【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

icon image

 他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました
 保護者の仕事の関係や学校の休暇等で営業時間外に対応することがあります
 そこで「延長支援加算」について気になっているのですが、詳しく教えてもらえるでしょうか?

 児発や放デイは営業時間内に事業所を空けていて、その内のサービス提供時間内にサービスを提供するのが基本です
 ただし利用者が児童だと、体調や家庭環境、保護者の事情が理由となって営業時間外に対応することがしばしばあります。
 そんな時に事業所様の支えになるのが「延長支援加算」です。
この記事ではグループホームの事業者様の理解の一助になるように以下のような内容がわかるように説明いたします。

icon image

  1. 「延長支援加算」を算定するための要件がわかります
  2. 「延長支援加算」でいくらの報酬がもらえるかわかります
  3. 「延長支援加算」のおすすめの活用法がわかります

延長支援加算の要件とは?要件・注意点を徹底解説!

 児童発達支援や放課後等デイサービスで、営業時間外に利用者のお子様にサービスを提供する際に「延長支援加算」を活用することができます。

<「延長支援加算」とは>
運営規程に定められている営業時間(送迎時間を含まない)が8時間以上あり、営業時間の前後(=延長時間帯)において支援を行なった場合に、1日の延長支援に要した時間に応じて算定する。

(時間数)(単位/1人1日)
1時間未満61単位
1時間以上2時間未満91単位
2時間以上123単位
(重症心身障害児を除く場合)

<「延長支援加算」のポイント>
・営業時間が8時間以上あること(※送迎時間は含まない)
・延長時間によって報酬単位が変わること
・前月15日までに延長支援加算の体制届出書を提出すること(※利用者変更の都度必要)

icon image

 「延長支援加算」は運営規程の営業時間が基準に満たないと、そもそも算定できないとのことに驚きました
 それではその営業時間外の延長時間帯で支援を行うわけですが、人員の配置や記録などどうすればよろしいでしょうか?

 営業時間が8時間以上ということは、短い営業時間の事業所には延長しても加算は取れないということです
 ご注意いただきたいのは、ただ延長支援したら「延長支援加算」を取得できるというわけではなく、こうした誤解ゆえに自治体とのトラブルが多いです。
 「延長支援加算」を適正に算定するために、これから細かい要件をご説明して参ります。

icon image

児童指導員または保育士を1名以上配置する

 児童発達支援や放課後等デイサービスが「延長加算」を取得するためには、営業時間外の延長時に直接支援をするスタッフを1名以上配置してください。

<延長時に配置するスタッフの注意点>
配置するスタッフは児童指導員もしくは保育士の方に限られます
管理者や児童発達管理責任者を配置しては「延長加算」を取得できません

 「延長支援加算」のポイントは、延長時にはサービス提供時に必要とされる人員の量を配置する必要はなく、1名以上で問題ない点です
 注意点としては、直接支援の保育士は送迎に行っていて管理者が残り支援をしていることは不可であることが挙げられます。
 送迎の時間帯になって「延長支援加算」を取るつもりならシフト管理をしっかり見直しましょう。

icon image

営業時間外のサービス提供の実態がある

 児童発達支援や放課後等デイサービスで「延長支援加算」を算定するときは、営業時間外にサービス提供をしている実態があると記録に残しておきましょう

<営業時間外の支援の記録のポイント>
・支援者である保育士または児童指導員の名前(1名以上)
・支援を行なった時間帯
・支援を行なった内容
・保護者への対応
・児童の体調等

 「延長支援加算」を適正に算定するために、何時から何時まで支援したのかは正確に記録しておきましょう
 請求の基準とした時間数と支援記録の時間数が相違した場合、実地指導の時にトラブルになるおそれがあるのでご注意ください。
 長時間の事業所の滞在になると、児童の体調も変化するかもしれないので、児童の様子も記録をすることも忘れずにいてください。

icon image

延長支援を行う場合の営業時間からサービス提供時間の間の扱いについて
延長支援は営業時間外に行いますが、開始前に預かる場合、営業時間とサービス提供時間の間に隙間が生じますが、この時間帯は子どもを目の届くところにおいておけば必ずしもサービス提供の実態は求められません

8時9時9時半10時11時
延長支援営業時間サービス提供時間サービス提供時間

臨時的な対応であること

 児童発達支援や放課後等デイサービスで「延長支援加算」を算定するとき、その延長の営業時間外の支援はあくまで例外的な措置である必要があります。

<「例外的な措置である」ことの意味>
「延長支援加算」を毎日取得することは加算の趣旨から外れてしまいます。営業時間を変更して対処するように指導が入る可能性にご注意ください。

