【児発・放デイ】個別サポート加算とは?条件や注意点など解説

icon image

 現在は児童発達支援などの障がい者福祉事業を運営しています。ただ支援をするのに専門知識があるスタッフが必要なお子様がいて支援体制の構築に悩んでいますす
 人件費も増えて経営状態も気になります。何か活用できる加算などありますでしょうか?

 かなり重度のお子様や行動に関して制約があるお子様に対して支援できる体制があれば取得できる「個別サポート加算」があります
 特徴的なのはこの「個別サポート加算」が虐待等の保護を必要とするお子様に対する支援にも適用される点です
 この記事では事業者様の理解の一助になるように「個別サポート加算」に関して以下のような内容がわかるように説明いたします。

icon image

  1. 「個別サポート加算」の取得基準がわかります
  2. 「個別サポート加算」を取得する時の注意点がわかります
  3. 「個別サポート加算」の疑問や不安が解消される

個別サポート加算の「条件」とは?

 児童発達支援や放課後等デイサービスで個別にサポートを必要とするお子様に支援を行った場合は 「個別サポート加算」を活用することができます。
事前に自治体に加算の届出を出す必要があります

<個別サポート加算とは?>
著しく重度及び行動上の課題のあるケアニーズの高い障害児や虐待等の要保護・要支援児童に対して支援を行った場合に加算されるものです

<まず確認すること!>
利用者さんの受給者証を確認してみて、個別サポート加算が算定できるという表記があるかどうか確認してみてください。

(類型)(対象者)(加算単位)
I型ケアニーズの高い障害児に対する支援100単位/日
II型要保護・要支援児童に対する支援125単位/日

icon image

 「個別サポート加算」は重度のお子様や要保護のお子様に対する支援に適用できるとわかりました。
 ただ「個別サポート加算」を取得するには、どのように加算の対象となる要支援や重度のお子様を見極めれば良いのでしょうか

 「個別サポート加算」を適正に算定するためには、支援対象となるお子様が加算に該当するかどうかを的確に判断する必要があります
 特徴的なのは虐待など要保護を必要とするお子様へのサポートにも加算が適用できる点です
 以下では具体的な例を示しつつ「個別サポート加算」についてわかりやすく説明いたします。

icon image

加算(I)の対象者

個別サポート加算とは?条件や注意点など解説

「個別サポート加算」の類型(I)の対象者はケアニーズの高い障害児でありその判定は厚生労働省告示270号のサポート調査表に依拠することです
※以下のサンプルの転居はhttps://www.city.nara.lg.jp/uploaded/attachment/127687.pdfです。

(年)(条件1)(条件2)
4歳未満サポート表の「食事」「排泄」「入浴」「移動」から2以上の項目で全介助又は一部介助なし
3歳以上サポート表の「食事」「排泄」「入浴」「移動」から1以上の項目で全介助又は一部介助かつサポート表のそれら以外の項目のうち1以上が「ほぼ毎日支援」又は「週に1度の支援」

 「個別サポート加算」のIの算定は対象年齢に応じて、しっかりとサポート調査表の項目に該当するかどうかを確認することです。
 注意していただきたいのは、3歳を超えるとサポート項目の種類が増えて、算定基準が厳格化することです
 ただ自治体によって独自の例外的な措置がある可能性があるのでご注意ください。

icon image

加算(II)の連携の仕方について

個別サポート加算とは?条件や注意点など解説

「個別サポート加算」(II)を算定するには対象者である虐待を受けた児童をサポートする際に「児童相談所等の公的機関/地域協議会/医師との適切な連絡体制」を作る必要があります

(番号)(連携体制)
要保護の必要性や支援状況を共有
要保護の必要性や支援状況を踏まえて児童発達支援計画を作成
市町村からの照会に対して要保護の必要性や支援状況を報告

 「個別サポート加算」(II)を算定するには、家庭との関わりや心理的に不安な児童へのケア、支援に必要な関係機関との連携が必要になります
 そのために関係機関との協議は必須です。注意点はこうした関係機関との協議は年に1回以上行う必要があり、協議の記録を文書で保存しなければならない点です

icon image

条件:個別支援計画の中に位置づける

個別サポート加算とは?条件や注意点など解説

「個別サポート加算」を算定するには、細やかな配慮を必要とする児童を支援するために、どのように対応するかの計画を事前から立てておくことが望ましいです

<個別支援計画における書き方>
・スタッフと連携してどのような手厚い支援を子供と家族に提供するか
・どれくらいの時間をかけて支援を行うか
・連続して利用を休まれた場合に利用の環境をどのように変えて対応するか
・利用を休まれた場合に誰と連携を取るか

