グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?

共同生活援助(グループホーム)の利用者へ、介護サービスを提供する場合は、

・生活支援員による介護
・外部の居宅介護事業所への委託による介護

のいずれかの形態になっています。

そして原則として、

  • この2種類以外による介護等を受けさせてはならないと

されています。

しかし個人単位でその例外が認められる措置があるのです。


この記事を読めば、グループホームにおける個人単位の居宅介護の利用の要件や注意点、それに活用事例がわかります


これまで多くのグループホーム事業所のサポートをしてきた中で、「利用者に対して共同住宅内で重度の介護サービスを行いたい」と言った相談を度々受けました

こうした相談は実現可能ですが、あくまで特例措置の範囲内ですので注意が必要です。

そこで本日はグループホームにおける個人単位の居宅介護の利用について解説していきます。

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用の要件とは?

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

まず気になるのが、

どのような要件を満たせば、グループホームでの個人単位の居宅介護の利用をすることができるのか?

ということではないでしょうか。

令和3年度の報酬改定でも引き続きこのような経過措置を続けることが決まったので本日はその要件についてお伝えいたします。

対象者

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用の対象者は次の2パターンに分かれています。

対象者パターン1

  • 障害支援区分4以上
    かつ
  • 重度訪問介護/同行援護/行動援護の対象者

対象者パターン2

  • 障害支援区分4以上
    かつ
  • 次の A 及び B の要件をいずれも満たす者

A :グループホームでの個別支援計画に居宅介護の利用が位置付けられていること

B :グループホームでの居宅介護の利用について市町村が必要を認めていること

つまり基本的には障害支援区分の4以上が必要で、ある程度特別な支援を必要とするほどの重度の方ということがわかります。

利用可能サービス

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

利用可能サービスについても対象者のパターンごとに定められており、

対象者パターン1: 居宅介護または重度訪問介護

対象者パターン2: 居宅介護(※身体介護にかかわるものに限る)

とされています。

注意点としては障害支援区分の4以上の方でも、身体介護に関わる支援を受けないとこの特例は認められないという点です

報酬

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

基本的には、普通のグループホーム事業と同じように、障害支援区分や世話人の配置に応じて決まります。


介護サービス包括型

(世話人配置)介護サービス包括型
4人に1人区分6 444
区分5 398
区分4 364
5人に1人区分6 393
区分5 346
区分4 314
6人に1人区分6 359
区分5 313
区分4 281

日中サービス支援型

(世話人配置)共同生活住居で過ごす共同生活住居で過ごさない
3人に1人区分6 698
区分5 651
区分4 617
区分6 605
区分5 558
区分4 525
4人に1人区分6 612
区分5 566
区分4 533
区分6 520
区分5 474
区分4 440
5人に1人区分6 561
区分5 515
区分4 482
区分6 469
区分5 422
区分4 389

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用の注意点とは?

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

これまでの説明で、グループホームでの個人単位の居宅介護の利用の要件がわかったと思います。

しかしこのような利用はあくまで特例の経過措置なので、運用には十分な注意が必要です

そこで気になるのは、

グループホームで個人単位の居宅介護の利用をする時、どのような点に注意すればいいの?

ではないでしょうか。

そこでループホームでの個人単位の居宅介護の利用の注意点についてお伝えいたします。

グループホームの人員配置基準

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

これまで弊所もグループホームでの個人単位の居宅介護の利用について、多くの相談を受けてきましたが、その中で感じる注意点は、

個人単位で居宅介護を利用する時でも、グループホームに必要なスタッフを配置しているか

という点です。

制度的にはこのような特例措置の間のグループホームでの人員配置基準は、

個人単位での居宅介護等を利用する者の生活支援員の配置基準については、当該利用者数を2分の1として算定

とされています。


ポイントは生活支援員の配置について、その数の計算を通常の2分の1で行う点です。

通常のグループホームにおける生活支援員の配置基準は次のように計算いたします。

『「区分3」の利用者数÷9+「区分4」の利用者数÷6+「区分5」の利用者数÷4+「区分6」の利用者数÷2.5』の数以上

そこで特例の基準である「当該利用者数を2分の1として算定」とはどのように考えるのでしょうか?

