【児発・放デイ】多機能型の人員配置と請求単位の徹底解説!各パターンの詳解

icon image

 これから児童発達支援と放課後デイサービスを多機能型で開業しようと考えていますただ多機能型は人員配置や請求単位が複雑でよくわかりません
 そこで児童発達支援と放課後デイサービスの多機能型について、その人員配置のポイントや請求単位の選び方を教えていただけますでしょうか?

  多機能型による開業は、従業者の配置/設備/利用定員/報酬請求に関して特別な措置を受けることができます
 ただ特に従業員の配置や利用定員は複数のパターンが考えられ、それに伴い請求単位も変化するのでミスをすると実地指導の時にトラブルになります。
 この記事では事業者様の理解の一助になるように以下の内容を説明いたします。

icon image

  1. 児発と放デイの多機能型の人員配置のポイントがわかります
  2. 児発と放デイの多機能型の各パターンのメリット/デメリットがわかります
  3. 児発と放デイの多機能型の請求単位を間違えません

多機能型の人員配置と請求単位の徹底解説!各パターンの詳解

【児発・放デイ】多機能型の人員配置と請求単位の徹底解説!各パターンの詳解

まず「児童発達支援」と「放課後等デイサービス」を多機能型で運営すると、どのような特例があるか概略をまとめましょう。

<児童系の多機能型の特例の概略>
各サービスごとに専従の職員を配置する必要はない
 ↔︎ それぞれのサービスに児発管と保育士又は児童指導員2名以上(1名常勤)が必要
設備を兼用することができる
 ↔︎ それぞれのサービスに独立した設備が必要
各サービスの合計で利用定員を10名以上とすることができる
 ↔︎ それぞれのサービスに定員10名以上を設定する必要がある
報酬を各サービスの合計利用定員に応じて請求できる
 ↔︎ それぞれのサービスの利用定員の報酬単位で請求する

icon image

 児童発達支援と放課後等デイサービスを多機能型で運営する概略について理解いたしました。
 けれども多機能型で利用定員や報酬単位の設定も、いろいろなパターンが仮定できると思うのですが、それぞれの利用定員のパターンの詳細とそのメリットやデメリットを詳しく教えてもらえるでしょうか?

 多くの多機能型の事業所は多機能型で利用定員10名以上で開業されていますが、それだけが選択肢ではありません
 ただ児童系の多機能型で利用定員を10名超にすると、人員配置と報酬請求で詳細な注意が必要になります
 以下では障害福祉事業のハラスメント防止の対策のポイントについてわかりやすく説明いたします。

icon image

パターン1:定員10名/請求単位10名以下

【児発・放デイ】多機能型の人員配置と請求単位の徹底解説!各パターンの詳解

 児童発達支援と放課後等デイサービスの多機能型の中で、多くの事業所が選ぶ最もポピュラーなパターンは、この1日の同じ時間帯に利用定員10名でサービス提供をする場合です

例1:10時から17時に児発と放デイを一体で行う(定員10名)
請求単位は「10人以下」で行うことができます。児発管は1名、従業員は保育士もしくは児童指導員を2名、そのうち常勤は1名になります。

<メリット>
・児童から就学児まで同じ設備で支援できる
・児発と放デイに、それぞれ基準職員を配置する必要がない
・児発と放デイに、それぞれ児発管/管理者を配置する必要がない
・報酬単位を一番高い「10人以下」で請求できる

<デメリット>
・利用定員が10名と限定されるので学校休日に定員超過のリスクがある
・児童から就学児と、年代の違う利用者を同時に相手する必要がある

 多機能型の利用定員10名のパターンは、定員も埋めやすく、人件費も過度にかからないので経営しやすい多機能型と言えるでしょう
 ただ成人系の障害福祉事業と比べて利用者が児童なので、家族との連絡調整や児童への教育など、想像以上に支援に時間が取られてしまいます
 開業時に児童発達支援や放課後等デイサービスの経営の経験がない場合は、まずこの利用定員10名をお勧めしています。

icon image

パターン2:定員20名/請求単位11〜20名

【児発・放デイ】多機能型の人員配置と請求単位の徹底解説!各パターンの詳解

 児童発達支援と放課後等デイサービスの多機能型の中で、利用者が段々と増えてくる事業所が採用するのが、請求単位は下がっても、1日の同じ時間帯に利用定員20名でサービス提供をするパターンです

