令和6年報酬改定】児発・放デイ基本報酬の支援時間設定とは?注意点と具体例を解説

         ★★★記事執筆者のご紹介★★★
 この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者である行政書士の戸根裕士が作成しております多数の顧問先様との仕事から得られた、実務に役立つ注意点をまとめました
 戸根行政書士事務所のプロフィールはこちらですので、よろしければ弊社の支援方針や独自の強みなどご覧ください

icon image

icon image

 児童発達支援と放課後等デイサービスを運営していますが、令和6年度の報酬改定への対応が不安です特に基本報酬の設定方法が大きく変わり、事業所の経営面が不安定にならないか心配になっています
 そこでお尋ねしたいのですが、令和6年度の報酬改定により、児発と放デイの基本報酬を算定する上でどのようなポイントに注意すればいいか、詳しく教えていただけますでしょうか?

  令和6年度の報酬改定により児童発達支援と放課後等デイサービスの評価方法に大きな変更があり、改定する法制度に素早く対応する必要があります
 令和6年度の報酬改定のポイントを知らずにいると、知らない内に収益減になり経営が不安定になるのでご注意ください。
 この記事では事業者様の理解の一助になるように以下の内容を説明いたします。

icon image

  1. 令和6年度の児発と放デイの基本報酬の設定方法がわかります
  2. 基本報酬を決める「支援時間」の設定のポイントがわかります
  3. 基本報酬を出来るだけ高くするポイントがわかります


令和6年報酬改訂】児発・放デイ基本報酬の支援時間設定とは?注意点と具体例を解説

わかりやすく説明いたします

 令和6年度の報酬改定により、児童発達支援と放課後等デイサービスの基本報酬は、利用する児童一人ごとに個別支援計画で設定する「支援時間」に応じて算定する新体系に移行いたします

基本報酬単位の新制度のポイント
・ 支援時間による区分は「30分以上1時間30分以下」「1時間30分超3時間以下」「3時間超5時間以下」の3区分になります
・放課後等デイサービスは「3時間超5時間以下」は学校休業日のみ算定できます
・ 5時間(放デイ平日は3時間)を超える長時間の支援は延長支援加算で対応します

icon image

 令和6年度の報酬改定による、児発/放デイの基本報酬についてわかりました。
 ただ実際に児発と放デイで一人一人に「利用時間」を設定した場合、どれくらい収益の増減が変化し、その経営状況に対してどのような対策ができるでしょうか

 令和6年度の報酬改定により児発/放デイの基本報酬のルールが大きく変化し、法改正に適切に対応しないと経営状況が不安定になってしまいます
 もし基本報酬を適正に設定するポイントを間違えると、収益減になったり減算になったりするのでご注意ください
 以下では令和6年度の報酬改定による児発/放デイの基本報酬設定のポイントをわかりやすく説明いたします。

icon image

そもそも令和6年度報酬改定で儲かるようになったのか

書類と金とペン

 令和6年度の報酬改定で児童発達支援と放課後等デイサービスの基本報酬は、個別支援計画に定める「支援時間」に応じて報酬変化いたしますが、児発は基本的に報酬が増額、他方で放デイは多くの場合報酬減になってしまいます

令和6年度以降令和5年度以前単位差
区分1(30m~1h30m)901単位885単位+16単位(≒+160円)
区分2(1h30m~3h)928単位885単位+43単位(≒+430円)
区分3(3h~5h)980単位885単位+95単位(≒+950円)
(例:児童発達支援の定員10名未就学児、センター以外、重心・医ケア以外)
令和6年度以降令和5年度以前単位差
区分1(30m~1h30m)574単位604単位-30単位(≒-160円)
区分2(1h30m~3h)609単位604単位+5単位(≒+50円)
区分3(3h~5h)666単位604単位+62単位(≒+620円)
(例:放課後等デイサービスの定員10名障害児、センター以外、重心以外)

<令和6年度報酬改定による基本報酬額の変化のポイント>
・児発で区分2の時間帯を設定できれば10名20日で運営すれば月86,000円アップです。
・放デイで区分1の時間帯しか設定できなければ10名20日で運営すれば月32,000円減です。

 放課後等デイサービスは特に平日は学校帰りとあって支援時間が長く設定できず、全員を区分1で運営すると収益減になるのでご注意ください。
 他方で児発はどの区分も収益増で、専門的支援加算の単位が減額になっても補うことが可能です
 「支援時間」をどのように設定するかで収益が大きく変わるので慎重に設定してください。

icon image

新制度:個別支援計画の作成方法が変わります!

