【注意】就労継続支援事業所へ紹介料を払う?利益供与等の問題を防ぐ

icon image

 就労系の障がい者福祉事業を経営しておりまして利用者が少ないことが現状の悩みです
 できれば他の事業所に通所している利用者さんを紹介して欲しいのですが、その紹介のお礼にお金などお支払いすることはできるのでしょうか?
 相手の事業所にもメリットがあれば、利用者さんを紹介してもらい自社でも増える気がするのですが大丈夫でしょうか?

 近年、就労継続支援などの事業所の利益供与等の問題が大きな課題の一つとして挙げられております
 もし他事業所から利用者さんを紹介してもらったとして利益を供与すれば、送る側も受け取る側も自治体に厳しく指導されることになります
 実はあまりこの利益供与等の問題についてあまり自覚しておられないケースもあります。この記事では事業者様の理解の一助になるように以下のような内容がわかるように説明いたします。。

icon image

  1. 就労系の障害福祉サービスの利益供与等の規制内容がわかります
  2. 利益供与等の各種条件を理解することができます
  3. 利益京都等の具体的な事例を知ることができます

紹介料を払ってはダメ!利益供与等の禁止とは?

 就労継続支援など就労系の事業所間で、紹介料等の支払いや利用者への便宜は最近大きな問題とされ、監査指導の際に重要なチェック事項になりました。
自治体によっては取り消しを示唆するところもあります

<令和元年からの規制の強化>
平成26年の厚生労働省社会・擁護局障がい保健福祉部長通知を令和元年に改正し、居宅介護の利益供与等の禁止の項目が援用されるようになりました

<利益供与の規制強化の背景>
①:利用者がどの事業を選ぶかは各事業所のサービス内容や質に基づき自発的に選ぶべきで、それを歪める誘因行為は不適切である
②:事業所間で紹介に対する金品授与があれば、就労の準備がない障害者を就労させたり、受け入れ準備のない企業へ就労を助長するおそれがある。

icon image

 しっかりと就労系の障害福祉事業のサービスでも利益供与等が禁止されていることを知りませんでした。
 利益供与等に無自覚で自治体とのトラブルになりたくないので、利益供与にあたる具体的なパターンを教えてもらえるでしょうか?

  利益供与等に対する規制は年々厳しくなっており、中には指定の取り消しを示唆する自治体まで見受けられます
 仰るように利益供与の禁止の徹底が信頼ある事業所として経営する上で大事なポイントです
 それでは利益供与等のパターンについてしっかり説明したいと思います。

icon image

パターン①:利益供与をする場合

 就労系の障害福祉事業所が、紹介料等として他の事業所/計画相談事業所に金品その他の財産の利益を供与することは禁止されています

<利益供与パターン1の具体例>
・利用者の紹介を斡旋したことにより、事業所に対して金品の授与を行うこと
・利用者を他事業所と掛け持ちさせることで、事業所に対して金品の授与を行うこと

 自社の利用者が少ないからといって利益を上げるために他事業所に利益を与え利用者を誘導することは、国の給付で成り立つ福祉事業にはふさわしくないということです。
 もちろん計画相談事業所からの利用者の紹介は一般的ですが、そこに金銭に限らず何らかの利益が介在して利用者の利益を歪めることにならないよう注意致しましょう。

icon image

パターン2:利益供与を受ける場合

 就労系の障害福祉事業所にとって、利益供与をするだけでなく利益供与を受けるだけで自治体から指定取り消しの可能性を示唆されるかもしれません。

<利益供与パターン2の具体例>
・利用者の紹介を斡旋したことにより、他事業所から金品の授与を受ける
・利用者を他事業所と掛け持ちさせることで、他事業所から金品の授与を受ける

 自社と合わない利用者がいた場合、他事業所に紹介することもありますが、その時に金銭に限らず何らかの利益を受けてしまうと問題になります
 仮に他事業所からの営業で「紹介料を払いますから」と言われても必ず受け取らないように気をつけましょう

icon image

パターン3:利用者の意思決定を歪める場合

 次が最も大事な利益供与等の禁止の規定ですが利用者の意思決定を歪めるような金品の授与による利用者誘因行為/就労斡旋行為が禁止されるという規定です。

<利益供与パターン3の具体例>
・利用者が友人を紹介した際に、利用者と友人に金品を授与する
・サービス利用により就職した場合、利用者に祝い金を授与する
・サービスの利用開始に伴い、利用者に祝い金を授与する
・教材費や就労支援均等の名目で利用者に対して一律に金品を授与する

 「ここの事業所に通えばお金がもらえるから」と言う理由で利用者が通所することは、本人の状態に則した就労支援とは見做されず、本人の利益が損なわれております
 このような事態を防ぐために、広い意味で意思決定を歪めると考えられる誘因行為や斡旋は厳しい目で見られます

icon image

icon image

 けれども就労系の事業所で利用者を就職させるために、何らかの紹介サービスを利用することもあると思うのですが、そのような場合も利益供与等に見なされるのでしょうか。
 どのようにすれば利用者さんの意思決定を歪めていないと考えられるのか、その基準などあれば教えてもらえるでしょうか?

 仰るように特に就労系の事業所では「就労斡旋行為」に関して費用がかかることも実際にはあります
 ただし一律にそのような斡旋行為が全て利益供与と見做され規制されるかというとそうではありません
 以下では自治体からの問い合わせがあっても障がい者の意思決定を歪めていないと証明できるポイントをご説明いたします。

icon image

<利用者の意思決定を歪めないためのポイント>
・個別支援計画に記した利用者の現状や性格と矛盾しない就労先を斡旋する
・サービス提供記録に記録した利用者の能力に相応しい就労先を斡旋する
・利用者に対して斡旋先でない就労先を説明し選択の自由を与える

まとめ

icon image

 本日は就労系の事業所の利益供与等の問題とポイントついて詳しく説明していただき、ありがとうございます。
 自分があまりにも利益供与等に対して無自覚になっていたので事例を見て注意したいと思います

 他事業所との利益供与の関係はわかりやすいですが、利用者の意思決定を歪めていないかは細心の注意が必要です
 特に就労実績がある方が報酬単位も大きくする国の方針があるので、実績を作るために就労を斡旋するケースが目立ちます
 しかしその就労の斡旋に利用者の意思が介在せず、不当な金品が授与されていれば大きな問題になりますのでお気をつけいただければと思います。

icon image

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。