【全事業者必見】サービス管理責任者の兼務を徹底解説!間違えやすい点も説明

icon image

 障がい者福祉事業を営んでいますが、事業拡大のために新たに別の事業所を設立しようと思っております
 そこで特に求人が難しいサービス管理責任者の兼務が気になっております
 サービス管理責任者の兼務はどのような場合に可能で、不可能であるか詳しくご説明してもらえないでしょうか?

 サービス管理責任者を兼務で配置することの理解は、障害福祉の事業拡大の重要なポイントです
 ただし兼務の仕方やポイントを間違えると人員配置の欠如になり、自治体とトラブルになったケースもよく聞きます。
 この記事ではサービス管理責任者の兼務の理解の一助になるように以下のような内容がわかるように説明いたします。

icon image

  1. サービス管理責任者の兼務のポイントが分かります
  2. 2事業者間でサビ管を兼務するポイントが分かります
  3. グループホームの間でサビ管を兼務するポイントが分かります

【全事業者必見】サービス管理責任者の兼務を徹底解説!

 障害福祉事業のサービス提供に欠かせないサービス管理責任者は、日中活動系やグループホームなど各事業で配置のルールが決まっています。

<サービス管理責任者の配置のポイント>
・常勤で必要か非常勤でも可能か
・利用定員の何人ごとに追加で必要か
・兼務ができるか、できる場合の条件は何か

icon image

 障がい者福祉事業のサービス管理責任者の配置は、サービスごとにルールが複雑で難しいです
 サービス管理責任者を兼務できるところは兼務して効率よくしたいのですが、サビ管の兼務をする時はどのような点に注意すればよろしいでしょうか?

 サービス管理責任者の配置は人員配置基準で決められており、その基準を満たしていないと減算のリスクがあります
 ただし各サービスごとに配置基準が複雑でミスをしてしまい、自治体とトラブルになるおそれがあります。
 それではサービス管理責任者の兼務のポイントについてしっかり説明したいと思います。

icon image

グループホームにおけるサビ管兼務のポイント

【グループホーム】生活支援の配置の注意点とは?外部の業務委託も解説

 障害福祉事業の多くとは異なって共同生活援助(=グループホーム)では、サービス管理責任者は非常勤でよく、業務に支障がない限り直接支援員との兼務も可能です。

(判定)(事例)サビ管管理者生活支援員世話人
パターン1
パターン2

<グループホームにおけるサビ管業務の特徴>
他の障害福祉事業と比べてグループホームのサビ管の業務は負担が少なく、1日のシフトに入っても2時間程度で出来ることがあります。

※グループホームのサビ管の勤務例
・複数のグループホームのサビ管を非常勤で掛け持ち
・単体のグループホームのサビ管と生活支援員を兼務

 グループホームのサビ管の業務を他の障害福祉事業と同じように、「常勤・直接支援との兼務なし」と考えてしまっている場合が多いです
 グループホームのサビ管の求人を行う時には、他の直接支援の人員と兼務できることを視野に入れて経営コストに無駄がないようにいたしましょう。

icon image

<事例1:平日就B常勤、土日GH非常勤>
平日に常勤勤務していても、土日で非常勤で別事業所に勤めることは可能です。ただし以下の点に注意してください。
・合計利用者数が60名以下(就B + GH × 2 ≦ 60)
・就BとGHの勤務時間を二重にしない

日中活動系のサビ管の管理者との兼務の注意点

 就労継続支援A型やB型などの日中活動系のサービス管理責任者は、直接支援員との兼務ができず管理者との兼務が可能であり、管理者兼務の体制が多くみられます。

<管理者との兼務の注意点>
・自治体ごとに設定している可能性のある「管理者の最低限の勤務時間」を満たす
・管理者業務とサビ管業務が1日のうちに別であることが明確になる出勤簿・シフト表を作る

※常勤換算の計算の注意点
管理者とその他の職種との兼務は同時並行的であるため、「働いた全ての時間について、全ての職種にカウントすることができる」とされています。

  日中活動系のサービス管理責任者は管理者と兼務しており、常勤兼務で常勤換算1を満たしている場合が多いです
 ただ管理者として何時間労働すべきかという観点は自治体によって異なりますので、勤務体制一覧表を作る際は事前に自治体の監査指導部に問い合わせることをお勧めいたします

icon image

2事業所間での兼務のポイント

 障害福祉事業の2事業所間の兼務の問題について、一方のサービス管理責任者は2つ目のサビ管と兼務できず、管理者との兼務についても注意が必要になります。

(判定)(事例)a管理者b管理者aサビ管bサビ管
×パターン1
×パターン2
(a生活介護;b就労継続B型)

