利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?

障がい福祉事業の運営者側としては、短時間でもいいから1日でも利用日数が増えれば給付額が増加するので、そのような状況を希望してしまいます。

けれども原則として、1人の障害者が1ヶ月に利用できる日数は上限があります

ただし障がい福祉サービスの種類によっては、特例としてその上限を超えて利用することができます

対象:
生活介護、自立訓練(機能訓練・生活訓練を含み、宿泊型自立訓練を除く)、就労移行支援及び就労継続支援(A型・B型)

これはあくまでも特例なので、運営にあたって厳密にルールを守らないといけません。


この記事を読めば、初めての方でも「利用日数の特例」の活用方法が分かり、事業所経営が安定いたします。


「利用日数の特例」はあまり周知されていない論点で、何人かの事業所の方からも質問がありました。

特に給付額を増やすため何とか利用日数を増やすことを試みている事業所もありました。

また原則である「1人の障害者が1ヶ月に利用できる日数」を無意識に超えてしまっていると、監査指導の時にトラブルになるのでご注意ください

そこで本日は「利用日数の特例」に関して、オススメ活用事例と共にしっかりとお伝えいたします。

利用日数特例の条件とは?

利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

原則である「1人の障害者が1ヶ月に利用できる日数」とは次のような数え方をします。

(月)4月5月6月7月8月9月
(上限日数)22日23日22日23日23日22日
(月)10月11月12月1月2月3月
(上限日数)23日22日23日23日20日23日

それでは、このような原則の利用日数を超えて利用できる特例は、どの程度許してもらえるのでしょうか?

そこで「利用日数特例の条件」を確認したいと思います。

条件

利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり
・特定する3か月以上1年以内の期間において、利用日数の合計が「原則の日数」の総和の範囲内であれば利用することができます

つまり、原則の日数を超えて利用できる期間「3か月以上1年以内の期間」が存在するということです。

そしてこの「原則の日数の総和の範囲内」とは、

その期間内の利用日数が269日(総和の範囲の最大値)であれば許される

ということです。

原則

例:
特例なし


269日(4月から翌年3月)
=269日(合計)

特例

例:
5月から翌年3月を特例にした場合の利用者の利用日数(特例)

22日(4月)269日(5〜翌年3月)
291日(合計)

原則の利用日数を超えても良い条件はこのように計算することができます。

ポイントは3ヶ月以上の期間なので、1ヶ月だけ利用日数を超える体制は認められない点です。

届出

利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

このように利用日数を超えて利用者様にサービスを受けてもらうには、必ず届出をしないといけません。

原則としては認められていないので、超過した日数でサービスを提供してしまうと、利用者様や従業員とのトラブルの可能性もあります。

そこでポイントは利用日数うを超える計画をきちんと立てられているかどうかです

・原則の日数と対比した形での、上限を超えた利用日数の年間予定表を作成する

・上限を超える期間においてどのような活動をするのか予定を立てる

・原則の日数を超えて活動せざるを得ないことがわかる事業に関する資料を添付する

このようにしっかりとした事業計画があれば「利用日数特例」を適用することができます。

利用日数特例の注意点とは

利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

障がい福祉サービスの事業計画で、原則の利用日数を超えることが証明できれば上限以上の日数でもサービス提供することができます

けれども実際に、原則日数以上の日程で営業していると、注意しなければ監査指導の時に思わぬトラブルに陥ってしまいます。

ポイントはやはり利用者と従業員の労働時間と契約体制です

どの点に注意すれば、きちんと利用者と従業員を保護しつつ、原則の利用日数を超えても安定した障がい福祉サービスを提供することができるでしょうか?

利用者を法定の労働時間以上は働かせないようにする

利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

特に就労継続支援A型は雇用契約を結んでいますので、利用者の労働時間の上限は決まっております

例え利用者が通う日数が多くなると、利用者の労働する時間も多くなる可能性があります

従って気づかないうちに利用者の労働時間が法定以上になってしまうことに注意いたしましょう。

従業員を契約の労働時間以上は働かせないようにする

利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

原則の利用日数を超えるということは基本的に、土日も利用者に対して支援することを意味します

その時には当然、支援者であるスタッフも駐在しますが、雇用契約等でそのことが可能な体制になっているでしょうか?

雇用契約や労働条件通知書では基本的に土日が休みになっていることが一般的です。

それゆえに土日に利用者に対して支援するスタッフに関しては、土日も仕事ができる契約になっているか確認してください

また常勤スタッフについても、基本的に週40時間以上は労働させることができないので、月〜金で働いている方は土日に労働できないことに留意ください。

サービス提供記録を年間事業計画に即して記す

利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

利用者が原則の日数以上に通われることは、

それだけ給付の請求できる単位も増えて給付額も増加すること

を意味します。

従って、しっかりとその原則以上の利用日数が必然的なものであると証明できないと、給付金目当てで恣意的に操作していると思われる危険性があります。


それゆえ、「利用日数特例」の届出の時に提出した事業計画に即して、利用者に障がい福祉サービスを提供することを心がけてください。


具体的には日々のサービス提供記録を、年間事業計画と照合させるよう作成することです。

特に届出の時に申告した「原則を超えた利用日数になる期間」に注意し、それ以外の時に原則以上の対応をしていないか注意してください。

またできれば3ヶ月ごとに、原則以上の利用を必然とする事業計画の達成度状況を分析することが大切です。

その事業計画において、特例的な対応がどの程度必要で、どの程度意味があるものであるのか、定期的に確認することは、監査指導の時に厳しい目で見られることを避けられます。

まとめ

利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

・特定する3か月以上1年以内の期間において、利用日数の合計が「原則の日数」の総和の範囲内であれば利用することができる

・利用日数特例の事態を証明する事業計画を立てて届出をする

・利用者や従業員の労働時間には注意する

・サービス提供記録を事業計画と照合させる


利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。