グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?

共同生活援助(グループホーム)の利用者へ、介護サービスを提供する場合は、

・生活支援員による介護
・外部の居宅介護事業所への委託による介護

のいずれかの形態になっています。

そして原則として、

  • この2種類以外による介護等を受けさせてはならないと

されています。

しかし個人単位でその例外が認められる措置があるのです。


この記事を読めば、グループホームにおける個人単位の居宅介護の利用の要件や注意点、それに活用事例がわかります


これまで多くのグループホーム事業所のサポートをしてきた中で、「利用者に対して共同住宅内で重度の介護サービスを行いたい」と言った相談を度々受けました

こうした相談は実現可能ですが、あくまで特例措置の範囲内ですので注意が必要です。

そこで本日はグループホームにおける個人単位の居宅介護の利用について解説していきます。

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用の要件とは?

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

まず気になるのが、

どのような要件を満たせば、グループホームでの個人単位の居宅介護の利用をすることができるのか?

ということではないでしょうか。

令和3年度の報酬改定でも引き続きこのような経過措置を続けることが決まったので本日はその要件についてお伝えいたします。

対象者

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用の対象者は次の2パターンに分かれています。

対象者パターン1

  • 障害支援区分4以上
    かつ
  • 重度訪問介護/同行援護/行動援護の対象者

対象者パターン2

  • 障害支援区分4以上
    かつ
  • 次の A 及び B の要件をいずれも満たす者

A :グループホームでの個別支援計画に居宅介護の利用が位置付けられていること

B :グループホームでの居宅介護の利用について市町村が必要を認めていること

つまり基本的には障害支援区分の4以上が必要で、ある程度特別な支援を必要とするほどの重度の方ということがわかります。

利用可能サービス

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

利用可能サービスについても対象者のパターンごとに定められており、

対象者パターン1: 居宅介護または重度訪問介護

対象者パターン2: 居宅介護(※身体介護にかかわるものに限る)

とされています。

注意点としては障害支援区分の4以上の方でも、身体介護に関わる支援を受けないとこの特例は認められないという点です

報酬

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

基本的には、普通のグループホーム事業と同じように、障害支援区分や世話人の配置に応じて決まります。


介護サービス包括型

(世話人配置)介護サービス包括型
4人に1人区分6 444
区分5 398
区分4 364
5人に1人区分6 393
区分5 346
区分4 314
6人に1人区分6 359
区分5 313
区分4 281

日中サービス支援型

(世話人配置)共同生活住居で過ごす共同生活住居で過ごさない
3人に1人区分6 698
区分5 651
区分4 617
区分6 605
区分5 558
区分4 525
4人に1人区分6 612
区分5 566
区分4 533
区分6 520
区分5 474
区分4 440
5人に1人区分6 561
区分5 515
区分4 482
区分6 469
区分5 422
区分4 389

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用の注意点とは?

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

これまでの説明で、グループホームでの個人単位の居宅介護の利用の要件がわかったと思います。

しかしこのような利用はあくまで特例の経過措置なので、運用には十分な注意が必要です

そこで気になるのは、

グループホームで個人単位の居宅介護の利用をする時、どのような点に注意すればいいの?

ではないでしょうか。

そこでループホームでの個人単位の居宅介護の利用の注意点についてお伝えいたします。

グループホームの人員配置基準

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

これまで弊所もグループホームでの個人単位の居宅介護の利用について、多くの相談を受けてきましたが、その中で感じる注意点は、

個人単位で居宅介護を利用する時でも、グループホームに必要なスタッフを配置しているか

という点です。

制度的にはこのような特例措置の間のグループホームでの人員配置基準は、

個人単位での居宅介護等を利用する者の生活支援員の配置基準については、当該利用者数を2分の1として算定

とされています。


ポイントは生活支援員の配置について、その数の計算を通常の2分の1で行う点です。

通常のグループホームにおける生活支援員の配置基準は次のように計算いたします。

『「区分3」の利用者数÷9+「区分4」の利用者数÷6+「区分5」の利用者数÷4+「区分6」の利用者数÷2.5』の数以上

そこで特例の基準である「当該利用者数を2分の1として算定」とはどのように考えるのでしょうか?

事例:区分3/2人、区分4/2人、区分5/1人

この事例において、個人単位で居宅介護を利用する方を、

  • 区分4の2人と区分5の1人

として考えます。

その場合、

2÷9+1(※2人の2分の1)÷6+0.5(※1人の2分の1)÷4=0.4

となります。

つまり常勤換算にして0.4以上だけ配置していればいいというわけです。

普通の場合では、

2÷9+2÷6+1÷4=0.7

になるので、経過措置の特例を利用する場合は通常より少ない配置でいいというわけです。

しかし「当該利用者数を2分の1として算定」した上での人員配置基準は守ようにしてください。

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用の活用事例とは?

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用に関する要件や注意点については説明してきました。

加えてそこで気になるのは、

この特別経過措置の活用事例はどのようなものがあるのか?

ではないでしょうか。

例外的な措置とはいえ、認められている期間にこの制度を有効活用して事業基盤を固めることができるならチャンスです。

他の加算との組み合わせ

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

ポイントは、

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用とは主に重度の方が対象である

という点です。

そこでお勧めの活用事例として、

グループホームで利用できる「重度の方向け」の他の加算と組み合わせる

ことが挙げられます。

グループホームで利用できる重度の方向けの加算とは、

・重度障害者支援加算・・・・・・重度の方を支援する専門的な体制がある場合に加算
・強度行動障害者体験利用加算・・重度の方を受け入れる専門的な体制がある場合に加算

があります。

これらの加算が想定する対象者は、ほとんどこの特別な経過措置の利用者と重なるでしょう

従って支援するスタッフ側に、重度の方支援を行う専門的な体制を築くことができれば、

他の加算も取得することができて支援に手厚い事業携帯を整えること

ができます。

重度訪問介護事業も併せて行う

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

グループホームでの個人単位の居宅介護の利用で、重度訪問介護などのサービスを受けることができます

この制度を別の見方からすれば、

グループホーム運営法人で重度訪問介護も行う

という選択肢を取ることができます。

つまりグループホーム内で行う介護支援も、同じ法人が管轄する事業でカバーすることができることになります。

そうすると、

・サービスの最適化
・連絡調整作業の円滑化
・監視監督の適正化

という点でも、グループホーム支援と介護事業の連携がスムーズになるのでお勧めしたい活用方法です。

まとめ

近年行政に評価されるグループホームの特徴は、重度の障害の方や高齢者を受け入れ適切な支援ができることです。

そのためにはグループホーム事業において、「個人単位で居宅介護を利用する特例」を活用することは大切です。

ただあくまで特例措置なので適切に運営できているか気をつけていないとトラブルになる可能性があるので注意してください。

重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。