【就A/就B】施設外就労支援の注意点とは?基本から間違えやすいミスまで説明

icon image

 就労継続支援のA型を開業していて賃金を高めるために施設外就労の受注を検討しています
 就労継続支援は基本的に事業所への通所を基本としているサービスだと思いますが、そのように事業所外の施設で支援する時の注意点はどのような点でしょうか?
 事業所側で記録する書類など体制管理についても教えてもらえると嬉しいです

 施設外就労は就労継続支援の事業所にとって、賃金や工賃を上げるために重要な支援です
 従来あった加算は現在廃止されていますが、通所外の場所での支援は報告書等の必要な書類を無視しているとトラブルになります
 この記事では事業者様の理解の一助になるように以下のような内容がわかるように説明いたします。。

icon image

  1. 施設外就労のスタッフの人員配置の要件がわかります
  2. 施設外就労の個別支援計画の作成のポイントがわかります
  3. 施設外就労の請求に関する注意点がわかります

就労系サービスの「施設外支援」の注意点とは?

 指定を受けた場所以外で実施でる「施設外就労」とは、加算みたいに事前に届出をする必要はありませんが報告書(=施設外就労実施報告書)を翌月自治体に提出する必要があります。
運営規程にも施設外就労の実施内容を記載する必要があります

<施設外就労実施報告書のポイント>
・就労先の企業ごとに作成する
・作業日/作業時間/作業内容など契約内容をまとめる
・同行する支援者のシフト表を記載する

icon image

 施設外就労に関して事前の届出も必要でなく実績の報告のみでいいなら簡単そうでいいですね。
 ただそれでも施設外就労の実施で就労継続支援の事務所が自治体とトラブルになったという話を聞いたことがあるのですが、施設外就労を提供する上でどのような点に注意すればよろしいでしょうか?

  施設外就労は用紙1枚を提出するだけのようですが、通所系サービスの例外的な措置のために様々な点に配慮する必要があります
 気をつけなければ人員配置の減算や定員超過という大きなトラブルに発展してしまいます
 それでは就労継続支援の実施を行う上での注意点をしっかり説明したいと思います。

icon image

基本:施設外就労における職員の配置

【就A/就B】施設外就労支援の注意点とは?基本から間違えやすいミスまで説明

 施設外就労を行う日の利用者数に対して、報酬算定上必要とされる人数の職員を配置する必要があります。
人数の算出は常勤換算の方法によります

<就B(10:1;1日8時間勤務):施設外利用者4名>
必要な職員数 = 4 ÷ 10 = 0.4
→ 8時間 × 0.4 = 3.2時間

※注意点1:常時の職員1人配置
施設外において3.2時間配置する必要があるが、そもそも常時に職員を1人配置しなければいけません。
例えば5時間の施設外就労の契約なら3.2時間だけでなく5時間通して配置する必要があります。

※注意点2:事業所内の人員配置の適正化
事業所本体で残された利用者数を根拠に、報酬請求のための人員配置を行う必要があります。
例えば昨年度平均19人なら、
{19(昨年平均) - 4(施設外)} ÷ 10 = 1.5
→ 8時間 × 1.5人 = 12時間 

 施設外就労を実施する事業所で、計算ミスが多発しているのでご注意ください特に利用者だけの時間を作っているパターンや、事業所本体の人員配置の計算をしていないパターンを多く見かけます
 また施設外の就労先のスタッフに指導させているケースも見られますが、このケースは支援として認められないのでご注意ください

icon image

<施設外の人員配置の注意点>
・事業所本体や施設外のどちらかで人員配置の基準を満たさない場合は,施設外就労の利用者全員の基本報酬の算定ができない
施設外就労に従事する利用者は,従事時間に関係なく当該日は施設外就労となる(※自治体により見解が異なるのでご注意ください。
・施設外の職員に賃金向上達成指導員や目標工賃達成指導員は含まれない
・管理者やサービス管理責任者は事業所本体に配置する必要あり