事例:区分3/2人、区分4/2人、区分5/1人

この事例において、個人単位で居宅介護を利用する方を、

  • 区分4の2人と区分5の1人

として考えます。

その場合、

2÷9+1(※2人の2分の1)÷6+0.5(※1人の2分の1)÷4=0.4

となります。

つまり常勤換算にして0.4以上だけ配置していればいいというわけです。

普通の場合では、

2÷9+2÷6+1÷4=0.7

になるので、経過措置の特例を利用する場合は通常より少ない配置でいいというわけです。

しかし「当該利用者数を2分の1として算定」した上での人員配置基準は守ようにしてください。

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用の活用事例とは?

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用に関する要件や注意点については説明してきました。

加えてそこで気になるのは、

この特別経過措置の活用事例はどのようなものがあるのか?

ではないでしょうか。

例外的な措置とはいえ、認められている期間にこの制度を有効活用して事業基盤を固めることができるならチャンスです。

他の加算との組み合わせ

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

ポイントは、

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用とは主に重度の方が対象である

という点です。

そこでお勧めの活用事例として、

グループホームで利用できる「重度の方向け」の他の加算と組み合わせる

ことが挙げられます。

グループホームで利用できる重度の方向けの加算とは、

・重度障害者支援加算・・・・・・重度の方を支援する専門的な体制がある場合に加算
・強度行動障害者体験利用加算・・重度の方を受け入れる専門的な体制がある場合に加算

があります。

これらの加算が想定する対象者は、ほとんどこの特別な経過措置の利用者と重なるでしょう

従って支援するスタッフ側に、重度の方支援を行う専門的な体制を築くことができれば、

他の加算も取得することができて支援に手厚い事業携帯を整えること

ができます。

重度訪問介護事業も併せて行う

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用で、重度訪問介護などのサービスを受けることができます

この制度を別の見方からすれば、

グループホーム運営法人で重度訪問介護も行う

という選択肢を取ることができます。

つまりグループホーム内で行う介護支援も、同じ法人が管轄する事業でカバーすることができることになります。

そうすると、

・サービスの最適化
・連絡調整作業の円滑化
・監視監督の適正化

という点でも、グループホーム支援と介護事業の連携がスムーズになるのでお勧めしたい活用方法です。

まとめ

近年行政に評価されるグループホームの特徴は、重度の障害の方や高齢者を受け入れ適切な支援ができることです。

そのためにはグループホーム事業において、「個人単位で居宅介護を利用する特例」を活用することは大切です。

ただあくまで特例措置なので適切に運営できているか気をつけていないとトラブルになる可能性があるので注意してください。

重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

戸根行政書士事務所からのお知らせ

<常勤換算について>
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【基本】常勤換算について徹底解説!計算方法/注意点/よくある質問まで
・【必見】利用者数の計算の仕方のポイント!人員配置の注意点まとめ
・【まとめ】グループホームの人員配置の計算とは?初歩から注意点まで解説
・【必見】サービス管理責任者の兼務を徹底解説!間違えやすい点も説明

<減算について>
・【基本】人員欠如の減算とは?計算方法や注意点も解説
・【詳解】人員欠如の減算:基準や緊急対応・防止策をご説明
・【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算とは?

<事業所管理の健全化に努める>
・【注意】利用者紹介のために紹介料を払う?利益供与の問題点と対策
・【基本】土曜日開業の注意点とは?人員配置等の問題を解説
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【必見】サービス管理責任者の兼務を徹底解説!間違えやすい点も説明


<夜間支援の加算等>
・【基本】夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり
・【基本】重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり
・【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介
・【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置:注意点も解説
・【要点】「夜間支援等体制加算」の利用者数の計算とは?

