【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説


icon image

障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそうと考えています。
利用者さんが入院した時に取得できる加算があると聞いたのですが、教えてもらえるでしょうか?

入院された利用者さんに支援を行うと取得できる「入院時支援特別加算」があります。
ただ最近、ルールを守っていなかったり記録を取っていなかったりとトラブルがよくあります
入院中の利用者さんに対する支援について、この記事では以下のような内容がわかります。

icon image

  1. 「入院時支援特別加算」の取得基準がわかります
  2. 「入院時支援特別加算」を取得する時の注意点がわかります
  3. 「入院時支援特別加算」の疑問や不安が解消される

入院時支援特別加算の「基準」とは?

 障がい者グループホームで利用者さまが入院した時は「入院時支援特別加算」を活用することができます。
事前に自治体に加算の届出を出す必要はありません

<入院時支援特別加算とは?>
病院又は診療所を訪問し、入院期間中の衣類等の準備や利用者の相談支援など、日常生活上の支援を行うとともに、退院後の円滑な生活移行が可能になるよう、病院又は連絡調整を行うと算定

<入院時支援特別加算の単位>
入院期間が3日以上7日未満:  561単位/回
入院期間が7日以上    :1,122単位/回

icon image

障がい者グループホームの利用者さんで病院から出て来られた方は治療もありたまに入院されることがあります。
「入院時支援特別加算」を取得するためには、どのように利用者さんに対して支援すればいいですか?

ポイントは支援内容だけでなく、一定の基準の日数以上を入院されているかどうか土日でもグループホームの支援体制は継続する必要があるかです
それに他の加算と同じように支援記録や個別支援計画との整合性は欠かせません。
特に日数に関しては複雑なので具体的な例をお示しして説明いたします。

icon image

対象者:3日以上入院する利用者

【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

 障害者グループホームで算定できる「入院時支援特別加算」の対象者は3日連続して入院するグループホーム利用者様であって1日や2日間だけ入院すると対象になりません

(入院期間)1日2日3日4日5日6日7日
(入院時支援特別加算)××

<例1>
5月1日に入院、4日に退院:算定できない
5月1日に入院、5日に退院:算定できる(3日のみ)

<例2>
5月1日に入院、4日に退院 + 5月11日に入院、13日に退院
算定できる(2日、3日そして12日の3日間)

「入院時支援特別加算」は3日目から算定できることにご注意ください
特に2ヶ月間に渡る場合は「3日目」の数え方にお気をつけください。

icon image

実務:生活支援と連絡調整

【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

 障害者グループホームで活用できる「入院時支援特別加算」を算定するには、入院中の利用者さんに対してサービスの提供を行う必要があります

<サービス1:生活支援>
・利用者さんに話を聞き相談にのる
・利用者さんの衣服を持って行く/受け取って洗濯する
・入院/退院時の手続きを支援する

<サービス2:連絡調整>
・病院や診療所と入院中の体調の経過について連絡を受け把握する
・退院した後の薬管理等のサポートについて連絡を受け把握する
・入院や他院の経過を家族に報告する

「入院時支援特別加算」は届出は要りませんが何もしなくても取得できる加算ではありません
連絡調整と生活支援が加算の算定条件になるので、その業務をこなすスタッフの確保のご準備ください。

icon image

個別支援計画における位置づけ

【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

 障害者グループホームで使える「入院時支援特別加算」を算定するには、特定の利用者に対して入院した場合、グループホームのスタッフが支援する必要があると事前から計画を立てておくことが望ましいです。

<個別支援計画における書き方>
・単身である
・家族が遠隔地に住んでいる
・家族と疎遠
・家族が不正行為をするおそれがある

監査指導の時にしばしチェックされるのが、入院時の支援と個別支援計画との関係です。
個別支援計画を作成するときのアセスメントでしっかり体調のこと、治療のことが把握されていることが理想とされます。
直接支援のスタッフだけでなくサビ管と連携を取って入院時の支援を行いましょう

icon image

入院時支援特別加算の「注意点」とは?

