【グループホーム】勤務体制一覧表の注意点は?間違えやすいシフト例も解説

icon image

 長年の夢であった障がい者を対象とするグループホームを開業する計画を立てています。
 必要書類の勤務体制一覧表を作ろうとしているのですが、指定基準や法令を守れているか心配です
 障がい者グループホームの勤務体制一覧表を作成する際にどのような点に注意すればいいでしょうか?

 グループホームは365日の支援が基本で場合によっては夜間がある形態になるのが一般的です
 厳密な意味の営業時間は曖昧なものになり、勤務形態一覧表の作成は簡単なようで注意を必要といたします。
 この記事ではグループホームの事業者様の理解の一助になるように以下のような内容がわかるように説明いたします。

icon image

  1. グループホームのシフト管理を合理的に計画する方法がわかります
  2. グループホームの勤務体制一覧表を作成する際の注意点がわかります
  3. グループホームを最小限の人数で稼働させるコツがわかります

<グループホーム事業の人員配置の経営の課題>
グループホームで収益を安定させるにはパート職員を効率よく配置して人件費を抑えることが課題でありますが、非常勤の人員が増えると管理業務の負担も大きくなります。

(グループホーム)勤務体制一覧表の注意点は?間違えやすいシフト例も解説

 障がい者グループホームの人員配置や勤務形態一覧表を適切に作成するために、基本的に以下の事項について理解している必要があります。

<常勤換算について>
・【基本】常勤換算について徹底解説!計算方法/注意点/よくある質問まで
・【必見】利用者数の計算の仕方のポイント!人員配置の注意点まとめ
・【まとめ】グループホームの人員配置の計算とは?初歩から注意点まで解説

<減算について>
・【基本】人員欠如の減算とは?計算方法や注意点も解説
・【詳解】人員欠如の減算:基準や緊急対応・防止策をご説明
・【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算とは?

icon image

 驚くことに、障がい者グループホームの人員配置を適正に行おうとすれば多くの事項を理解しないといけないのですね
 それではこうした人員配置の基本を理解し、それを勤務体制一覧表に反映させていく際に、どのような注意点があるか教えてもらえるでしょうか?

 勤務体制一覧表は一週間の期間の流れの中で、人員配置の基準を守りつつ勤務時間を埋めていくことポイントになります
 しかし特に夜間を組み入れると常勤換算の計算を間違い、自治体とトラブルになるおそれが生じます
 それではグループホームの勤務体制一覧表作成の注意点についてしっかり説明したいと思います。

icon image

(夜勤に注意!)1日は常勤時間内

【グループホーム】勤務体制一覧表の注意点は?間違えやすいシフト例も解説

 障がい者グループホームの勤務体制一覧表で、朝シフト・夜シフト・夜間シフトのどれかを兼務する場合は常勤時間内に勤務時間を収めるように注意致しましょう。

<グループホームの基本的な勤務パターン>
朝シフト :起床から出発まで(例: 6時〜10時)
夜シフト :帰宅から就寝まで(例:16時〜22時)
夜間シフト:就寝から起床まで(例:22時〜 5時)

<夜間シフトの注意点>
22時から翌朝の5時まで勤務した場合、その労働時間は22時が属する前日の労働時間としてカウントされます
例:6日の22時から7日の5時まで6時間勤務した場合、6日の労働時間が6時間になります。

※間違えやすいポイント
1日の常勤労働時間が6時間の場合、夜シフト(6時間)と夜間シフト(6時間)を兼務している際に、夜シフトだけで常勤時間を使ってしまい、夜間に労働していても配置している見なすことができません。

 グループホームで勤務体制一覧表を作成する時に、夜シフトと夜間シフトを兼務する場合は注意が必要です。
 夜シフトと夜間シフトを兼務すればシフトの都合が楽であり、スタッフの数が十分ではない開業当初に計画しがちです。
 しかしそれでは夜間に人員を配置していないと認識され、夜間支援の加算を取得していれば返金の可能性もあります

icon image

「36協定を結んで労働時間を延長すればいいのでは?」
答:36協定を締結してもグループホームの人員配置としてカウントされるのは1日8時間までです。それを超える勤務時間は基準として必要とされる数値に含まれません。

夜間シフトとの兼務:休憩時間の設定のコツ

【グループホーム】勤務体制一覧表の注意点は?間違えやすいシフト例も解説

 障がい者グループホームの勤務体制一覧表では、シフトの合理化を進めるために夜間シフトと他のシフトを兼務させる場合は「夜間シフトの休憩時間の設定」がポイントになってきます。