 「延長支援加算」を度々取得して常態化していれば、運営規程を変更しない事業所の過失と判断されることもあるので注意致しましょう
 単に事業所側の都合で臨時的な対応でないとみなされた場合は自治体との間でトラブルになるのでご注意ください。

icon image

やむを得ない事由を障害児支援利用計画に記載

 児童発達支援や放課後等デイサービスで「延長支援加算」を算定するとき、児童の障害児支援利用計画の中に延長支援をす「やむを得ない事由」を記しましょう。
個別支援計画の中にも延長支援加算の必要性を書いておくと万全です

※「障害児支援利用計画」とは
児童発達支援や放課後等デイサービスを利用するために受給者証の発行を自治体に依頼する時に必要となる支援計画のことです。基本的には相談支援事業所が作成することになります。

<「やむを得ない事由」の具体例>
・保育園などを利用しても通所が必要
・保護者の就業によりお迎えに行けない
・他の手段によっても児童の受け入れができない
・自治体のサービスを利用しても児童の受け入れができない

 「延長支援加算」を取得するには、延長支援をせざるを得ない状況を児童の障害児支援利用計画に記載する必要があります
 延長支援を行う頻度を予測し、児童の日中活動に加えて支援可能な内容を準備してサービス提供を行うことが求められます。

icon image

延長支援加算の活用法とは?放デイ児発の経営のポイント説明

「延長支援加算」は臨時的な対応として、障害児支援利用計画や個別支援計画にもしっかり記録して、人員も配置しないと取得できません。

<注意点>
「延長支援加算」を算定するには、障害児支援利用計画と共に役所に届出することが必要です。

icon image

 「延長支援加算」の算定基準については理解することができました
 それでは事業所の経営の上で、どのような点に注意すれば効率よく「延長支援加算」を取得して事業が安定するでしょうか?

 「延長支援加算」を効率よく取得するには、パターンごとの加算額や人件費のバランスを見ないといけません
 加算の報酬単位から計算して「延長支援加算」を行っても経営的に大丈夫かどうか判断する必要があります。
 それでは「延長支援加算」の加算の給付額から説明して参ります。

icon image

3パターンの加算体系

「延長支援加算」は支援する時間数が3パターン想定されており、それぞれで報酬単位が異なってきます。

(時間数)(単位/1人1日)
1時間未満61単位
1時間以上2時間未満91単位
2時間以上123単位
(重症心身障害児を除く場合)

 つまり1時間と2時間という単位が基準となって、時間数に応じて報酬単位が変わってきます。
  それゆえに「延長支援加算」を取得する場合は、サービス提供記録に時間数を正確に記す工夫をしてください。

icon image

例:月に3回/夜40分/各2人

常勤換算 障がい福祉

この例の場合だと「延長支援加算」で取得できるのは40分の延長支援なので報酬単位は61になります。

<給付額の計算方法>
61(加算単位)×10(地域単価)×2(人数)×3(回数)=3,660円

 つまり1回あたり1,220円を受け取り、2人の子どもに対して40分の延長支援をするというわけです
  延長時間が伸びれば伸びるほど加算額は増えていきますが、最高でも123単位、つまり1,230円/1人になります。2人だと2,460円の加算額を受け取ることができます。

icon image

加算給付額=人件費?

「延長支援加算」を算定する上でのポイントはこの給付額1,220円は、その延長時に配置されるスタッフ1名の時給と殆ど変わらないと想定できる点です

<「延長支援加算」の要点>
「延長支援加算」の給付は事業所への報酬ではなく、延長支援時に配置する人件費の補填に実質相当いたします。

 それゆえに場合によっては、例えば40分の延長で1人の利用だった場合、基本的に赤字になることは覚悟しておいてください。
  「延長支援加算」を取得するかどうかの検討事項には人件費とのバランスで判断していただくのが基本になります

icon image

その他の例1

条件:月に3回/夜40分/1人:月に3回/夜70分/1人

61(加算単位)×10(地域単価)×1(人数)×3(回数)91(加算単位)×10(地域単価)×1(人数)×3(回数)=4560円

その他の例2

条件:月に3回/朝40分/1人:月に3回/夜70分/1人

61(加算単位)×10(地域単価)×1(人数)×3(回数)91(加算単位)×10(地域単価)×1(人数)×3(回数)=4560円

延長支援加算の運営上の注意点!トラブルを事前に防ぐ秘訣

「延長支援加算」の要件と給付額を確認すると、この加算は延長時に配置する人員の人件費の補填と基本的に考えられることがわかります。

<「延長支援加算」のまとめ>
直接支援員をパートで雇用している場合、延長時にも支援してもらうことでその人件費を事業所が負担しなくて済むというわけです。
※「延長支援加算」を取得しても利益は基本的に上がりません。

icon image

 「延長支援加算」の算定について誤解していたところもあり安心いたしました。
 それでは「延長支援加算」を取得している事業所で、実地指導の時に注意する点など教えてもらえるでしょうか?

