(グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?

近年はグループホームの中でも、重度の方や高齢者の受け入れに力を入れる事業所が評価される傾向があります

特に重度の方を受け入れているグループホームは利用者さまに健康上のトラブルが起こる可能性もあります。

そこで医療面からケアできるスタッフを配置しておくと安心です

行政としてはそのような看護職員を配置する事業所を評価し、加算を設定しています。


この記事を読むと、グループホームの事業所さまが看護職員を配置し活用して、重度の方を支援していく体制づくりのノウハウが分かります


これまで多くのグループホームの事業所さまと関わってきて、「重度の方を受け入れる時に医療面で不安がある」というお声を度々伺いました

しかし看護職員は病院で働いているイメージがあり、どのようにグループホームで配置して働いてもらうかイメージがつきません

そこで本日は「看護職員配置加算」の説明を通して、介護職員を配置するグループホームのあり方を解説したいと思います。

看護職員配置加算とは?

共同生活援助ことグループホームでは、必ずしも看護職員を配置する必要はありません

けれども重度の方を受け入れる際には、医療面でのケアが心配になります

そこでグループホームでも看護職員を配置すれば、次の点で支援が充実します。

  • 看護サービスの提供
  • 専門的な支援計画の方針の策定
  • 医療機関との連携強化

このように支援の充実に貢献する看護職員の配置を促進するため「看護職員配置加算」があります。

では、

「看護職員配置加算」の取得要件や届出はどのようにすればいいの?

という点が気になりますよね。

そこで先ずは「看護職員配置加算」について記したいと思います。

取得要件

看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

グループホームにおける「看護職員配置加算」の取得は、基準の人員(=世話人の必要な常勤換算数)に加えて「看護職員」を常勤換算で1.0以上追加で配置し、適切に健康管理等をすることで可能になります
※「看護職員」 = 保健師/看護師/准看護師

<「看護職員」を常勤1以上確保するポイント>
基準の人員(=世話人の必要な常勤換算数)に加えて加配する必要がありますので、基準人員の中に看護職員が常勤1以上含まれていても、加算の算定条件にはなりません。

<複数の共同生活住居の配置の注意点>
利用者全体(=前年度の平均利用者数)÷20以上の看護師を常勤換算で配置する

ケース1

  • 住居数:1/利用者数3

  • 看護職員
    →常勤換算1.0で配置

ケース2

  • 住居数:4/利用者数25

  • 看護職員
    →常勤換算2.5で配置

<看護職員の配置による利用者への体調管理等のポイント>
・日常的な健康管理を行う
・医療ニーズが必要な利用者への看護の提供をする
・医療機関との連絡調整と受診等の支援を行う
・看護職員による常時の連絡体制を作る
・重度化した場合の指針の作成と家族への説明をする

よくある質問

(よくある質問1)看護職員は非常勤でも大丈夫ですか?

答:非常勤でも大丈夫です。

(よくある質問2)看護職員に准看護師は含まれますか?

答:含まれます。

届出

看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

「看護職員配置加算」を算定するには、管轄の役所に届出をしなければいけません。

届出書に記す項目は基本的に次の通りです。

・看護職員の配置状況
・利用者の数
・必要な看護職員の配置数

届出の項目はシンプルですが、監査指導などを踏まえて

  • 雇用契約

  • 労働条件通知書

  • シフト表

  • 出勤管理表
  • などを整備しておきましょう。

    加算単位

    看護職員を配置することで得られる加算の単位は、

    ・70単位/1日

    です。

    地域単価が仮に10 円とする700円になります

    そうすると利用者が5人のグループホームでは1日に3500円が加算額になります。

    看護職員配置加算の活用事例とは?

    これまで「看護職員配置加算」の要件や届出条件についてお話しいたしました。

    看護職員を配置することは常勤換算のルールを守っていれば難しくないことがわかります。

    けれども1日あたり約700円であり、加算額=人件費という計算ができないことがわかります

    そこで気になるのは、

    このような「看護職員配置加算」を活用してどのような組織を作っていけばいいのか?

    という点ではないでしょうか。

    続いて共同生活援助、つまりグループホームでどのように看護職員を配置して活用していけば良いのについて説明いたします。

    地元医療機関からのリクルート

    看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    「看護職員配置加算」のオススメの活用事例は、

    看護職員を地元の医療機関からリクルートすること

    です。

    現存のスタッフを看護職員になるよう訓練することは大変で現実的ではないでしょう

    そこで看護職員を採用し、既存のグループホームの人員配置である、

    • 世話人

    • 生活支援員

    • 夜間支援員

    のいずれかで働いてもらうのが一般的です。


    もちろん医療的配慮を考慮した支援が特徴ですが、他にも重要なのは、

    ・地域の医療機関との連携

    です。

    医療的ケアを必要とする重度の方は既に地域でかかりつけの病院があり、そこに支援記録が蓄積されているはずです

    そこで看護職員の中でも地域の医療機関出身であると、医療機関とグループホームの連携が一層スムーズになるでしょう

    地域の医療機関出身の看護職員は福祉ネットワークにも馴染みがあり、共同生活援助の利用者の症状に合わせて的確な相談場所を探してくれるはずです。

    地域の医療機関からの派遣

    看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    重度の方を支援する上で地域医療機関との連携を重視するなら、看護職員を採用するだけでなく、

    ・地域の医療機関がグループホームを設立し、看護職員を派遣する

    ことも有効です。

    「看護職員配置加算」のための看護職員は外部から引き入れてくる必要があります。

    ただ病院に入院している患者が地域移行するために、そのような医療ケアを要する方のためのグループホームが求められることもあるでしょう。

    そうすると

    医療法人自体がグループホームを設立し、自前の看護職員を派遣すること

    が有効です。

    重度の利用者への医療情報は病院にいる時から蓄積しており、グループホームに移行しても継続的な支援が見込めるはずです。

    まとめ

    重度の障害の方をグループホームで受け入れるには看護師などの配置を考えないといけません。

    そうすると「看護職員配置加算」を取得することができますが、それで人件費は補えません。

    そこで医療連携の促進のために地域の看護師に在籍してもらったり。医療法人などがグループホームも開業する場合にこの加算を活用することが有効です。

    【児童系】延長支援加算の要件や給付額とは?注意点もあり

    【障がい福祉事業(運営)】定員超過利用減算と放デイ・児発

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。