<2事業者間の管理者の兼務について>
・2事業所の管理者の兼務は認められますが、加えて1事業所の直接支援員との兼務は認められません
・2事業所の直接支援員の兼務は認められますが、加えて1事業所の管理者との兼務は認められません

 事業所を複数にする時は原則としてそれぞれにサービス管理責任者が必要になります。
 1つの事業所でサビ管と管理者兼務をしている場合は、2つ目の事業所でも同じくサビ管と管理者兼務のスタッフを探す方が少ない人数で経営を行うことができます。
 また管理者と直接支援員との兼務は1つの事業所内でしか容認されていないので気をつけましょう。

icon image

多機能型事業所における兼務のポイント

【グループホーム】生活支援の配置の注意点とは?外部の業務委託も解説

 障害福祉事業で事業所を分けずに複数の事業を行う「多機能型」を採用した場合、サービス管理責任者は2つの事業で兼務することができ、2つの事業の管理者も兼務することが可能です。

(判定)(例)a管理者b管理者aサビ管bサビ管a支援b支援
×
×

<多機能型事業所におけるサビ管の兼務のポイント>
・複数の事業の管理者・サビ管の全てを兼務できる(利用者数60人以下)
・サビ管と直接支援員だけの兼務の場合、常勤換算の算定可能な場合がある(重度の障害児を対応し利用定員20人未満)
・直接支援員同士の兼務は認められない

 2つの事業所を別々に作るより、多機能型事業所にすればサビ管の兼務の問題は全て解決いたします
 ただし多機能型の事業所では、それぞれの直接支援員との兼務が認められないので人員は多く必要になります

icon image

2グループホーム間のサビ管の兼務の注意点

 障害福祉事業の複数のグループホームにおけるサビ管の兼務の問題は、2事業間の兼務と違い「サビ管同士の兼務」は認められ、管理者と兼務しても直接支援員との兼務も可能になります。

(判定)(例)a管理者b管理者aサビ管bサビ管a支援b支援
×
×
(aグループホーム;bグループホーム)

<2グループホーム間におけるサビ管の兼務のポイント>
・グループホーム特有のサビ管と直接支援員の兼務が認められます
・グループホームでも2つのサビ管の兼務は認められます(定員30名以内)
・管理者を兼務した場合はサビ管を兼務することができません

 グループホームのサービス管理責任者は非常勤で対応する場合が多いですが、増やす場合はサビ管も求人して増やす必要があります
 サビ管と管理者を1つのグループホームで兼務している場合、他のグループホームの管理者やサビ管を兼務することはできません。ただし直接支援員の兼務は可能になります

icon image

日中活動系とグループホーム間のサビ管の兼務の注意点

 障害福祉事業の日中活動系のサービスとグループホームのサビ管同士の兼務は限定的な場合のみ容認されますが、グループホーム間の兼務とは違って直接支援員との兼務には注意が必要です。

(判定)(例)a管理者b管理者aサビ管bサビ管a支援b支援
×
×
×
×
(a生活介護;bグループホーム)

<日中活動系とグループホーム間におけるサビ管の兼務のポイント>
・サビ管同士の兼務は可能(日中系は60人、グループホームは30人まで)
・サビ管同士の兼務に加え日中支援系の管理者も兼務できる(日中系は30人、グループホームは15人まで)
・グループホームのサビ管が管理者と兼務している場合、日中活動系の直接支援員と兼務できない

 日中活動系とグループホームの間でもサービス管理責任者は兼務できる可能性が高いです
 ただしグループホームで特有の直接支援員との兼務について、日中活動系の直接支援員は兼務できないことにご注意ください。

icon image

まとめ

icon image

 本日はサービス管理責任者の兼務のポイントをご説明いただきありがとうございました。勉強になりました。
 適正にスタッフ間の兼務を試み、できるだけ少ない数の人員で経営していくように、事業所拡大を検討したいと思います

 サービス管理責任者の兼務は、事業ごとにルールが違うので事前に入念なチェックが必要です
 特にサービス管理責任者の求人は難しいとも言われているので、良いサビ管と出会った時は兼務して事業拡大できるように検討いたしましょう
 事業所拡大にはスタッフの兼務の規定を上手に使って、少ない人件費で経営を拡大できれば幸いです。

icon image

<気になるポイントまとめ>
・管理者同士を兼務した場合、加えて直接支援員を兼務できるのは多機能型事業所だけ
・管理者とサビ管を兼務した場合、加えて直接支援員を兼務できるのは2グループホーム間だけ
・日中活動系のサビ管の兼務は多機能型事業所だけ
・直接支援員同士を兼務した場合、管理者を兼務できる場合はない
・サビ管同士の兼務が可能なのは、多機能型事業所・2グループホーム・1グループホーム+日中活動系だけ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。