例2:10時から17時に児発と放デイを一体で行う(定員20名)
請求単位は「11〜20人」で行うことができます。児発管は1名、従業員は保育士もしくは児童指導員を4名、そのうち常勤は1名になります。

<メリット>
・児童発達支援管理責任者は兼務できる(=1人で大丈夫)
・保育士/児童指導員の常勤職員は1名で足りる
・定員超過の減算のリスクが少ない(→多くの児童を受け入れられる)
・児童から就学児まで同じ設備で支援できる(=それぞれに場所代がかからない)

<デメリット>
・請求単位が「11〜20人」というカテゴリーで低い金額になる
・常勤職員1名がいなくなれば人員欠如の減算のリスクが上がる
・同じサービス提供時間帯に4名の職員を同時配置するシフト管理が大変である

 多くの利用定員を抱える見込みがありながら、常勤職員や児発管の求人に苦戦している事業所は、この20名定員(報酬単位「11〜20名)のパターンをお勧めいたします。
 確かに報酬単位は低いですが、サービス提供時間を短くすれば、その時間帯に配置する非常勤職員の人件費は低く抑えられます
 ただし多くの非常勤職員を曜日ごとに管理するのは大変なので、しっかり事前にシフト表を作っておきましょう。

icon image

パターン3:定員20名/請求単位10名以下

【児発・放デイ】多機能型の人員配置と請求単位の徹底解説!各パターンの詳解

 児童発達支援と放課後等デイサービスの多機能型の中で、高収益を狙う事業所が採用するのが、多機能型の従業員の配置に関する特例によらず、高い報酬単位で利用定員20名にサービス提供をするパターンです

例3:10時から17時に児発と放デイを一体で行う(定員20名)
請求単位は「10人以下」で行うことができます。児発管は2名、従業員はそれぞれに保育士もしくは児童指導員を2名、そのうち常勤は1名になります。

<メリット>
・請求単位が「10人以下」というカテゴリーで高い金額になる
・それぞれに営業時間とサービス提供時間を別で設定する必要がない(=「開所時間減算」を避けられます/「延長支援加算」も取得しやすい)
・児童から就学児まで同じ設備で支援できる(=それぞれに場所代がかからない)
・定員超過の減算のリスクが少ない(→多くの児童を受け入れられる)

<デメリット>
・児童発達支援管理責任者が兼務できない(=2人は必要)
・保育士/児童指導員の常勤職員は2名も必要になってくる
・児発と放デイの職員は兼務できない(=それぞれに専従職員が必要)

 この20名定員(報酬単位「10名以下」)の多機能型は、実際は多機能型ではなく、ほとんど各々のサービスを独立して行う形態と変わりません。
 ただし多機能型に設定すると、営業時間/サービス提供時間を共有できるので開所時間減算のリスクが減ることがポイントです
 また別の見方をすれば延長支援加算も取得しやすいのも忘れてはいけない大事な点です。

icon image

よくある質問

管理者が児童指導員を兼務している場合は、多機能型の人員配置についてどのように考えれば良いですか?

答:管理者以外の時間を算定して下さい

「送迎」や「休憩」時はどのように考えればよいですか?

答:それ以外のスタッフで人員配置2名を割らないようする必要があります

ボランティアも人員配置に含むことができますか?

答: 有償であっても人員配置に含みません

サービス提供時間が8時間を超える場合は、どうすればよいですか?

答:別人員が必要になります。残業を基本とした配置はできないので、8時間勤務以内での配置となります。常勤は原則連続5日(週40時間)までなので、残業を前提にした勤務体制は不可です

有給を取得した場合はどうなりますか?