書類、ペン、ハート

 令和6年度の報酬改定による児童発達支援と放課後等デイサービスの個別支援計画は新しい様式(別紙1−1と別紙1ー2)に代わり、報酬改定の内容に応じた①「支援時間」の設定②5領域との関係等の明確化③延長支援加算との関係を記す必要があります

(別紙1−1個別支援計画の新様式)
(別紙1−2個別支援計画の新様式)

<①「支援時間」の設定>
・別紙1−2に曜日ごとの支援時間を設定する必要があります
・↑別紙1−2に設定した時間ごとに日毎に基本報酬単位を算定できます
・利用時間に変更があれば個別支援計画も変更になります
・↑支援時間が個別支援計画と乖離があれば速やかに見直す必要があります
・サービス提供実績記録には実利用時間を記載します
・例外1:利用者都合で利用時間が短くなった場合は「上記設定時間」で報酬算定します
・例外2:事業所側の都合で利用時間が短くなった場合は「実利用時間」で報酬算定します
・例外3:30分未満は原則基本報酬を算定できませんが市町村が認めた場合可能になります

<②5領域との関係等の明確化>
・別紙1−1の支援内容を5領域(健康・生活/運動・感覚/認知・行動/言語・コミュニケーション/人間関係・社会性)の観点から位置付けてください(※5領域全部の記載が必要です)
・保育所等との併行通園や保育所等への移行等、インクルージョン推進の取組を記載する(※「移行支援」の項目が必要です)
・個別支援計画のサービス担当者会議に保護者並びに児童も同席し意見を求める(※「家族支援」の項目が必要です)

<③延長支援加算との関係>
・別紙1−2に曜日ごとの延長支援時間(原則1時間以上)を設定する必要があります
・↑別紙1−2に設定した時間ごとに日毎に基本報酬単位を算定できます
・延長支援時間が計画より短くなった場合は実利用時間で請求いたします
・延長支援時間が原則1時間以上で、サービス提供前と後を足して1時間ではありません
・↑つまりサービス提供前後に延長支援をする場合はいずれも1時間以上である必要があります
・延長時間帯には職員2人以上(1人は基準必要人員で児発管でも可。)配置する必要があります
・これらの計画がない状況で延長支援加算を算定する場合は理由の記載が必要です

令和6年4月から 10 月までの取扱いについて(経過措置)
・現在利用児童は令和6年10月31日までは、上記別紙1−2に支援時間と延長支援時間を記載して保護者の同意をもらうだけで問題ありません(=上記①の対策のみでOK)
・令和6年4月30日以降の新規の利用児童は上記①から③の全てを個別支援計画に記載する必要があります

 令和6年度の報酬改定に対応するために、まず別紙1−2の支援時間等だけを設定して急いで保護者への同意等をもらいましょう。
 また基本報酬を算定する上で利用時間が計画より短くなった場合、事業所都合か利用者都合かわかるように記録を残しましょう
 延長支援加算は原則1時間以上からの利用になり、その1時間は前後の延長時間の合計ではない点に注意いたしましょう。

icon image

「支援時間」の設定のポイント

ヘルプとハートと手

 令和6年度の報酬改定による児童発達支援と放課後等デイサービスの「支援時間」の設定は、利用する児童一人ひとりの様子を見つつ、保護者や計画相談と相談して事業所の時間設定から延長対応まで考慮して行いましょう

<ポイント1:サービス提供時間を変更するか>
・「支援時間」を長くするためにサービス提供時間の拡大するか(例:3時間超にするなど)
・「支援時間」を長くするためにサービス提供時間を前倒しする(例:午前から開始)
・ただしサービス提供時間の間は基準職員を2名確保する必要があるので忘れないようにいたしましょう