<※個別支援計画の注意点>
・要支援を必要とする児童の現状を踏まえた個別支援計画に対して利用者の同意を得ておいてください
・個別支援計画における支援の実施状況がモニタリングの対象になるのでご確認ください

 「個別サポート加算」の算定は重度の障害を持つ児童や要配慮が必要な児童に対してなされるのが適正であり、それには個別支援計画を作成する段階で支援方針を固めておく必要があります
 またスタッフの追加により支援体制も異なるので、お子様のご家族に同意を得てもらうことも大切です。

icon image

個別サポート加算の「注意点」は?

「個別サポート加算」を算定する上で気をつけたいのは、令和3年の報酬改定で成立した(II)の類型は保護者との関係で注意点があることです

<保護者との関係上の留意点>
「自分の子供が要配慮や要支援に該当するかどうか」保護者が認識していないことがあることです。

icon image

 「個別サポート加算」を算定するためには整合性が取れた個別支援計画を作成する必要があるとわかりましたが、その計画作成には保護者の同意が基本的に必要です。
 仮に加算の(II)を算定したい場合は、要配慮の観点から支援することについて、どのように保護者の同意を得ればいいでしょうか?

  「個別サポート加算」の(II)は虐待児などを想定しているため、保護者との関係や同意を求める事項については注意を要します
 もし自分の子供が要支援と認識できない場合は、加算の算定にあたって事業所側とトラブルになる可能性があります
 それゆえに個別サポート加算の(II)は特に運営にあたって注意すべき点があるので解説いたします。

icon image

保護者から同意を求める事項

個別サポート加算とは?条件や注意点など解説

「個別サポート加算」を算定するには個別支援計画を作成する必要があり、それには保護者の同意を得る必要があります。それでは要支援の児童への計画において保護者からどの事項で同意を得られればいいでしょうか?

(番号)(同意事項)(留意点)
1課題や支援内容事業所が一義的に把握/判断しても構わない
2連携先との情報共有拒否された場合は自治体に連絡する。

<加算(II)の対象となる事例>
・措置入所していた児童が家庭に戻る時に支援が望ましいと自治体が判断したケース
・事業所が要支援と判断し自治体に情報提供して支援するケース
・事業所が要支援と判断し医師と連携して支援するケース

 事業所側が児童の養育環境や実情を理解しないまま保護者に同意を求めるとトラブルになるケースがあります
 保護者との認識の共有が難しいという場合は、まず保護者に寄り添い相談援助をして信頼関係を築きましょう

icon image

よくある質問

個別サポート加算とは?条件や注意点など解説

加算(II)を算定するための連携先機関との協議の記録は様式がありますか?

答:様式はありません。要配慮のお子様によって必要支援が異なるからです。ただ個別支援計画との整合性にはご注意ください。

加算の(II)を算定するための連携先機関との協議の記録はメモでもいいですか?

答:口頭でのやりとりをメモして保管しておくだけでは認められません。

加算の(II)を算定する際に医師との連携にあたって注意する点はありますか?

答:医師が保護者や児童に治療等を行うことの必要性について文章で残しておいてください。

加算の(II)の算定はどのくらいの期間できますか?

答:連携先機関と連携して支援を行う必要性がある間は算定できます。ただし個別支援計画を見直す際に必要性の再検討も行ってください。

加算の(II)を算定する際に個別支援計画へ保護者が同意しなかった場合でも算定できますか?

答:算定できません。

加算(II)を算定する際の医師との連携は主治医でないといかませんか?

答:主治医である必要はありません。

個別サポート加算の(I)と(II)を同時に算定することはできますか?

答:同時に算定することも可能です。

加算の(II)を算定する際に保護者からの同意がない場合は受け入れ拒否ができますか?

答:できません。

まとめ

icon image

 「個別サポート加算」についてイマイチ分からない部分もあったので納得することができました。ありがとうございます。
 特に加算の対象に当たる児童かどうかの判断には慎重になりたいと思います。

 「個別サポート加算」は児童への手厚い支援を前提としながらスタッフの配置条件がない点がポイントです
 そして「児童指導員等加配加算」や「専門的支援加算」などと組み合わせて取得することができる点も魅力的です
 ただ「個別サポート加算」の(II)の類型を取得する際は保護者との関係性についてご注意ください

icon image

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。