応用:施設外と本体の職員勤務時間の配分

【就A/就B】施設外就労支援の注意点とは?基本から間違えやすいミスまで説明

 施設外就労の利用者は勤務時間に関係なく当該日は「施設外就労利用者」とみなされるのに対して、他方で事業所の職員は施設外と事業所本体の従業時間を配分することが可能です。

例:就B(10:1;1日8時間勤務):施設外利用者4名 :施設外10〜12時(2時間)
4 ÷  10 = 0.4 → 0.4 × 8時間 =3.2時間(施設外の人員配置)

時間9~1010~1111~1212~1313~1414~1515~1616~1717~18合計
本体4時間
施設外4時間

(解説)
 契約上は2時間の施設外就労ですが、人員配置の計算上で3.2時間の配置が必要なので、配置の記録として実態の2時間ではなく4時間(>3.2時間)などにする必要があります
 従ってこの職員は当該日の本体の常勤換算に含まれる時間数は、2時間の施設外契約であっても4時間だけになります。

例2:就B(10:1;1日8時間勤務):施設外利用者3名 :施設外9〜18時(8時間)
3 ÷  10 = 0.3 → 0.3 × 8時間 =2.4時間(施設外の人員配置)

時間9~1010~1111~1212~1313~1414~1515~1616~1717~18合計
本体0時間
施設外8時間

(解説)
 必要なスタッフの人員配置が2.4時間ですが、契約上は8時間の施設外就労なので、8時間の間は誰か1人のスタッフを配置する必要があります
 従ってこの職員は当該日の本体の常勤換算に含まれる時間数は0時間で、残り8時間全ては施設外の人員配置に数えられます。

 上記の例は1人のスタッフが施設外支援を行う例ですが、一日中配置が必要な場合は午前と午後で別のスタッフが対応することも可能です
 ただし複数のスタッフで施設外支援を行う場合、交代時などで利用者さんだけの時間が発生しないようにお気をつけください

icon image

※(応用)施設外就労の実施時間の設定について
施設外の実施時間の設定のおすすめは、自治体が施設外利用者全員を本体利用者として見做さないか否かに左右されます。もし施設外利用者が1時間でも本体事業所で働いた時、本体利用者に計上すると見做す自治体でしたら、人員配置に響く出来るだけ利用者数を抑えるために、本体に戻る必要のない時間数、つまり契約上の時間数を設定いたしましょう。

事業所本体の利用者の増加

【就A/就B】施設外就労支援の注意点とは?基本から間違えやすいミスまで説明

 就労継続支援の事業所において、施設外就労によって事業所本体に空きが生じた分は「空きの分だけ増員可能」することができます

<就B(10:1;1日8時間勤務):定員10名 :施設外利用者4名>
施設外   4名      :スタッフは0.4×8=3.2時間
事業所本体 6名 + 4名 :スタッフは1×8=8時間

 つまり施設外就労を利用する日に限れば、就労支援系の事業所の定員を超過して支援をすることが可能になるとも言えます しかし施設外就労に従事する利用者を増加させるために,不必要に請負契約を細分化したり交代制にすることは不適切なので避けましょう
 また施設外で就労させることができる上限は定員数なのでご注意ください。

icon image

施設外就労を個別支援計画の中へ

【就A/就B】施設外就労支援の注意点とは?基本から間違えやすいミスまで説明

 施設外就労を行う利用者さんに対しては、個別支援計画の中で施設外就労を実施する位置付けを記す必要があります。

<施設外就労を個別支援計画で位置付けるポイント>
・施設外就労が、「能力・工賃(賃金)の向上」「一般就労への移行」に資すると認められるようにすること
・訓練目標に対する達成度の評価等を行った結果、 必要と認められる場合には、施設外就労の目標の見直しを行うこと

