解説!「地域連携活動」の要件と根拠資料は?

ポイント2:施設外就労の不備をなくす

「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

 就労継続支援A型の事業所では、より高い賃金を払い、就労支援事業の会計を黒字にするために単価の高い施設外就労を実施することが多いですが、施設外就労の実施に関しての書類不備を厳しくみられる傾向にあります

<施設外就労の間違えやすいポイント>
・1日の利用者数を事業所本体と施設外と分けていない
・1日の従業員の配置を事業所本体と施設外と、時間数を表記して分けていない
・個別支援計画に施設外就労の効果の文言を入れていない
・施設外就労の規程を作っていない

 施設外就労を実施すれば、定員を変更せずに1日の利用者数を増やすこともできるので就労継続支援A型の収益の一つになります
 施設外就労の人員配置基準が適正化どうかは1日単位で確認するので、毎日の記録が大事になってきます
 特に個別支援計画への未記載は多くみられますのでサービス管理責任者の方に言っておきましょう。

icon image

<工賃上昇のための体制づくり>
・【高収入】施設外就労支援の注意点とは?基本から間違えやすいミスまで説明
・【推奨】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり
・【注目】就労移行支援体制加算とは?オススメ活用事例あり

ポイント3:虐待・身体拘束適正化委員会の書類を整備する

「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

 就労継続支援A型の事業所は令和4年度より虐待と身体拘束適正化の委員会の設置が義務化されたのに伴い、就Aの実地指導でも委員会の開催の実態や体制の整備については入念にチェックされる傾向になります。

<虐待/身体拘束適正化の委員会のための書類について>
・委員会の方針
・委員会の組織体制図
・委員会の記録
・委員会の通知文書

 令和4年度から義務化されたにもかかわらず、運営規程等も変更していない事業所があるのでご注意ください
 また身体拘束適正化の未実施は令和5年度より減算の対象になるので要注意です
 委員会の組織は必ずしも事業所内部に限定することはないので外部の方々も巻き込み適正化に努めましょう。

icon image

<事業所管理の健全化に努める>
・【義務化】虐待防止委員会とは?運営規程の書き方から記録書類まで解説

ポイント4:加算の取得の不備をなくす

 就労継続支援A型の事業所で日常的に利用し活用の機会が多い加算がありますが、加算を取得するための根拠資料を残しておかないと不正請求と見做されるのでご注意ください。

<就A加算の取得のチェックポイントについて>
・「送迎加算」は誰が実施したか書いておき、サビ管/管理者は実施できません
・「送迎加算」で自宅以外に送迎する場合は同意書が必要です
・「欠席時対応加算」は相談支援/連絡調整の内容を明記いたしましょう
・「処遇改善加算」の記録の一部は公表いたしましょう

 「送迎加算」や「欠席時対応加算」は殆どの就労継続支援A型で取得されていると思いますので、根拠資料の整備にご注意ください
 「処遇改善加算」の公表は職場改善の要件だけ明らかにしていれば十分とされます
 加算の書式を実地指導の時に提出するのに時間がかかる場合があるので、前もって整理しておけば安心です。

icon image

<加算の取得について>
・【基本】送迎加算の条件と注意点とは?オススメ活用事例あり
・【基本】欠席時対応加算とは?条件や注意点・誤解も解説

まとめ

「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

icon image

 就労継続支援A型の実地指導の間違えやすいポイントついて詳しく分かりました。ありがとうございます。
 基本報酬に係るスコア表の根拠資料については再度見直し、万全の状態にしたいと思います

 近年の就労継続支援Aの実地指導のポイントは、義務化に伴う諸規定をできるだけ不備なく揃えることでしょう
 特に身体拘束適正化の未実施は減算の対象にもなるので早期の対策をお勧めいたします スコアの労働関係の規程は厚生労働省の通知文書を社労士に渡すなどして、万全の準備をいたしましょう
 就労継続支援A型の事業を安定的に運営していくには実地指導を切り抜けることが大切なので、、しっかりと自治体や利用者さんから信頼される組織を作ってください。

icon image

戸根行政書士事務所からのお知らせ

<常勤換算について>
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【基本】常勤換算について徹底解説!計算方法/注意点/よくある質問まで
・【必見】利用者数の計算の仕方のポイント!人員配置の注意点まとめ
・【まとめ】グループホームの人員配置の計算とは?初歩から注意点まで解説
・【必見】サービス管理責任者の兼務を徹底解説!間違えやすい点も説明

<減算について>
・【基本】人員欠如の減算とは?計算方法や注意点も解説
・【詳解】人員欠如の減算:基準や緊急対応・防止策をご説明
・【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算とは?

<事業所管理の健全化に努める>
・【注意】利用者紹介のために紹介料を払う?利益供与の問題点と対策
・【基本】土曜日開業の注意点とは?人員配置等の問題を解説
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【必見】サービス管理責任者の兼務を徹底解説!間違えやすい点も説明
・【必見】就労支援事業会計とは?会計区分や按分処理のポイント解説
・【注意】就労支援事業の積立金とは?余剰金を発生させない会計処理


<工賃上昇のための体制づくり>
・【高収入】施設外就労支援の注意点とは?基本から間違えやすいミスまで説明
・【推奨】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり
・【注目】就労移行支援体制加算とは?オススメ活用事例あり

<工賃支払いを適正に管理する>
・【基本】就労継続支援B型:工賃支払いの注意点は?月ごとの手続き解説

<工賃上昇のための体制づくり>
・【高収入】施設外就労支援の注意点とは?基本から間違えやすいミスまで説明
・【推奨】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり
・【注目】就労移行支援体制加算とは?オススメ活用事例あり

<工賃支払いを適正に管理する>
・【基本】就労継続支援B型:工賃支払いの注意点は?月ごとの手続き解説

<現状に応じた適切な事業所体制を作る>
・【基本】平均工賃月額の計算の仕方は?解説と注意点とは

<工賃支払以外の参加・共感型の新体制を目指す>
・【令和3年】ピアサポート体制・実施加算とは?オススメ活用事例あり
・【令和3年】地域協働加算とは?オススメ活用事例あり

<処遇改善加算を適正に取得する>
・【基本】福祉・介護職員処遇改善加算とは?条件・注意点を解説
・【基本】福祉・介護職員「特定」処遇改善加算とは?条件・注意点を解説
・【注意】処遇改善加算・特定処遇改善加算の対象職種とは?注意点も徹底解説
・【注意】処遇改善キャリアパス要件を満たすとは?記述例・失敗例あり
・【基本】賃金改善の方法をわかりやすく解説:トラブル防止の注意点もあり

<事業所管理の健全化に努める>
・【注意】利用者紹介のために紹介料を払う?利益供与の問題と対策
・【基本】土曜日開業の注意点とは?人員配置等の問題を解説
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【必見】サービス管理責任者の兼務を徹底解説!間違えやすい点も説明
・【義務化】虐待防止委員会とは?運営規程の書き方から記録書類まで解説
実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。