【就A/就B】土曜日開業の注意点とは?人員配置等の問題を解説

icon image

 就労継続支援の事業所を経営しております。数年たち、利用者も多く来て経営が安定してきました
 ただ事業所の収益をより上げるために、土曜日も開業して利用回数を増やそうと考えております
 就労継続支援の事業所で土曜日も開業する場合、経営で注意する点など教えてもらえるでしょうか?

 就労継続支援の事業所で土曜日も開業すると、利用回数が増えて月毎の報酬単位も上がります
 ただ営業日を5日から増やすということは、人員配置など様々な面でリスクがあることにもご注意ください。
 この記事では就労継続支援の事業者様の理解の一助になるように以下のような内容がわかるように説明いたします。

icon image

  1. 就労継続支援事業所の土曜日開業の注意点がわかります
  2. 土曜日を開業することで人員配置の気を付けるポイントがわかります
  3. 土曜日を開業することで利用者の特例の扱いの方法がわかります

【就A/就B】土曜日開業の注意点とは?

 就労継続支援A型やB型の営業時間やサービス提供時間は、事業者さま側で自由に設定できるので、土曜日を空けていても閉めていても問題ありません。
ただし常勤1以上の配置なので週に5日営業することは原則です

icon image

 就労継続支援の事業所で土曜日も開所できるか自治体に問い合わせると、「可能です」という簡単な答えしか返ってきません
 土曜日の開所自体は難しくなさそうなのですが、就労継続支援の事業所としてどのような注意点があるか詳しく教えてもらえるでしょうか?

 土曜日も営業することで週5日から週6日に変わる場合は、特に事業所の勤務体制に関して注意点があります
 忘れてはならないのは利用者さんにも特例の届出などしてもらうケースがあることです
 それでは就労継続支援の土曜日開業の注意点についてしっかり説明したいと思います。

icon image

土曜日にも人員配置:常勤職員に注意!

【グループホーム】生活支援の配置の注意点とは?外部の業務委託も解説

 就労継続支援A型やB型で土曜日も開業する場合、土曜日にも人員を配置し、土曜も含めた日数で基準以上の人員配置を満たす必要があります。

<常勤職員の取り扱いに注意!>
常勤職員は週に5日の勤務が基本なので、土曜日も開業すると土曜日に直接支援のスタッフに入れることができません
(例)常勤時間=週40時間、月〜金8時間/1日 → 土曜日のシフト不可

 就労継続支援系のサービスで必要とされる常勤1のスタッフは土曜日には配置できず、非常勤の職員で運営することに留意いたしましょう
 よくあるトラブルは、常勤職員を週の常勤時間以上も配置して人員にカウントされず人員欠如の減算になる事例です。
 児童系の障害福祉サービスと違って、日毎に保育士等を頭数揃える必要はありません。サービス提供に不備がない範囲で土曜日もふさわしい量のスタッフを配置いたしましょう。

icon image

(応用)土曜日の人員配置と施設外就労

【グループホーム】生活支援の配置の注意点とは?外部の業務委託も解説

 就労継続支援A型やB型で土曜日も開業し「施設外就労」を実施する場合、平日と同じく「施設外に出向く利用者」と「事業所に残る利用者」の両方に報酬請求のための人員を配置する必要があります。

<土曜日に施設外就労をする注意点!>
常勤職員は土曜日にシフトに入れないので、少なくとも非常勤職員で主に運営する必要があります
しかし「施設外就労に行った利用者数」と同数を事業所で受け入れる場合人員欠如のリスクがかなり高まります

  施設外就労は就労継続支援の事業所にとって生産活動を高める有効な手段なので、土曜日も変わらず実施したいと思うはずです
 しかし職員数をギリギリで回している事業所さんは特に、常勤職員が入れないので人員欠如が起こるリスクが高まることにご注意ください
 また施設外就労をさせてもらう企業との間で、土曜日も実施する旨の契約書の変更も忘れないよう注意致しましょう。

icon image

※全ての土曜日を開業しない方法
運営規程に開業日を月〜土曜にしておき、定休日に「事業所のカレンダーに別途よる」と加えると、事業所ごとで事前に開業しない土曜日を設定することができます。
ただし事前に利用者・従業者に周知させる必要があります

土曜日開業のための事業所側の届出変更

【グループホーム】生活支援の配置の注意点とは?外部の業務委託も解説

 就労継続支援A型やB型で土曜日も開業する場合、事業所で常備する体制に関わる書類や規程を変更して、必要があれば利用者から同意をもらう必要があります。

<土曜日開業に向けての書類整備の手順>
・運営規程に土曜日開業を記し、変更から10日以内に自治体に届け出をする
・重要事項説明書を変更して、土曜日開業と直し、利用者から同意を得る
・従業員に土曜日開業を説明し、次月からのシフト調整をする

 土曜日を開業する変更は、支援に必要な職員を確保するシフト表の変更にもなるので、月初の1日から変更すると手続きが簡便になります
 利用者への土曜日開業の説明は、公平性の観点から全ての利用者に対して行い、正当な理由なく通所を拒んではいけません
 よくあるミスが変更した運営規程を掲示し忘れることなので注意致しましょう。

icon image

利用日数の特例の手続きが必要な利用者も?

【グループホーム】生活支援の配置の注意点とは?外部の業務委託も解説

 就労継続支援A型やB型で土曜日も開業する場合、障害福祉サービスの受給者証に記載されている利用日数を超える利用者が出てくるので、特例申請の手続きをするケースがあるかもしれません

<土曜日開業と利用日数に関する注意点>
土曜日を開業すると、月〜土の6日×4週=24日となり、一般的なサービス需給の上限22日を超えます
上限を超えても届け出をせずに請求するとトラブルになるので注意しましょう

 就労継続支援の通所系は特にA型など毎日通所される利用者さんもいるので、土曜日開業の時は利用日数について改めて話し合うことをお勧めいたします
 利用日数の特例の届出は自治体によって厳しさが異なり、早期に手続き完了するケースもあれば時間がかかる時もあるのでご注意ください
 上限日数を超えた請求に関しても自治体に確認を取り不正と見做されないよう気をつけましょう。

icon image

まとめ

icon image

 本日は就労継続支援の土曜日開業のポイントをご説明いただきありがとうございました。勉強になりました。
 特に常勤職員が土曜日に配置できない可能性があることに注意し、あらためてシフト表を作り直したいと思います

 土曜日開業を検討する時にまず直面するのが、常勤職員を除いて人員配置できるかという点です
 特に施設外就労を実施している時は、通常より多くのスタッフを必要とすることがありますのでお気をつけください
 その他にも頻繁に通所する利用者さんに対しては日数の特例の届出をしてらもうようにお話しいたしましょう。

icon image


関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。