【GH・児童系】定員増加の注意点とは?報酬額や人員配置の問題解説

icon image

 障がい者を対象向けのグループホームを開業して順調に利用者さんが集まっています
 そこで2棟目のグループホームを建てて定員を増やそうと思っています
 障がい者グループホームで定員を増やす際にどのような点に注意すればいいでしょうか?

 定員を増やせば今より多くの利用者さんを受け入れることができるので収入アップになります
 ただ定員を増加させることや人員配置や加算の請求で注意点がいくつもあります。
 グループホームに限らず児童系の福祉事業でも相談を受けることが多いです
 この記事では事業者様の理解の一助になるように以下のような内容がわかるように説明いたします。

icon image

  1. 利用定員増加に関する人員配置の注意点がわかります
  2. 利用定員増加に関する国保連への請求の注意点がわかります
  3. 利用定員増加をするか新規指定を取得するかの検討事項がわかります

【GH・児童系】定員増加の注意点とは?

 障害福祉事業は各サービスで設定されている上限まで利用者の定員数を増やすことができます。
ただし定員数を超えて利用者を受け入れた場合、減算の可能性があります

icon image

 開業当初は利用者が集まるか不安で定員を少なくしていました
 定員数を変えるのは届出だけで出来る簡単なものと思っているのですが、利用者定員の変更の注意点など教えてもらえるでしょうか?

 利用者定員を増やすことは支援体制側にとっても、また請求の際にも変更が求められます
 十分に注意せず定員増加を進めると自治体との間でトラブルになる可能性があるのでお気をつけください
 それでは定員増加の注意点についてしっかり説明したいと思います。

icon image

人員配置の増員:スタッフ確保と人件費

【グループホーム】生活支援の配置の注意点とは?外部の業務委託も解説

 障害福祉事業で利用者の定員を増員する場合、サービス支援のための人員配置が実績ではなく「増加した定員数の9割」になるので急なスタッフの確保が必要になります。

<グループホームの定員増員の例:5名→10名>
実績として4人で人員配置等を計算している場合、定員を10人に増やした段階で10×0.9=9人の人員配置が求められます。
つまり実際の利用の存否にかかわらず従来の倍のスタッフ確保が必要になります

 利用者定員を増加する背景には、現在より多くの利用者が見込める計算があると思いますが、定員を変更した段階で実態に関係なく、制度上は倍近いスタッフの確保が求められます
 気を付けるポイントは、非常勤スタッフの採用には時間がかかることです。人件費の増大も経営上は忘れてはいけない点です。
 利用者増による収入の見込みと、人件費などの支出の増加のバランスをとって定員増加の検討を致しましょう。

icon image

(応用)基本報酬や加算の額の変更

 障害福祉事業で利用者の定員を増員する場合、1人あたり請求する基本報酬の額や加算の額が定員の増加に伴い減額される傾向にあります。

<児童発達支援の定員増加の例:10名→20名>
基本報酬単位         :754単位 → 513単位
児童指導員等加配加算(保育士):187単位 → 125単位
※センター外で非医療的ケア児童の支援の場合。

<グループホームの定員増加の例:5名→10名>
夜間支援等体制加算:224単位 → 113単位
※区分3の支援の場合。1人で定員全員を支援する場合。

  利用者を増員すると1人あたりの報酬単位の減額の可能性があり、単に今の報酬が倍になるという計算は経営上難しいことにご注意ください
 ただ障害福祉サービスによってはグループホームなど基本報酬単位は変わらず、利用者が増えるたびに等しく増加します
 忘れがちなのは加算の報酬請求も変更になる点です。実地指導の時に指摘されやすいので注意致しましょう。

icon image

検討事項:定員増加か新規指定か?

 障害福祉事業で利用者を増員する場合、基本報酬単位や加算額の減額の可能性もあるので同じ人件費がかかるなら、定員増加ではなく別で新規指定を取得した方が経営上は便利なこともあります。

<「定員増加」or「新規指定」:検討事項の例>
・定員が増加すると基本報酬の減額がされるサービスかどうか
・新規指定の場合に追加で配置するサビ管の人件費を考慮して利益が出るか
・新規指定にかかる時間・費用を考慮しても利益が出るか
・複数の事業所番号に伴う請求事務の増加に耐えられる体制になっているか

 利用者数の増加が見込まれる時、定員数を増やすことが唯一の解決策ではない点にご注意ください
 サービスの種類や人件費などを検討すると、定員数を増やすことより新規で別の指定番号を取得した方が長期的にみて得策であることもあります
 規模の拡大が障害福祉事業の安定のポイントですが、その方法は現状をよく分析して慎重になりましょう。

icon image

定員増加のための事業所側の届出変更

【グループホーム】生活支援の配置の注意点とは?外部の業務委託も解説

 障害福祉事業で定員を増加する場合、事業所で常備する体制に関わる書類や規程を変更して、必要があれば利用者から同意をもらう必要があります。

<定員増加に向けての書類整備の手順>
・運営規程に新しい利用者数を記し、変更から10日以内に届け出をする
・重要事項説明書を変更して新定員数と人員配置を記し、利用者から同意を得る
・従業員に定員増加を説明し、次月からのシフト調整をする

 利用者数の変更は、支援に必要な職員を確保するシフト表の変更にもなるので、月初の1日から変更すると手続きが簡便になります
 特に定員数の9割が人員配置の基準になるので、非常勤の方には出勤数の増加を相談し、新しいスタッフには業務連携を早期から確認いたしましょう
 よくあるミスが変更した運営規程を掲示し忘れることなので注意致しましょう。

icon image

まとめ

icon image

 本日は障害福祉事業の定員増加のポイントをご説明いただきありがとうございました。勉強になりました。
 ただ定員を増加させたら良い訳ではなく、新規指定の取得の方が経営的な面で良いのか再度検討したいと思います

 利用者定員を増加させると、実態による利用者数の計算から離れ推定値になり、人員配置基準が厳しくなることが注意点です
 また加算の請求額は変更をする必要がありますので、忘れず対応して報酬単位を取り逃さないようにいたしましょう
 その他にも定員増加に関する自治体への届出も10日以内なので、しっかりと定員増加に向けたスケジュールに入れて計画を立ててください。

icon image

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。