【障がい者グループホーム】利用者の通院の支援はどうする?解決策や注意点を解説


icon image

 障がい者グループホームを経営しているのですが、利用者さんから通院に付き合って欲しいと言われることが多々あります
 このような場合にスタッフに通院に同行させても問題ないでしょうか

  通院時の支援は基本的に共同生活援助というグループホームのサービスとは異なります
 気をつける点やスタッフ配置の方法を理解しておかないと監査指導の時にトラブルになる可能性があります
 本日はそうしたグループホームの通院時の支援に関する注意点や解決策をお話しいたします

icon image

  1. グループホーム利用者の通院時の支援方法がわかります
  2. グループホーム利用者の通院時の支援の注意点がわかります
  3. グループホーム利用者の通院時の支援の解決策がわかります

利用者の通院の支援はどうすればいい?

利用者の通院の支援はどうする?解決策や注意点を解説

グループホームの利用者の通院を支援するには、スタッフの確保・十分な時間の確保・詳細な記録が必要になります。

<通院が必要な利用者かどうかは事前に把握!>
入居時に計画相談事業所やご家族からご利用者様の体調のことを綿密に伺い、今後通院支援が必要になる可能性があるかどうか調べておきましょう。

icon image

 これまでグループホームの利用者さんが通院される時は、ご家族と連絡を取り合ってスタッフにお願いして何とか対応してきました。
 違法ではないと思うのですが、グループホームの体制として通院支援を継続的に行うと大変です利用者さんの通院支援はどうすればいいでしょうか?

 通院時の支援をグループホームで行うときは、スタッフの配置や支援時間の管理に注意を払う必要があります
 またグループホームのスタッフではない別の制度や人材に頼るという解決策も考慮いたしましょう

icon image

別のスタッフの配置が必要

利用者の通院の支援はどうする?解決策や注意点を解説

グループホームの利用者さんの通院を支援する際は、グループホームの人員配置基準とは別のスタッフの配置が必要になります

<別のスタッフの配置の例>
・夕方からシフトのスタッフに日中の早い時間からシフトに入ってもらう
・非番のスタッフに連絡し、日中の早い時間からシフトに入ってもらう
・午前からのスタッフに日中の時間までシフトに入ってもらう

 グループホームのスタッフで通院支援をするには最低でも1人対1人の対応が必要なため、通常の配置+αの人出が求められます(※自閉症の方は2人必要なこともあります)。
 スタッフの勤務時間の変更や時間外労働をすることになり、労働環境と人件費が懸念されます。
 また通院回数が多い方はその分だけ追加スタッフを配置する負担も増えるので課題になります

icon image

対応策1:通院介助を使う

利用者の通院の支援はどうする?解決策や注意点を解説

どうしてもグループホームのスタッフで通院支援を行うスタッフが足りなく、また負担になってくる場合は、「通院等介助」という介護サービスを利用するよう支援してください。

<通院介助とは?>
ヘルパーさんにより、利用者さんが通院するための移動を介助するサービスです。
※利用のためには自治体に介護保険の適用の申請をする必要があります。

 注意点はあくまでも移動のためのサービスであり、医師による面談での立ち会いなどは含まれていない点です
 また介護保険の適用の申請をする作業も必要で、すぐに利用できず、誰でも使えるわけではない点もお気をつけください
 スタッフの勤務時間の変更や時間外労働をすることになり、労働環境と人件費の加重が懸念されます
 また利用者さんと関係を築けていないヘルパーさんが担当すると通院自体を拒否なさる可能性もあるので、結局グループホームのスタッフが対応する事例が多いです。

icon image

対応策2:成年後見制度の利用

利用者の通院の支援はどうする?解決策や注意点を解説

グループホームの職員で日中の利用者の通院を支援することが難しい場合は、利用者さんに成年後見制度を利用してもらうことも対応策の一つです。

<成年後見制度とは?>
認知症,知的障害,精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々に対して,不動産や預貯金などの財産の管理,身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約の締結などを支援する制度です

 注意点は成年後見制度を利用するにも本人もしくはご家族による家庭裁判所への申し立てが必要であり、利用まで時間がかかってしまう点です
 さらに第三者の専門職に後見人を依頼すると、月々の報酬が発生し、利用者さんの負担が増えることになります
 ただ生活保護の方に対しては自治体により報酬助成がもらえるケースがあるので、自治体に問い合わせて聞いていただければと思います。

icon image

対応策3:訪問看護の利用

利用者の通院の支援はどうする?解決策や注意点を解説

グループホームの利用者さんが通院支援を希望される場合、逆に訪問看護を利用してグループホームの施設へ医師や看護師に来てもらうことも対策の一つと考えられます。

<訪問看護とは?>
地域の訪問看護ステーションから、看護師や理学療法士・作業療法士等がその方が生活する場所へ訪問し、医療的ケアを提供することです。

 ただ注意点は訪問看護の制度も介護保険や医療保険の枠組みの中にあり自治体への申請や医師の診断が必要になります
 しかもデメリットとして利用回数が限定されているなど柔軟に対応してもらえない可能性があります
 利用者さんが緊急の医療ケアを必要とされていないなら、グループホームで契約を結んだ訪問看護の方の来訪まで待つことも効果があるでしょう
 こうしたグループホームと医療機関の連携を促進する加算もありますのでご利用ください。

icon image
     ※医療連携体制の加算について取得の条件から注意点まで説明した記事です

利用者の通院支援をする注意点とは?

