福祉専門職員配置等加算の条件や単位は?オススメ活用事例あり


悩み

「福祉専門職員配置等加算」の条件や単位とは何でしょうか?


 「福祉専門職配置等加算」は開業後に、まずチャレンジしてみたい加算の一つです
 これまで弊所がいくつかの事業所様の顧問に就任したときに、意外と加算の取得のチャンスを逃しているところが多い印象です。
 加算の算定要件を満たしていないと自治体とのトラブルになりますのでご注意ください

icon image

この記事のポイント

・「福祉専門職配置等加算」の各種類について理解できます
・どの「福祉専門職配置等加算」が自分の事業所に合うか分かります
・「福祉専門職配置等加算」をどのように活用すればいいか分かります

<対象の障がい福祉事業>
生活介護、グループホーム、自立訓練、就労移行、就労継続支援A型B型、療養介護、放課後等デイサービス、児童発達支援など

福祉専門職員配置等加算の条件や単位は?


まず抑えておきたいポイントは、「福祉専門職員配置等加算」は届出が必要だということです

 それから「福祉専門職員配置等加算」は3種類あってそれぞれに加算の単位が異なります
 従業者の資格や勤務状況、勤続年数など様々な観点が条件になっております。
 1種類ずつ条件と加算単位をまとめていきますのでご確認ください。

icon image
福祉専門職員配置等加算の条件や単位は?オススメ活用事例あり

福祉専門職員配置等加算I(15単位/1日)

直接支援の常勤職員のうち有資格者35パーセント以上配置

福祉専門職員配置等加算II(10単位/1日)

直接支援の常勤職員のうち有資格者 25パーセント以上配置

福祉専門職員配置等加算III(6単位/1日)

直接支援の常勤職員を 75パーセント以上配置(※常勤換算方法で計算する)
又は
「勤続3年以上(※加算申請の前月時点)の常勤職員」が 30パーセント以上配置セント以上配置

福祉専門職員配置等加算の「有資格者」とは?


特に「福祉専門職員配置等加算」の(I)と(II)の取得を検討する時には、重要なのは「有資格者」がどれくらい働いているのかを考える必要があります

 では「福祉専門職員配置等加算」を算定するのに必要な「有資格者」とは、どのような資格なのでしょうか?
 それではしっかりと各サービスごとに条件となる「有資格者」について解説していきたいと思います。

icon image

「有資格者」の資格一覧

福祉専門職員配置等加算の条件や単位は?オススメ活用事例あり

「福祉専門職員配置等加算」を算定するのに必要な「有資格者」とは次の通りです。

(資格名)(備考)
社会福祉士自律訓練(機能訓練)ができます
介護福祉士自律訓練(機能訓練)ができます
精神保健福祉士
公認心理師
作業療法士(new)自律訓練(機能訓練)ができます

※令和3年度の報酬改定により「作業療法士」が、「福祉専門職員配置等加算」の「有資格者」の中に加えられました。

サービス別:有資格者の職種

福祉専門職員配置等加算の条件や単位は?オススメ活用事例あり

次に「福祉専門職員配置等加算」の(I)や(II)を取得するために、各サービスごとのどの職種が「有資格者」であればいいかという点を整理していきます

(サービス名)(職種)
就労移行支援生活支援員、地域移行支援員
就労継続支援A.B型生活支援員、職業指導員、作業療法士
共同生活援助生活支援員、世話人
生活介護・療養会議生活支援員
自立訓練(機能訓練)生活支援員
自立訓練(生活訓練)生活支援員
放課後等デイサービス・児童発達支援児童指導員、保育士、障がい福祉サービス経験者

  該当する障がい福祉サービスを確認し、そのサービスごとに「有資格者」が務めるべき職務についているかどうか、確認いたしましょう
 ただし就労継続支援B型の「目標工賃達成指導員」は有資格者として認められません。

icon image

「福祉専門職員配置等加算」のオススメ活用事例


「福祉専門職員配置等加算」は複数の種類があり、加算の種類(III)など比較的算定しやすいものだと思われます

 しかし種類(III)と種類(I)では約2.5倍の差があり、およそですが90円の差があります
  それが1人1日で90円の差でも積もれば大きくなってきますよね。
 そこでオススメの活用事例としては、上の「有資格者」の多くの配置を目指す体制を作っていくことです。

icon image

処遇改善加算と組み合わせる

福祉専門職員配置等加算の条件や単位は?オススメ活用事例あり

「福祉専門職員配置等加算」のオススメの活用事例は、「処遇改善加算」を取得している事業所です。

<処遇改善と職場の環境改善>
処遇改善加算のキャリアアップ要件の一つに資格取得支援があるので、その際に社会福祉士の資格取得への支援を組み込むことをお勧めいたします。

  このように「福祉専門職員配置等加算」は単独で考えるだけでなく、その事業所が社会福祉に相応しい体制に整えるよう努めると自然に有効活用できます
 処遇改善加算の要件を満たすことで、別の加算も視野に入れば、このような循環は事業所の経営を安定させます。

icon image

注意点:加算要件を満たしている体制の管理

 いずれかでも「福祉専門職員配置等加算」を取得すると、加算要件を満たしているかを常に事業所側で管理する必要があります。

<報酬単位と管理事務のバランス>
特に福祉専門職員配置等加算の(III )は6単位=約60円で、10人利用していても1日600円=1ヶ月12,000円になり、事業所の経営を左右する額とは言えなくなります。

※注意:兼務の職員がいる場合は加算(I)(II)の母数から外れる
他のサービスと兼務の職員がいる場合、「福祉専門職員配置等加算」の(I)(II)の算定要件の母数となる常勤職員から、兼務職員は外れてしまうのでご注意ください。気づかない内に算定要件を満たしていないトラブルが散見されます

 「専門福祉職員配置等加算」の(III)を取得されるか検討する場合、管理事務の手間と自治体とのトラブルのリスクを考慮して辞退する事業所様もおられます
 また(III)の「常勤者数の割合」や加算の(I)と(II)を算定する場合、常勤の従業員の割合が変動することもあるのでお気をつけください。
 いくら単位が小さくても加算を取得している以上、条件を満たしていないと返金の怖れがあるのでご注意ください

icon image

よくある質問

福祉専門職員配置等加算の条件や単位は?オススメ活用事例あり

「勤続3年以上」という条件は、これまでのキャリア通算の期間を言いますか?

答:同一法人内の勤続年数を指します。従って別法人で勤務した期間を合算することはできません。グループ会社であっても同様です。

「管理者」と「生活支援員」を兼務している場合でも加算はできますか?

答:できます。ただし、常勤時間を「生活支援員」として計算している場合に限ります。

多機能型の事業所の場合はどのように条件の「従業者の割合」を考えればいいでしょうか?

答:多機能型の事業所全体で、配置割合等の計算を行なってください。

福祉専門職員等配置加算のIとIIIなど複数のカテゴリーを重複して選択することはできますか?

答:複数の加算のカテゴリーを重複することはできません。

まとめ

・「福祉専門職員配置加算」は、有資格者が25%か35%いることが指標

・直接支援者の常勤が75%以上であるか、また勤続3年以上の生活支援員がいても加算は可能

・「処遇改善加算」との組み合わせがオススメです

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。