 「延長支援加算」を取得する事業所で実施指導の時にトラブルになり指導されたという例をしばし聞きます
  これから「延長支援加算」を取得する注意点を説明して参りますので、参考にしていただければ幸いです

icon image

労働環境への配慮

 児童系の障がい福祉事業所で延長時のサービスを行う必要がある場合は、急な要請であることが度々であり、「延長支援加算」には労務管理がポイントになります。

<「延長支援加算」の労務管理のポイント>
・パートの直接支援員を配置する場合、延長時も勤務表に記し、労働条件通知書を確認して、必要なら時間外労働の賃金を払いましょう
・常勤スタッフであれ延長時に支援することで、他の業務に遅れをきたして通常の営業時間内に退勤することができなくなるかもしれません

 時に延長時間帯の支援は、スタッフによって勤務外時間労働になる可能性もあります
  事業所のスタッフの労務管理に注意しつつ延長時も賃金を払って正式に配置していたことを証明できるようにしておきましょう

icon image

サービス提供記録への明記

 「延長支援加算」を請求するための延長時のサービス提供を行う場合、もちろんサービス提供記録を作成する必要があります。

<サービス提供記録の記載のポイント>
・延長支援をした時間数や人員名を記載する
・障害児支援利用計画や個別支援計画に則した支援を行う
・やむをえなく延長支援した理由を記載する

 延長時間帯の支援にもサービス提供記録は必ず必要であり、「延長支援加算」を取得している場合は自治体にチェックされる可能性が高いです
  「やむをえなく延長した理由」の記載は特に忘れやすいので、必ず担当者が曖昧な表現でなく記載するようにいたしましょう

icon image

延長支援加算のまとめ

icon image

 「延長支援加算」の算定基準・活用法・注意点を詳しく理解することができました。ありがとうございます。
 「延長支援加算」を利益を上げるためではなく、延長時も人員を配置して対応できる事業所の体制づくりのために利用しようと思います。

 「延長支援加算」の取得で、やはり間違えやすいのが「やむをえない理由」がないのに取得するケースです
 また実施指導の時にトラブルにならないように労務管理やサービス提供記録はしっかりと整備致しましょう。
 「延長支援加算」を利用して、利用者さんのご家族の緊急時の対応も行える信頼ある事業所になれば幸いです。

icon image

・児童指導員または保育士を1名以上配置する

・臨時的な対応であること

・やむを得ない事由があること

・労働環境への配慮

・サービス提供記録への明記

戸根行政書士事務所からのお知らせ

まとめ:児発・放デイの相談支援系の加算の一覧
1 事業所内相談支援加算:事業所内で個別/グループに相談援助を行う(月に1回)
2 家庭連携加算:自宅訪問をして本人/家族に相談援助を行う(月に4回)
3 関係機関連携加算:関係機関と連携して相談援助を行う(月に1回)

<スタッフ配置のパターンを解説>
・【基本】これだけは覚えておきたい!児童系の人員配置の基本
・【基本】基準職員「営業時間を通じての配置」とは?
・【必見】児童系多機能型の人員配置について
・【確認】児童指導員等加配加算と適正なスタッフの配置について

<常勤換算について>
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【基本】常勤換算について徹底解説!計算方法/注意点/よくある質問まで
・【必見】利用者数の計算の仕方のポイント!人員配置の注意点まとめ

<スタッフ配置に関する加算>
・【基本】児童指導員等加配加算とは?取得条件や注意点も解説
・【注意】児童指導員等加配加算と従業員シフト配置の可否について解説
・【確認】特別支援加算とは?条件やおすすめ活用法も解説
・【お勧め】専門的支援加算とは?条件や注意点も解説