答:基本的に常勤の方の有休取得は人員配置に含めることを認めています

まとめ

「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

icon image

 児童発達支援と放課後等デイサービスの多機能型に関する人員配置と請求単位の要点が詳しく分かりました。ありがとうございます。
 自社の現状を再度整理して、どの多機能型のパターンを選べばいいのか考えたいと思います

 多機能型のポイントは、従業員の配置/設備/利用定員/請求単位で特例措置を受けられることです
 特に児童系は開所時間減算にならないために時間帯をコントロールすることが大切で、2つの単位にするより多機能型でした方がリスクは少ないでしょう ただ準備できる従業員の量と利用者の推測により、多機能型のパターンを柔軟に変えることが大切です
 多機能型のメリットを最大限に活かして、障害児に対する支援を充実させて、ご家族からも信頼される体制を作っていきましょう。

icon image

戸根行政書士事務所からのお知らせ

備考:児童系の人員配置の基本

職種配置数常勤要件(備考)
1.管理者1名以上送迎可能※1
2.児童発達支援管理責任者1名以上アリ(専任)送迎不可
3.児童指導員・保育士・障がい福祉事業経験者2名以上アリ(1人以上)利用者10人に2人※2

※ 「管理者」だけでなく「指導員」「運転手」を兼務する時は誓約書が必要
※ 半数以上は児童指導員または保育士である必要

<スタッフ配置のパターンを解説>
・【基本】これだけは覚えておきたい!児童系の人員配置の基本
・【必見】児童系多機能型の人員配置について
・【確認】児童指導員等加配加算と適正なスタッフの配置について

<常勤換算について>
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【基本】常勤換算について徹底解説!計算方法/注意点/よくある質問まで
・【必見】利用者数の計算の仕方のポイント!人員配置の注意点まとめ

<スタッフ配置に関する加算>
・【基本】児童指導員等加配加算とは?取得条件や注意点も解説
・【注意】児童指導員等加配加算と従業員シフト配置の可否について解説
・【確認】特別支援加算とは?条件やおすすめ活用法も解説
・【お勧め】専門的支援加算とは?条件や注意点も解説

<配慮を必要とする児童支援の加算>
・【新設】個別サポート加算とは?条件や注意点を解説
・【基本】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説
・【基本】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

<監査指導のトラブルにならないための対策>
・【注意】開所時間減算とは?ポイントや注意点を解説
・【注意】定員超過利用減算とは?条件や気を付ける点を解説
・【基本】延長支援加算について徹底解説!条件や注意点など
・【まとめ】放デイ特有の送迎加算とは?学校送迎の注意点も解説
・【注意】放デイ限定の欠席時対応加算とは?利用時間30分以内でもOK
・【基本】放デイの学校休日等の支援の注意点!トラブル回避のポイント
・【義務化】虐待防止委員会とは?運営規程の書き方から記録書類まで解説

<実地指導のための対策>
・【基本】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

<処遇改善加算を適正に取得する>
・【基本】福祉・介護職員処遇改善加算とは?条件・注意点を解説
・【基本】福祉・介護職員「特定」処遇改善加算とは?条件・注意点を解説
・【注意】処遇改善加算・特定処遇改善加算の対象職種とは?注意点も徹底解説
・【注意】処遇改善キャリアパス要件を満たすとは?記述例・失敗例あり
・【基本】賃金改善の方法をわかりやすく解説:トラブル防止の注意点もあり

<事業所管理の健全化に努める>
・【基本】勤務体制一覧表の注意点は?間違えやすいシフト例も解説
・【注意】定員増加の注意点とは?報酬額や人員配置の問題解説
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

<年度ごとの義務化への対応>
・【令和3年度】障害福祉のハラスメント防止の対策とは?運営規程の変更案
・【令和4年度】虐待防止委員会とは?運営規程の書き方から記録書類まで解説

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。