<ポイント2:送迎を合理化できるか>
・送迎の人数を増やして通所開始時間を早くし「支援時間」を長くする
・家族と相談して通所時間をずらしてもらい「支援時間」を長くする
・必ずしも直接支援職員が送迎するのではなく運転手などをパートで又はタイミーなどで探すのも良いです

<ポイント3:延長支援を行うか>
・延長支援加算は児発は5時間以上、放デイ(平日)は3時間以上の「支援時間」が前提になります
・つまり延長支援加算の算定を前提にするなら児発は区分3、放デイは区分2の設定が必要になります
・↑を設定可能にするにはサービス提供時間を後ろにずらすことが考えられます

 令和6年度の報酬改定により児発と放デイの基本報酬は「支援時間」によって増減が大きく変わるので、サービス提供時間の見直しは必須とも言えます。
 ただこうした「支援時間」等の検討都合は会社都合ではあるので、保護者や計画相談にしっかり説明し同意を得た上で実行してください
 特に延長支援加算は営業時間越えの利用者全員に算定することは必ずしも出来なくなったので、あわせて見直しが必要です。

icon image

まとめ

いかがでしたでしょうか

icon image

 令和6年度の報酬改定による児発と放デイの基本報酬の設定方法について詳しく分かりました。ありがとうございます。
 すぐに利用者一人ひとりの「支援時間」を検討し、令和6年度の報酬改定に適正に対応したいと思います

 令和6年度の報酬改定により児発/放デイの基本報酬は、個別支援計画で定める「支援時間」に応じて算定されることになりました
 基本的に児発は報酬アップですが、放デイは報酬減であり、加えて延長支援加算も算定が難しくなり収益ダウンの傾向です 事業所ごとのサービス提供時間と職員の配置を見直し、「支援時間」を合理化するよう対策を立てましょう
 令和6年度の報酬改定にもしっかり対応し、自治体や利用者さんから信頼される組織を作ってください。

icon image

戸根行政書士事務所からのお知らせ

戸根行政書士事務所が選ばれる理由

<スタッフ配置のパターンを解説>
・【基本】これだけは覚えておきたい!児童系の人員配置の基本
・【必見】児童系多機能型の人員配置について
・【確認】児童指導員等加配加算と適正なスタッフの配置について
・【応用】重度心身障害児への支援の人員配置は?
・【基本】医療的ケア児の基本報酬のための人員配置は?
・【応用】重心型が医療的ケア児を支援する報酬とは?

<常勤換算について>
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【基本】常勤換算について徹底解説!計算方法/注意点/よくある質問まで
・【必見】利用者数の計算の仕方のポイント!人員配置の注意点まとめ

<スタッフ配置に関する加算>
・【基本】児童指導員等加配加算とは?取得条件や注意点も解説
・【注意】児童指導員等加配加算と従業員シフト配置の可否について解説
・【確認】特別支援加算とは?条件やおすすめ活用法も解説
・【お勧め】専門的支援加算とは?条件や注意点も解説

<配慮を必要とする児童支援の加算>
・【新設】個別サポート加算とは?条件や注意点を解説
・【基本】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説
・【基本】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説
・【基本】「関係機関連携加算」とは?取得条件や間違えやすいポイントも解説
・【応用】「強度行動障害児支援加算」とは?取得条件やトラブル事例も解説

<監査指導のトラブルにならないための対策>
・【注意】開所時間減算とは?ポイントや注意点を解説
・【注意】定員超過利用減算とは?条件や気を付ける点を解説
・【基本】延長支援加算について徹底解説!条件や注意点など
・【まとめ】放デイ特有の送迎加算とは?学校送迎の注意点も解説
・【注意】放デイ限定の欠席時対応加算とは?利用時間30分以内でもOK
・【基本】放デイの学校休日等の支援の注意点!トラブル回避のポイント
・【義務化】虐待防止委員会とは?運営規程の書き方から記録書類まで解説

<実地指導のための対策>
・【基本】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説
・【基本】実地指導、ここがチェックされる!②気になる論点の解説