<配慮を必要とする児童支援の加算>
・【新設】個別サポート加算とは?条件や注意点を解説
・【基本】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説
・【基本】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説
・【基本】「関係機関連携加算」とは?取得条件や間違えやすいポイントも解説
・【応用】「強度行動障害児支援加算」とは?取得条件やトラブル事例も解説

<監査指導のトラブルにならないための対策>
・【注意】開所時間減算とは?ポイントや注意点を解説
・【注意】定員超過利用減算とは?条件や気を付ける点を解説
・【基本】延長支援加算について徹底解説!条件や注意点など
・【まとめ】放デイ特有の送迎加算とは?学校送迎の注意点も解説
・【注意】放デイ限定の欠席時対応加算とは?利用時間30分以内でもOK
・【基本】放デイの学校休日等の支援の注意点!トラブル回避のポイント
・【義務化】虐待防止委員会とは?運営規程の書き方から記録書類まで解説

<実地指導のための対策>
・【基本】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説
・【基本】実地指導、ここがチェックされる!②気になる論点の解説

<処遇改善加算を適正に取得する>
・【基本】福祉・介護職員処遇改善加算とは?条件・注意点を解説
・【基本】福祉・介護職員「特定」処遇改善加算とは?条件・注意点を解説
・【注意】処遇改善加算・特定処遇改善加算の対象職種とは?注意点も徹底解説
・【注意】処遇改善キャリアパス要件を満たすとは?記述例・失敗例あり
・【基本】賃金改善の方法をわかりやすく解説:トラブル防止の注意点もあり
・【注意】処遇改善加算等の社会保険料の計算の仕方とは?改善額の組み入れ

<事業所管理の健全化に努める>
・【基本】勤務体制一覧表の注意点は?間違えやすいシフト例も解説
・【注意】定員増加の注意点とは?報酬額や人員配置の問題解説
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【基本】サービス提供時間の適正な設定とは?人件費や報酬単位とのバランス

<年度ごとの義務化への対応>
・【令和3年度】障害福祉のハラスメント防止の対策とは?運営規程の変更案
・【令和4年度】虐待防止委員会とは?運営規程の書き方から記録書類まで解説

関連記事

【NEW】最新のコラム

  1. 2023.9.21

    【就A】「自己評価未公表減算」とは?公表時の注意点やトラブル対策を解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、スコアによる基本報酬の算定を行なって...
  2. 2023.9.11

    【GH】「通勤者生活支援加算」とは?よくある間違いや注意点を解説

     障害者グループホームを運営していますが、比較的軽度で通勤している利用者さんが多...
  3. 2023.9.3

    【GH】「精神障害者地域移行特別加算」とは?よくある間違いや活用法を解説

     障害者グループホームを運営していますが、病院から退院して来られる利用者さんが多...
  4. 2023.8.28

    【就A/B】「重度者支援体制加算」とは?よくある間違いやオススメ活用法を解説

     就労継続支援B型事業所を運営していますが、比較的重度の利用者さんが多いです。
  5. 2023.8.27

    【就A/B】計画相談支援事業所を併設して収益アップ?間違えやすい注意点を解説

     障がい者の就労継続支援事業所を運営していますが、利用者の獲得のために計画相談支援事業所...
  6. 2023.8.12

    【基本】サービス管理責任者の実務経験おすすめルートとは?3年,5年,8年ごとに解説

     障がい者の就労継続支援事業所を運営していますが、次の店舗拡大のためにサービス管...
  7. 2023.8.4

    【注意】サービス管理責任者の更新研修の条件とは?注意点・よくある間違い解説

     障がい者の就労継続支援事業所を運営していますが、サービス管理責任者の「更新研修」のお知...
  8. 2023.8.3

    【GH】グループホーム体験利用の注意点とは?家賃負担や地域移行との連携を解説

     障がい者グループホームを新規で開設して、体験利用をする方が多くいます。
  9. 2023.7.17

    【R6義務化】感染対策委員会とは?運営規定の書き方から記録書類まで解説

     令和6年度から障害福祉事業所で「感染対策委員会」の設置など感染症対策が義務化される。
  10. 2023.7.9

    【大注目】令和5年サービス管理責任者不在の猶予期間が2年に!経営課題も解説

     障がい者の就労継続支援事業所を運営していますが、サービス管理責任者が突然辞めて「みなし...

