福祉専門職員配置等加算が変わった!作業療法士の活用事例あり

令和3年の報酬改定にて「福祉専門職員配置等加算」はどのように変わったのでしょうか?

「福祉専門職員配置等加算」は障がい福祉事業の経営を安定させるために、取得しやすい加算として知られています。


でも、その「福祉専門職員配置等加算」が令和3年度の報酬改定で一部変更があったのですが、どのように変わったのでしょうか?


この記事を読めば、「福祉専門職員配置等加算」の変更内容がわかると同時に、そこから活用事例を通して事業拡大のヒントを得ることができます


弊所は障がい福祉事業所さまとお付き合いしていますが、多くの事業所さまは「福祉専門職員配置等加算」に関してその内容変更は知っておられます。

けれども、そこから今回の報酬改定全体を俯瞰して、事業拡大しやすい傾向にまで視点が向いているところは少ない印象です。

本日はそうした事業拡大を目指す障がい福祉事業所さまにとっても有益な情報をお伝えしたいと思います。

福祉専門職員配置等加算が変わった!

福祉専門職員配置等加算 作業療法士

「福祉専門職員配置等加算」に算定される有資格者に作業療法士が加わりました。

福祉専門職員配置等加算(I) 15単位/日

福祉専門職員配置等加算 作業療法士

・職業指導員等として常勤で配置されている従業者のうち社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、作業療法士又は公認心理師である従業者の割合が100分の35以上ある場合に加算する。

福祉専門職員配置等加算(II) 10単位/日

福祉専門職員配置等加算 作業療法士

・職業指導員等として常勤で配置されている従業者のうち社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、作業療法士又は公認心理師である従業者の割合が100分の25以上ある場合に加算する。

作業療法士の資格取得方法

福祉専門職員配置等加算 作業療法士

「福祉専門職員配置等加算」の算定に必要な有資格者に作業療法士が増えたということで、現在のスタッフでその資格取得できれば、更なる加算が期待できるかもしれません。

そこで作業療法士の資格取得方法をお伝えいたします。

国家資格の受験資格

福祉専門職員配置等加算 作業療法士

作業療法士になるには国家試験に合格しないとなりません。

そして重要なのが、その前提として「作業療法士養成校を卒業している」(もしくわ卒業見込み)ことが条件となる点です。

その作業療法士の養成校は、専門学校や大学など全国に約128校あって、標準的な修養年数は3年または4年とされています。

それゆえに作業療法士になるために、ただ国家試験に合格すればいいだけでなく、養成学校を卒業していないといけません。

そこで作業療法士を目指しても、養成学校を卒業していない場合、かなりハードルが高いです。

国家試験の合格率

福祉専門職員配置等加算 作業療法士

作業療法士の国家試験は毎年2月に実施され、筆記試験と口述試験があります。

ただ、注目すべきは2021年度の試験の合格率は81.3パーセントであった点です。

これはかなりの高確率です。

というのも理由があって、国家試験の内容はほとんど養成学校で学んだ内容から外れないからでした。

作業療法士の仕事内容

福祉専門職員配置等加算 作業療法士

それではこのような国家試験に合格して取得した作業療法士の仕事内容はどのような者でしょうか。

作業療養士の仕事内容は、利用者が自分らしく生きるために日常生活の様々な作業に焦点を当てた治療・指導・援助であり、大きく分けると以下の能力の維持・改善です。

・基本的動作能力:運動、感覚・知覚、心肺や精神、認知機能

・応用的動作能力:食事やトイレ、家事など、日常生活で必要とされる活動

・社会的適応能力:地域活動への参加、就労、就学、趣味活動など

作業療法士のオススメの活用事例

福祉専門職員配置等加算 作業療法士

これまで作業療法士の資格取得方法や仕事内容を確認してきましたが、「福祉専門職員配置等加算」との組み合わせを考える上で次のことがわかります。

作業療法士の国家試験の合格率は高いが養成学校を3〜4年通う必要があり、既存のスタッフに資格取得を勧めるのは難しい

しかしわずか10〜15単位の加算を取得するために、わざわざ作業療法士を新規で雇用することは割に合いませんよね

そこで作業療法士を迎え入れることで、事業所のサービス全体が成長する戦略を描く必要があります。

基本報酬IIIかIVを選択した就B

福祉専門職員配置等加算 作業療法士

令和3年の報酬改定で就労継続支援B型は、平均工賃月額に左右されない「就労・生産活用による報酬体系」(III or IV)を選択することができるようになりました。

そしてその報酬体系における「地域協働加算」では、農業との連携や公園の清掃など、地域と協働して支援することが求められます。

福祉専門職員配置等加算 作業療法士

ここで注目すべきポイントは、作業療法士の仕事内容の内の「社会的適応能力」の維持・改善でしょう。

作業療法士は、利用者さまの自分らしい生活形成のために、地域活動への参加、就労、就学、趣味活動などを支援いたします

そこでこのように「就労・生産活用による報酬体系」(III or IV)を選択している場合、地域協働加算などの算定も踏まえれば、作業療法士の存在はそうした事業所の活動に好循環をもたらします。


作業療法士の働きのおかげで、利用者さまが地域活動や生産活動に積極的になれば、工賃収入も安定し、事業所の経営拡大の基盤を築いていくことができます。


それゆえに作業療法士を生活指導員等に加えれば、人件費はかかりますが、「福祉専門職配置等加算」を算定できる上に、事業所全体の収益向上に影響を及ぼす可能性があります。

まとめ

福祉専門職員配置等加算 作業療法士

「福祉専門職配置等加算」の変更で得する事業所さま

・地域活動や生産活動に力を入れていて、従業員の新規募集をしている事業所さま


関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。