<処遇改善加算を適正に取得する>
・【基本】福祉・介護職員処遇改善加算とは?条件・注意点を解説
・【基本】福祉・介護職員「特定」処遇改善加算とは?条件・注意点を解説
・【注意】処遇改善加算・特定処遇改善加算の対象職種とは?注意点も徹底解説
・【注意】処遇改善キャリアパス要件を満たすとは?記述例・失敗例あり
・【基本】賃金改善の方法をわかりやすく解説:トラブル防止の注意点もあり

<事業所管理の健全化に努める>
・【基本】勤務体制一覧表の注意点は?間違えやすいシフト例も解説
・【注意】定員増加の注意点とは?報酬額や人員配置の問題解説
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

<年度ごとの義務化への対応>
・【令和3年度】障害福祉のハラスメント防止の対策とは?運営規程の変更案
・【令和4年度】虐待防止委員会とは?運営規程の書き方から記録書類まで解説
・【令和5年度】身体拘束適正化委員会と「身体拘束廃止未実施減算」とは
・【令和6年度】感染対策委員会とは?運営規定の書き方から記録書類まで
・【令和6年度】業務継続計画(BCP)とは?書き方から研修・訓練実施方法まで
・【令和6年度】児発/放デイ:送迎車両の安全装置の設置義務化等とは

<年度ごとの義務化への対応>
・【令和3年度】障害福祉のハラスメント防止の対策とは?運営規程の変更案
・【令和4年度】虐待防止委員会とは?運営規程の書き方から記録書類まで解説
・【令和5年度】身体拘束適正化委員会と「身体拘束廃止未実施減算」とは
・【令和6年度】感染対策委員会とは?運営規定の書き方から記録書類まで
・【令和6年義務】業務継続計画(BCP)とは?書き方から研修・訓練実施方法まで

<障害福祉事業は儲かるのか!?様々な統計データを解説>
・【令和5年】障害福祉事業の収支状況は?儲かるのか、どのサービスが好調か解説

<令和6年度の報酬改定による変更>
・【基本】児発放デイの基本報酬の設定方法が変更になった?支援時間の設定のポイント解説

関連記事

【NEW】最新のコラム

  1. 2024.6.16

    【令和6年報酬改定】放デイの新・「自立サポート加算」とは?要件や活用法を解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  2. 2024.6.9

    【令和6年報酬改定】放デイの新・「通所自立支援加算」とは?要件や活用法を解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  3. 2024.6.1

    令和6年報酬改定】児発/放デイの新・「事業所間連携加算」とは?要件や活用法を解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  4. 2024.5.26

    令和6年報酬改定】児発/放デイの新・個別支援計画の書き方、徹底解説!初歩から説明

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  5. 2024.5.18

    【令和6年報酬改定】GH自立生活支援加算(I)~(III)とは?算定要件から活用方法も解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  6. 2024.5.7

    【令和6年報酬改定】新・集中的支援加算とは?取得条件や活用方法を解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  7. 2024.5.6

    【令和6年報酬改定】新・入浴支援加算とは?取得条件や活用方法を解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  8. 2024.4.28

    【令和6年報酬改定】新・情報公表未報告減算とは?減算回避のポイント解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  9. 2024.4.20

    【令和6年報酬改定】新・専門的支援実施加算とは?取得条件や活用方法を解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  10. 2024.4.18

    【令和6年報酬改定】新設・家族支援加算とは?取得条件や活用方法を解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...