 施設外就労を開始する前に利用者さんにヒアリングし、効果・目標・適性について入念に検討いたしましょう
 施設外就労を個別支援計画の中で位置付けていない事業者さんも散見されます。
 施設外就労は例外的な措置なので、その支援が必要であるという理由をしっかり説明できるように計画を立てましょう

icon image

施設外就労の訓練評価を定期的に行う

【就A/就B】施設外就労支援の注意点とは?基本から間違えやすいミスまで説明

 就労支援系の事業所で施設外就労を実施した場合、月に2回は事業所本体で施設外就労の実績に対する評価を行いましょう。

<施設外就労の評価のポイント>
・施設外就労の実施内容や体調について記す
・施設外就労の課題を達成できていたか否かの評価を下す
・施設外就労に対する利用者の感想を記す
・施設外就労における個別支援計画の達成度を記す
・今後も施設外就労を実施し続けるのか評価を下す

 施設外就労の評価は個別支援計画のモニタリングと類似しているものとお考えください
 施設外就労は例外的な措置なので、本当に利用者さんに対してい必要かどうか定期的に判断する必要があります。
 必要がないのに施設外に利用者を派遣し、事業所本体に代わりの利用者を入れて請求を水増ししていると皆漁れないように注意致しましょう

icon image

請負契約に即して実施する

【就A/就B】施設外就労支援の注意点とは?基本から間違えやすいミスまで説明

 就労継続支援の事業所が施設外就労を行う際に、事業所と施設外就労先の会社との間で請負契約を結び、その請負契約に即して支援を行う必要があります。

<請負契約のポイント>
・報酬は施設外就労の成果に対して支払うこと
・施設外就労の作業の完成は事業所側が全ての責任を負うこと
・施設外就労先から材料を受け取る、もしくは機材等を借りる場合はその費用を明確に規定しておくこと

 施設外就労を実施する時に、作業の責任は事業所が負うので現場での指導も事業所側が全て行う必要があります
 作業を施設外就労先のスタッフが指導したり、共同作業をしたりすることは認められません。
 請負契約ですのであくまでも施設外就労の作業はその元会社より独立している必要があるのでご注意ください

icon image

よくある質問

【就A/就B】施設外就労支援の注意点とは?基本から間違えやすいミスまで説明

施設外就労の際の、就労先と事業所本体のスタッフの配置ですが、1月全体で基準を満たしていればいいですか?

答:いいえ。施設外就労を行う1日毎に基準を満たしている必要があります

施設外就労の実施の時に、事業所本体でスタッフの基準が満たされない場合、請求することはできますか?

答:いいえ。事業所本体と施設外就労を行うユニットのいずれか一方でも職員配置基準を満たさない場合は,施設外就労を行った利用者全員の基本報酬の算定ができません

2時間施設外就労を行い、4時間事業所本体で就労を行なった利用者は、どちらの利用人数としてカウントしますか?

答:自治体により見解が異なります。施設外就労の利用者としてカウントすると見なす自治体もあります。その場合、施設外就労に従事する利用者は,従事時間に関係なく当該日は施設外就労となります。

施設外就労の人員配置基準を満たしていれば、スタッフがいない時間帯があっても大丈夫ですか?

答:施設外就労先でスタッフがいない時間があってはいけません。職員交代時などにスタッフ不在の時間ができないようご注意ください

施設外就労先に同行するスタッフの職種は、どのような職種でもいいでしょうか?

答:基本は生活支援員か職業指導員に限られます。就労支援員や賃金向上達成指導員や目標工賃達成指導員は認められません

就労継続支援の利用者の前年度実績を計算する時に、施設外就労の利用者は含みますか?

答:含みません。事業所本体の利用者のみで前年度実績は計算いたします。

就労外就労先の企業と就Aの企業が同一の場合、施設外就労を実施することができますか?

答:できません。請負契約を結ぶことができないからです。

まとめ

icon image

 本日は施設外就労の実施について、かなり詳しいところまでご説明いただきありがとうございました。
 特にスタッフの配置について計算ミスがないように注意したいと思います

 施設外就労先のスタッフの配置について特に不在の時間がある場合が散見されますのでご注意ください
 また事業所本体で受け入れられる人数も、施設外就労の人数を超えないように管理することが大切です
 施設外就労は利用者の工賃・賃金を高め、そして事業所の基本報酬単位も上げる重要な支援なので、しっかりとルールを守った上で活用していただければ嬉しいです。

icon image

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。