 障がい者グループホームの「入院時支援特別加算」についてその概略をご理解いただけたかと思います。しかし「入院時支援特別加算」は届出が不要なので「本当に正しく運用できているか」不安がつきません


icon image

「入院時支援特別加算」を算定していても、監査指導の時に問題がないように注意点が知りたいです。
加算を取得するために気をつければいいポイントなど教えてもらえますか?

「入院時支援特別加算」を適正に運営するためには算定期間と基本報酬との関係をよく理解しておくことが大事です。
また入院時支援の際に必要となる記録の取り方も不適切な事例が確認されることもあるので、具体的な例をお示ししてご説明いたします。

icon image

基本報酬との関係:入退院日は?

【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

 障害者グループホームで算定できる「入院時支援特別加算」は、グループホームの基本報酬単位が算定できない状況で算定することができます。つまり重複はできません。

(入院期間)1日2日3日4日5日
(適用)基本加算基本
(単位)331561331
備考入院退院
共同生活援助(II)の区分3の場合

つまり入院日/退院日は入院時支援特別加算を算定することができません
その代わりグループホーム内支援で算定する基本報酬を適用することが可能になります。
上記の例で言うと報酬が発生しないのは2日目と3日目だけです。

icon image

月に1度だけ:月を超えると?

【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

 障害者グループホームで算定できる「入院時支援特別加算」とは、月に1度だけ算定することができる限定的なものになります。
入院期間中、毎日算定できるのではありません

<間違えやすい例:4月25日から5月3日>
4月分(27、28、29、30日のどれか)は算定できまずが、5月になると5月分は算定することができません。

(日程)5/15/25/31
(適用)基本報酬
(備考)入院1日目入院2日目退院日

つまり4月の入院日から翌月の入院日を合算して、入院時支援特別加算の基準を考えることはできないのです
入院期間が7日以上になれば単位も上がりますが、その期間は1月の範囲内で計算ください。

icon image

入院時の記録の整備

【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

 障害者グループホームで使える「入院時支援特別加算」を算定するための生活支援や連絡調整は、書面で詳細に記録に残すことが大事です。

<入院時の支援の記録の記載例>
・いつ、どこで
・どのような相談を受けたか
・入院時の病状の経過はどのようであると報告を受けたか
・退院してから必要な支援の内容についてどのように報告を受けたか
・入院することにより誰にどのような連絡を取って欲しいか
・入院することにより各種支払いはどのように対応するのか

入院時の支援において特に金銭管理にはご注意ください
同意なく、入院費用や各種支払い、家賃等を正当な立場で無く代わりに払った場合、後でトラブルになるケースがあります。
そのような時は成年後見制度を利用することをご検討ください

icon image

よくある質問

【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

入院時の連絡調整や生活支援は誰が行いますか?

答:グループホームに配置されているスタッフが行います。常勤換算の範囲内でも大丈夫です。ただ雇用契約などの関係にご注意ください。

「入院時支援特別加算」を算定するために届出は必要ですか?

答:届出は要りません。その代わり請求記録にしっかりと入院日等を記載し、支援記録を整備してください。

加算算定に必要な生活支援や連絡調整は入退院日に行ってもいいですか?

答:問題ありません。

「入院時支援特別加算」は「長期入院時特別加算」と併用できますか?

答:両加算を併用できません。

「入院時支援特別加算」は体験利用の利用者に適用できますか?

答:体験利用には適用できません。

入院時でも家賃等を請求することはできますか?

答:基本的には可能です。万全を期するなら入居時の契約書に入院時の支払いについてご記入ください。

入院した利用者もグループホームの人員配置基準に換算いたしますか?

答:換算します。

まとめ

icon image

障がい者グループホームの入院時の支援とその「入院時支援特別加算」について説明していただきありがとうございました。
算定の日数の数え方や記録の取り方など、間違えやすいポイントを含め参考になりました。

繰り返しになりますが、「入院時支援特別加算」を算定する日数や基本報酬との関係にはご注意ください
加算取得において請求で不適切な処理があると給付金の一部を返還しないといけません。
届出不要で気軽に取得できる加算ですが、適正な運営にご注意いただければ幸いです。

icon image

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。