【必読】人員配置の基本まとめ

  1. 2023.11.8

    【児発/放デイ】サービス提供職員欠如減算と送迎の注意点!人員配置の悩みを解説

     放課後等デイサービスと児童発達支援を多機能型で経営しています。
  2. 2023.8.12

    【基本】サービス管理責任者の実務経験おすすめルートとは?3年,5年,8年ごとに解説

     障がい者の就労継続支援事業所を運営していますが、次の店舗拡大のためにサービス管...
  3. 2023.6.24

    【児発/放デイ】サービス提供時間の設定方法とは?人件費や報酬単位との適切な調整

     放課後等デイサービスと児童発達支援を多機能型で開業する予定です。
  4. 2023.4.20

    【児発・放デイ】基準職員「営業時間を通じての配置」とは?自治体ルールに注意

     放課後等デイサービスと児童発達支援を多機能型で開業いたしました。
  5. 2023.2.23

    【就A】利用者と雇用契約を結ばない特例について!間違えないポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、雇用契約を結ぶほどの能力が現時点では...
  6. 2023.2.19

    【就A】実地指導、ここがチェックされる②!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、近いうちに実地指導を行うという通達が...
  7. 2023.2.18

    【R5義務化】「身体拘束廃止未実施減算」とは?回避するためのポイント解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  8. 2023.2.2

    【児発・放デイ】「強度行動障害児支援加算」とは?取得条件や間違えやすいポイントを解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  9. 2023.1.7

    【R3義務化】障害福祉のハラスメント防止の対策とは?運営規程から就業規則まで

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導の時にハラスメント防止の対策...
  10. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...

【注意】間違えやすい加算の解説

  1. 2023.2.19

    【就A】実地指導、ここがチェックされる②!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、近いうちに実地指導を行うという通達が...
  2. 2023.2.1

    【児発・放デイ】「関係機関連携加算」とは?取得条件や間違えやすいポイントを解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  3. 2022.12.18

    【グループホーム】「長期帰宅時支援加算」とは?取得条件や間違えやすい点を解説

     障がい者グループホームを運営していますが、利用者さんが今後長期的に帰宅すること...
  4. 2022.12.12

    【グループホーム】国保連への請求の注意点!間違えやすいポイント解説

     障がい者グループホームを運営していますが、国保連請求をたびたび間違えてしまいま...
  5. 2022.11.26

    【グループホーム】「帰宅時支援加算」とは?取得条件や間違えやすいポイントを解説

     障がい者グループホームを運営していますが、利用者さんの中で土日祝日に定期的に帰...
  6. 2022.11.3

    【就B】医療連携体制加算の活用方法とは?要件や間違えやすい点も解説

     就労継続支援B型事業所を運営していますが、利用者さんの体調が不安定で継続的な通...
  7. 2022.9.13

    【放デイ】欠席時対応加算とは?取得条件も解説!利用時間30分以内でもOK

     就労継続支援B型に加え、新しく放課後等デイサービスの福祉事業を開業いたしました...
  8. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  9. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  10. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...

【ポイント】収益アップの戦略の説明

  1. 2023.8.27

    【就A/B】計画相談支援事業所を併設して収益アップ?間違えやすい注意点を解説

     障がい者の就労継続支援事業所を運営していますが、利用者の獲得のために計画相談支援事業所...
  2. 2023.5.27

    【就A/就B】多機能型のメリットとデメリットは?判断基準を解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、生産活動の収益から利用者さんへの賃金...
  3. 2023.5.14

    【障害福祉】「一体型」と「多機能型」の違いとは?事業拡大のチャンス!

     障がい者の就労継続支援事業所を運営していますが、これから更なる事業拡大を検討し...
  4. 2023.5.7

    【GH】障害者グループホームに短期入所を併設して収益を上げる方法とは?

     障がい者グループホームを運営していますが、利用者さんが増えずに経営に苦しんでい...
  5. 2023.5.5

    【GH】一つの建物に複数の共同生活住居を設置する条件とは?よくある間違いも解説

     障がい者グループホームを運営していて、新しく多くの利用者さんを受け入れるために...
  6. 2023.3.13

    【就A/就B】「施設外支援」とは?算定要件やオススメ活用法を解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、なかなか利用者さんが一般就労につなが...
  7. 2023.1.2

    【就A,就B】従たる事業所の設置とは?オススメの活用方法を解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、利用者が増えてきたので「従たる事業所...
  8. 2022.11.21

    【就A】「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、事業拡大のために他の障害福祉サービス...
  9. 2021.5.2

    【就A/就B】「就労移行支援体制加算」とは?収益拡大のポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、利用者さんを就職させて、「就労移行支...