【必読】人員配置の基本まとめ

  1. 2023.8.12

    【基本】サービス管理責任者の実務経験おすすめルートとは?3年,5年,8年ごとに解説

     障がい者の就労継続支援事業所を運営していますが、次の店舗拡大のためにサービス管...
  2. 2023.6.24

    【児発/放デイ】サービス提供時間の設定方法とは?人件費や報酬単位との適切な調整

     放課後等デイサービスと児童発達支援を多機能型で開業する予定です。
  3. 2023.4.20

    【児発・放デイ】基準職員「営業時間を通じての配置」とは?自治体ルールに注意

     放課後等デイサービスと児童発達支援を多機能型で開業いたしました。
  4. 2023.2.23

    【就A】利用者と雇用契約を結ばない特例について!間違えないポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、雇用契約を結ぶほどの能力が現時点では...
  5. 2023.2.19

    【就A】実地指導、ここがチェックされる②!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、近いうちに実地指導を行うという通達が...
  6. 2023.2.18

    【R5義務化】「身体拘束廃止未実施減算」とは?回避するためのポイント解説

     共同生活援助を経営していますが、令和5年度から新しく「身体拘束廃止未実施減算」...
  7. 2023.2.2

    【児発・放デイ】「強度行動障害児支援加算」とは?取得条件や間違えやすいポイントを解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しています。
  8. 2023.1.7

    【R3義務化】障害福祉のハラスメント防止の対策とは?運営規程から就業規則まで

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導の時にハラスメント防止の対策...
  9. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  10. 2022.12.31

    【グループホーム】「地域生活移行個別支援特別加算」とは?取得条件や活用法を解説

     障がい者グループホームを運営していますが、利用者さんが増えずに経営に苦しんでい...

【注意】間違えやすい加算の解説

  1. 2023.2.19

    【就A】実地指導、ここがチェックされる②!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、近いうちに実地指導を行うという通達が...
  2. 2023.2.1

    【児発・放デイ】「関係機関連携加算」とは?取得条件や間違えやすいポイントを解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.12.18

    【グループホーム】「長期帰宅時支援加算」とは?取得条件や間違えやすい点を解説

     障がい者グループホームを運営していますが、利用者さんが今後長期的に帰宅すること...
  4. 2022.12.12

    【グループホーム】国保連への請求の注意点!間違えやすいポイント解説

     障がい者グループホームを運営していますが、国保連請求をたびたび間違えてしまいま...
  5. 2022.11.26

    【グループホーム】「帰宅時支援加算」とは?取得条件や間違えやすいポイントを解説

     障がい者グループホームを運営していますが、利用者さんの中で土日祝日に定期的に帰...
  6. 2022.11.3

    【就B】医療連携体制加算の活用方法とは?要件や間違えやすい点も解説

     就労継続支援B型事業所を運営していますが、利用者さんの体調が不安定で継続的な通...
  7. 2022.9.13

    【放デイ】欠席時対応加算とは?取得条件も解説!利用時間30分以内でもOK

     就労継続支援B型に加え、新しく放課後等デイサービスの福祉事業を開業いたしました...
  8. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  9. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  10. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...

【ポイント】収益アップの戦略の説明

  1. 2023.8.27

    【就A/B】計画相談支援事業所を併設して収益アップ?間違えやすい注意点を解説

     障がい者の就労継続支援事業所を運営していますが、利用者の獲得のために計画相談支援事業所...
  2. 2023.5.27

    【就A/就B】多機能型のメリットとデメリットは?判断基準を解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、生産活動の収益から利用者さんへの賃金...
  3. 2023.5.14

    【障害福祉】「一体型」と「多機能型」の違いとは?事業拡大のチャンス!

     障がい者の就労継続支援事業所を運営していますが、これから更なる事業拡大を検討し...
  4. 2023.5.7

    【GH】障害者グループホームに短期入所を併設して収益を上げる方法とは?

     障がい者グループホームを運営していますが、利用者さんが増えずに経営に苦しんでい...
  5. 2023.5.5

    【GH】一つの建物に複数の共同生活住居を設置する条件とは?よくある間違いも解説

     障がい者グループホームを運営していて、新しく多くの利用者さんを受け入れるために...
  6. 2023.3.13

    【就A/就B】「施設外支援」とは?算定要件やオススメ活用法を解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、なかなか利用者さんが一般就労につなが...
  7. 2023.1.2

    【就A,就B】従たる事業所の設置とは?オススメの活用方法を解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、利用者が増えてきたので「従たる事業所...
  8. 2022.11.21

    【就A】「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、事業拡大のために他の障害福祉サービス...
  9. 2021.5.2

    【就A/就B】「就労移行支援体制加算」とは?収益拡大のポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、利用者さんを就職させて、「就労移行支...