<医療/入院関係の加算等>
・【基本】看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説
・【基本】医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説
・【注意点】個人単位で居宅介護は利用できるの?要件や注意点を説明
・【基本】強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介
・【基本】長期入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説
・【基本】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説
・【基本】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説
・【基本】「帰宅時支援加算」とは?取得条件や間違えやすいポイントを解説
・【基本】「長期帰宅時支援加算」とは?取得条件や間違えやすい点を解説
・【基本】「地域生活移行個別支援特別加算」とは?取得条件や活用法を解説

<利用者さんとのトラブルを避ける対策>
・【まず知りたい】グループホーム運営は何が難しいの?
・【注意】グループホーム利用者との金銭トラブルについて
・【質問】「通院時も付き合って欲しい」と言われたら?通院支援の対策を解説
・【注意】グループホームの費用設定はどのように?利用者負担も解説
・【基本】グループホーム体験利用の注意点とは?利用者負担の設定に留意

<実地指導のトラブルにならないための対策>
・【まず知りたい】実地指導とは?チェックリストもお教えします
・【直前対策】実地指導を受ける時の対応の注意点!
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【トラブル多発】グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説
・【よく間違える】日中支援加算とは?基準や注意点を解説
・【基本】グループホームの人員配置の計算とは?初歩から徹底解説
・【注意】生活支援員を外部業者に委託する際の注意点とは?
・【必見】サービス管理責任者の兼務を徹底解説!間違えやすい点も説明
・【注意】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説
・【義務化】虐待防止委員会とは?運営規程の書き方から記録書類まで解説

<事業所管理の健全化に努める>
・【注意】サービス管理責任者を配置する注意点とは?間違いやすい例も解説
・【注目】生活支援員の配置の注意点とは?外部の業務委託も解説
・【基本】勤務体制一覧表の注意点は?間違えやすいシフト例も解説
・【注意】定員増加の注意点とは?報酬額や人員配置の問題解説
・【必読】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント
・【基本】障害者グループホームに短期入所を併設して収益を上げる方法とは?

<処遇改善加算を適正に取得する>
・【基本】福祉・介護職員処遇改善加算とは?条件・注意点を解説
・【基本】福祉・介護職員「特定」処遇改善加算とは?条件・注意点を解説
・【注意】処遇改善加算・特定処遇改善加算の対象職種とは?注意点も徹底解説
・【注意】処遇改善キャリアパス要件を満たすとは?記述例・失敗例あり
・【基本】賃金改善の方法をわかりやすく解説:トラブル防止の注意点もあり
・【注意】処遇改善加算等の社会保険料の計算の仕方とは?改善額の組み入れ

関連記事

【NEW】最新のコラム

  1. 2024.5.18

    【令和6年報酬改定】GH自立生活支援加算(I)~(III)とは?算定要件から活用方法も解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  2. 2024.5.7

    【令和6年報酬改定】新・集中的支援加算とは?取得条件や活用方法を解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  3. 2024.5.6

    【令和6年報酬改定】新・入浴支援加算とは?取得条件や活用方法を解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  4. 2024.4.28

    【令和6年報酬改定】新・情報公表未報告減算とは?減算回避のポイント解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  5. 2024.4.20

    【令和6年報酬改定】新・専門的支援実施加算とは?取得条件や活用方法を解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  6. 2024.4.18

    【令和6年報酬改定】新設・家族支援加算とは?取得条件や活用方法を解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  7. 2024.3.24

    【令和6年報酬改定】「業務継続計画未策定減算」とは?BCPの減算防止対策を解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  8. 2024.3.17

    令和6年報酬改定】児発・放デイ基本報酬の支援時間設定とは?注意点と具体例を解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家...
  9. 2024.3.11

    【令和6年報酬改定】人員配置体制加算とは?特定従業者数換算方法のポイント解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家...
  10. 2024.3.1

    【令和6年報酬改定】就労継続支援A型のスコアどうする?倒産廃業を回避の方法!

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...

【必読】人員配置の基本まとめ

  1. 2023.11.8

    【児発/放デイ】サービス提供職員欠如減算と送迎の注意点!人員配置の悩みを解説

     放課後等デイサービスと児童発達支援を多機能型で経営しています。
  2. 2023.8.12

    【基本】サービス管理責任者の実務経験おすすめルートとは?3年,5年,8年ごとに解説

     障がい者の就労継続支援事業所を運営していますが、次の店舗拡大のためにサービス管...
  3. 2023.6.24

    【児発/放デイ】サービス提供時間の設定方法とは?人件費や報酬単位との適切な調整

     放課後等デイサービスと児童発達支援を多機能型で開業する予定です。
  4. 2023.4.20

    【児発・放デイ】基準職員「営業時間を通じての配置」とは?自治体ルールに注意

     放課後等デイサービスと児童発達支援を多機能型で開業いたしました。
  5. 2023.2.23

    【就A】利用者と雇用契約を結ばない特例について!間違えないポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、雇用契約を結ぶほどの能力が現時点では...
  6. 2023.2.19

