【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

icon image

 現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住居を探しています。
 ただ規模の大きい共同生活住居だと減算が適用されると聞いて心配です
 大規模な障がい者グループホームの共同生活住居に適用される減算について教えていただけないでしょうか?

 大規模なグループホームの共同生活住居に対して適用される減算に「大規模住居等減算」という減算があります
 この「大規模住居等減算」を怖れて規模の大きな共同生活住居で運営しないと経営が安定しない可能性があります。
 この記事ではグループホームの事業者様の理解の一助になるように以下のような内容がわかるように説明いたします。

icon image

  1. グループホームの「大規模住居等減算」の概要がわかります
  2. グループホームの「大規模住居等減算」の金額がわかります
  3. グループホームの「大規模住居等減算」のメリットがわかります

(グループホーム)大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも開設

【グループホーム】勤務体制一覧表の注意点は?間違えやすいシフト例も解説

 障がい者グループホームを運営するに際して、共同生活住居の規模が一定以上の場合に「大規模住居等減算」が適用されます。

<「大規模住居等減算」とは>
共同生活住居の入居定員の規模に応じて、加算を取得する前の所定の単位数から以下の表の割合の減算を行います

(入居定員)(減算)
8人以上95%(=5%のマイナス)
21人以上93%(=7%のマイナス)
21人以上(一体的な住居の合計)95%(=5%のマイナス)

※「一体的な住居」について
同一敷地内または近接的な位置関係にある共同生活住居であり、かつ生活支援員や世話人がそれぞれの共同生活住居で明確に区別されていない場合を指します。

icon image

 「大規模住居等減算」について基本的なことを理解することができました。ありがとうございます。
 減算の額は大きくないのですが、それでも経営に影響しないか不安なので、減算になるとどの程度の額になり影響があるか教えてもらえるでしょうか?

 グループホームは規模を大きくすればするほど安定する事業構造になります
 定員の多い共同生活住居を利用することは経営の安定にメリットですが、同時に減算のデメリットも生じてしまいます
 それではグループホームの「大規模住居等減算」についてしっかり説明したいと思います。

icon image

(基本)共同生活住居と定員の関係

 障がい者グループホーム事業を行うには共同生活住居を設置する必要があり、その共同生活住居の定員数は条件によって異なるよう設定されています

(条件)(定員)
平成18年10月1日以降に新設2人以上10人以下
既存の建物を利用する2人以上20人以下
GHが少ない地域で知事が容認21人以上30人以下
GHのための土地取得が困難な地域で知事が容認2人以上30人以下

<そもそもグループホームを開業するための定員とは>
1つ以上の共同生活住居を確保し、その共同生活住居とサテライト型住居の合計定員の数が4人以上であることが求められます。

 「大規模住居等減算」とは、共同生活住居の定員が8人以上が想定されているので、ある程度適用されることが前提になっている減算です。
 つまりスタッフ不足の減算や個別支援計画未作成の減算と違ってペナルティの意味が少ないことが特徴です。
 減算になることをだけ理由に定員を少なくすることは経営を不安定にするリスクもあるのでご注意ください

icon image

あえて「大規模住居等減算」になるメリット

 障がい者グループホームの定員数の拡大をはかり経営を安定させるには、あえて「大規模住居等減算」を適用しても収益上のメリットがあるかどうか計算することが大切です

  それでは以下の事例にそくして「大規模住居等減算」が適用されるパターンの具体的な金額とその影響を考えていきたいと思います
 計算式をできるだけシンプルにして減算の効果を測るために、加算は無しで支出は比率の殆どを占める人件費のみ焦点を当てています
 それでは早速シミレーションを行いましょう。

icon image

事例)
収入の要件: 介護サービス包括型/世話人4:1/入居者全員区分3/1単位=10円/家賃4万円
支出の要件: 常勤8時間/常勤月給18万円/パート時給1,000円

(項目)例1例2
<収入>
定員7人10人
基本報酬800,100円1,143,000円
大規模住居等減算適用1,085,850円
減算額57,150円
家賃280,000円400,000円
=収入合計=1,080,100円=1,485,850円
=収入合計(1人あたり)=154,300円=148,585円
<支出>
人件費244,000円284,000円
人件費(1人あたり)=34,857円=28,400円
<収入-支出>
=収支差(1人あたり)=119,443円=120,185円

<あえて「大規模住居等減算」になるメリット>
上記例1と例2の収支差(1人あたり)を比較しても、減算を適用して少なくなるわけでもなく、逆に1人あたりの収入は定員が増えると同時に増額していっています。

  その「大規模住居等減算」の影響が殆どなくなる理由は、減算の額に比べて人数が増えても人件費は高騰せず抑えられるからです
 つまりグループホームは規模を大きくするほど収益が安定するという法則は、たとえ「大規模住居等減算」が適用されたとしても変わらないということです
 規模が例の10人よりも大きくなれば減算の額も増えますが、1人あたりの人件費も抑制されるので大差はないでしょう。

icon image

まとめ

icon image

 本日は障がい者グループホームの「大規模住居等減算」について教えていただきありがとうございました。
 規模を大きくして経営の安定を目指すために、定員の多い共同生活住居の物件を探しても問題ないとわかり安心いたしました

 障がい者グループホームの経営の安定は、できるだけ利用者を増やして国保連からの収入を増やすことです
 そのために、たとえ「大規模住居等減算」が適用されたとしても大規模の共同生活住居を利用するメリットはあります。
 元々介護保険のデイサービスで利用していた物件など部屋数も多く、グループホームとしても利用しやすいので、ぜひ狙って探してみてはいかがでしょうか。

icon image

<常勤換算について>
・【基本】常勤換算について徹底解説!計算方法/注意点/よくある質問まで
・【必見】利用者数の計算の仕方のポイント!人員配置の注意点まとめ
・【まとめ】グループホームの人員配置の計算とは?初歩から注意点まで解説

<減算について>
・【基本】人員欠如の減算とは?計算方法や注意点も解説
・【詳解】人員欠如の減算:基準や緊急対応・防止策をご説明
・【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算とは?

<グループホーム事業の人員配置の経営の課題>
グループホームで収益を安定させるにはパート職員を効率よく配置して人件費を抑えることが課題でありますが、非常勤の人員が増えると管理業務の負担も大きくなります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。