<夜間シフトの休憩時間の設定について>
 労働基準法により6時間以上の労働を行えば休憩時間を設定することが義務付けられています
 それゆえに夜間シフト(22時〜5時)には一定時間の休憩を設定することができて、夜シフトと兼務しても1日の常勤時間内に収められる可能性が生じます。

※夜間シフトの休憩時間は何時間必要?
明確な基準はなく、利用者さんの支援を必要とする現状に対して十分な時間を確保すれば、原則残りの時間を休憩時間に設定することが可能です。


<夜間シフトに休憩時間を設定する注意点!>
・事前に休憩時間を本人や家族等に説明しておく
個別支援計画に休憩時間を設定した前提の夜間支援内容を記載する
・全利用者に対して夜間に必要な支援が十分に行える時間を確保する


<休憩時間の設定の注意点>
・自治体によっては、常勤換算のための勤務時間数に休憩時間(※労働基準法上の必要時間)を含めるところもあります
・他方で、常勤換算に原則的に休憩時間を含めない自治体もあるので要確認です
・いずれにせよ休憩時間を設定する際に、配置職員がゼロの場合は指導が入るケースがあるのでお気をつけください

  例えば1日の常勤時間が8時間であれば、夜シフト4時間と夜間シフト4時間で、十分に両シフトの兼務が可能になります
 開業当初は人件費を抑えるために常勤時間を少なく設定しがちですが、最小限の人数で稼働させるシフトの合理性を考慮すると、常勤時間を8時間程度に設定することも戦略です
 ただ理由もなく夜間のシフトの休憩時間を増やすことは人員欠如と見做される可能性があるので注意してください

icon image

最小限人数で稼働させるポイント

【グループホーム】勤務体制一覧表の注意点は?間違えやすいシフト例も解説

 障がい者グループホームは1週間すべての曜日に支援を行うので、一定の人員配置のパターンさえ抑えれば、最小限の人数で稼働させることは難しくありません。

(前提)
介護サービス包括型のグループホームで、区分3の定員5名という小規模でありながら、世話人の配置は利用者4人に1人の高い報酬単位を狙う場合。
夜間支援体制等加算(I)も算定する

<最小限の人数で勤務体制一覧表を作るポイント>
・夜間シフト(=「夜間従業者」)と朝シフト(=「世話人」)を兼務させる常勤スタッフを作る
・常勤の管理者を「生活支援員」と兼務させ、夜シフトに配置する
・「生活支援員」はパートで埋めるか外部に委託を検討する

 夜間シフトと朝シフトを兼務する常勤スタッフは2人いれば、少人数で勤務体制一覧表を作成することは難しくなく、後はパートで稼働させることができます
 特に「生活支援員」は障害福祉事業で珍しく従業員を外部委託できるので、自社で雇用の管理や給与支払いの事務作業を省くメリットもあります
 頭数でいうとサビ管以外で5人程度をご想像いただければわかりやすいかと思います。

icon image

サービス管理責任者は非常勤で雇用

【グループホーム】勤務体制一覧表の注意点は?間違えやすいシフト例も解説

 障がい者グループホームの勤務体制一覧表を合理的に作成する際に、サービス管理責任者は非常勤で雇用した方が人件費を節約できて開業初期の財政的な負担になりません

<非常勤のサービス管理責任者を見つけるポイント>
・定年退職後にお小遣い稼ぎ程度の収入を求める方
・他のグループホームのサビ管を兼務している経験者
・休職から復帰して常勤で働けない方

 上記のような非常勤のサービス管理責任者を見つけるポイントをハラーワークに伝えるとスムーズに該当者が見つかったと聞きます
 管理者を常勤配置することが必須というグループホームの形態は「管理者」の責任が重く、他の障害福祉サービスと比較してサビ管の勤務状況は厳密に規定されません
 ただ非常勤とはいえモニタリング等はしっかり行う必要があるので、モニタリング時期の記録は注意して管理いたしましょう。

icon image

まとめ

icon image

 本日は障がい者グループホームの勤務体制一覧表の作り方、朝・夜・夜間のシフトの合理的な組み方について教えていただきありがとうございました。
 誰をどの時間にどのように配置していいか頭が混乱していたので、実際の経験に根ざした様々なポイントを教えていただいて経営の不安が少し軽くなりました

 まずグループホームごとの常勤時間を慎重に設定し、各期間のシフトを兼務させる場合は1日の常勤時間内にするようご注意ください
 グループホームの勤務体制は、時間数の配置(=様式1)だけでなく、時間帯の配置(=様式1−2)まで自治体から確認されます。
 開業当初は人件費削減のために最少人数を目指すとはいえ、法令をしっかり守り、利用者さんへの支援を不足させないよう、朝・夜・夜間と誰が何時間勤務するのか決めていきましょう。

icon image

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。