    【就A】実地指導、ここがチェックされる②!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、近いうちに実地指導を行うという通達が...
  7. 2023.2.18

    【R5義務化】「身体拘束廃止未実施減算」とは?回避するためのポイント解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  8. 2023.2.2

    【児発・放デイ】「強度行動障害児支援加算」とは?取得条件や間違えやすいポイントを解説

             ★★★記事執筆者のご紹介★★★ この記事は障害福祉事業専門で、国家資格者で...
  9. 2023.1.7

    【R3義務化】障害福祉のハラスメント防止の対策とは?運営規程から就業規則まで

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導の時にハラスメント防止の対策...
  10. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...

【注意】間違えやすい加算の解説

  1. 2023.2.19

    【就A】実地指導、ここがチェックされる②!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、近いうちに実地指導を行うという通達が...
  2. 2023.2.1

    【児発・放デイ】「関係機関連携加算」とは?取得条件や間違えやすいポイントを解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.12.18

    【グループホーム】「長期帰宅時支援加算」とは?取得条件や間違えやすい点を解説

     障がい者グループホームを運営していますが、利用者さんが今後長期的に帰宅すること...
  4. 2022.12.12

    【グループホーム】国保連への請求の注意点!間違えやすいポイント解説

     障がい者グループホームを運営していますが、国保連請求をたびたび間違えてしまいま...
  5. 2022.11.26

    【グループホーム】「帰宅時支援加算」とは?取得条件や間違えやすいポイントを解説

     障がい者グループホームを運営していますが、利用者さんの中で土日祝日に定期的に帰...
  6. 2022.11.3

    【就B】医療連携体制加算の活用方法とは?要件や間違えやすい点も解説

     就労継続支援B型事業所を運営していますが、利用者さんの体調が不安定で継続的な通...
  7. 2022.9.13

    【放デイ】欠席時対応加算とは?取得条件も解説!利用時間30分以内でもOK

     就労継続支援B型に加え、新しく放課後等デイサービスの福祉事業を開業いたしました...
  8. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  9. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  10. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...

【ポイント】収益アップの戦略の説明

  1. 2023.8.27

    【就A/B】計画相談支援事業所を併設して収益アップ?間違えやすい注意点を解説

     障がい者の就労継続支援事業所を運営していますが、利用者の獲得のために計画相談支援事業所...
  2. 2023.5.27

    【就A/就B】多機能型のメリットとデメリットは?判断基準を解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、生産活動の収益から利用者さんへの賃金...
  3. 2023.5.14

    【障害福祉】「一体型」と「多機能型」の違いとは?事業拡大のチャンス!

     障がい者の就労継続支援事業所を運営していますが、これから更なる事業拡大を検討し...
  4. 2023.5.7

    【GH】障害者グループホームに短期入所を併設して収益を上げる方法とは?

     障がい者グループホームを運営していますが、利用者さんが増えずに経営に苦しんでい...
  5. 2023.5.5

    【GH】一つの建物に複数の共同生活住居を設置する条件とは?よくある間違いも解説

     障がい者グループホームを運営していて、新しく多くの利用者さんを受け入れるために...
  6. 2023.3.13

    【就A/就B】「施設外支援」とは?算定要件やオススメ活用法を解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、なかなか利用者さんが一般就労につなが...
  7. 2023.1.2

    【就A,就B】従たる事業所の設置とは?オススメの活用方法を解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、利用者が増えてきたので「従たる事業所...
  8. 2022.11.21

    【就A】「就労定着支援」事業を活用しよう!収益アップのメリットを解説します

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、事業拡大のために他の障害福祉サービス...
  9. 2021.5.2

    【就A/就B】「就労移行支援体制加算」とは?収益拡大のポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、利用者さんを就職させて、「就労移行支...