利用者の通院の支援はどうする?解決策や注意点を解説

ここまでの説明でグループホームの利用者様が通院する際の支援のポイントと対応策を一通り分かっていただけたかと思います。

<まとめ>
人員配置の基準とは別にスタッフを配置する
・対応策1:通院介助の介護サービス
・対応策2:成年後見制度
・対応策3:訪問看護のサービス

icon image

 それではそのような利用者さんの通院支援の対応策を行うときに、どのような点を気をつければ良いでしょうか?
 小規模のグループホームなので、スタッフや時間の管理など専門家でない者でもわかるようにご説明いただければ幸いです。

 今まで家族とチームワークを組んで何とか乗り切ってきたケースも多いかと思いますが、労務や経営管理の観点から見ると危うい点が少なくありません
 これまで多くのグループホームの事業者さんと付き合ってきて現状を見てきた経験から通院支援の注意点をご説明いたします。

icon image

時間外賃金と勤務時間超過

利用者の通院の支援はどうする?解決策や注意点を解説

グループホームの利用者さんの通院支援に自社のスタッフを配置する場合、雇用契約書によっては時間外労働になり、割増賃金が発生する点にご注意ください。

<時間外労働の割増賃金とは?>
時間外労働に対する割増賃金は、通常の賃金の2割5分以上となります。例えば、通常1時間当たり1,000円で働く労働者の場合、時間外労働1時間につき、割増賃金を含め1,250円以上支払う必要があります。

 グループホームの利用者さんの通院は、待ち時間が多い上に治療によっては拒否して納得してもらうまで時間がかかるとか、そもそも受け入れてくれる病院を探すのにも膨大な時間がかかります
 その間に時間外のスタッフが支援にあたれば、割増賃金を払う必要があり頻繁にこうした事態になると経営を圧迫いたします
 また状況によっては労働環境基準法の規定時間を超過する場合がありますので、その点にもご注意ください。

icon image

通院介助の利用の難しさ

利用者の通院の支援はどうする?解決策や注意点を解説

グループホームのスタッフによる利用者の通院支援が難しい場合、対応策として介護サービスの「通院介助」の利用を挙げましたが、現実には中々難しい面もあります。

<通院介助を利用する難しさ>
・公共交通機関が充実していない地域では、通院のためにタクシーを利用することは入居者の負担が大きい
・月に 2 回までという制限がある

 グループホームの利用者さんの通院のために通院介助を使うことは、地域差や利用者さんの病状の重さによって効果が変わります
 介護サービスですので一部利用者さんの負担にもなり、経済的な面も配慮しなくてはなりません。
 人によってはそもそも介護サービスの申請が認められないケースもあるのでご注意ください

icon image

入院すると基本報酬がなくなる

利用者の通院の支援はどうする?解決策や注意点を解説

グループホームの利用者さんの通院支援をして、仮に施設に入院されることになった場合、その日以降は基本的に退院の日までグループホームの基本報酬がなくなってしまいます。

<入院時は加算で対応?>
入院時のグループホームの利用者さんを支援することへの「入院時支援特別加算」や「長期入院時支援特別加算」などの制度があります。
※しかし精神科の場合は長時間の付き添いを求められることもあり、実態は加算だけで人件費を補うことは難しく、法人の持ち出しが多い現状です。

 利用者さんが入院された場合、入居者の退院後の生活を考えれば入院期間が長引いても、契約を解除することは難しいです
 退院されても通院は続くことが見込まれるので、入院されている間にご家族と話し合って成年後見や通院介助の利用をご検討ください

icon image

まとめ

icon image

 障がい者グループホームで職員を1人体制でしていたので、通院支援をする時は困っていました。よくわかりました。ありがとうございます。
 訪問看護も回数に制限があり、どうしても必要な時は夜間や早朝にホームの職員が医療ケアを行うことがありました安定的に医療的ケアを提供できる体制を目指します

 利用者さんの通院支援をする際にグループホームのスタッフは、入居者の日々の情報を的確に伝え、医療情報も集約して管理する重要な立場になります。
 気をつける点やスタッフ配置の方法を理解しておかないと監査指導の時にトラブルになる可能性があります
 看護師などとの連携のためにも利用者の体調変化には十分お気をつけください。

icon image

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.8

    【就A】スコア表(IV)の解説!「支援力の向上」の要件と根拠資料は?

     就労継続支援A型の事業所を経営しております。
  2. 2021.8.31

    (グループホーム)看護職員配置加算とは?要件・活用事例も解説

    共同生活援助(グループホーム)における「看護職員配置加算」とは何でしょうか?近年はグループ...
  3. 2021.8.27

    (グループホーム)医療連携体制加算とは?要件・注意点・おすすめ活用も解説

    障がい福祉事業のグループホームで活用できる「医療連携体制加算」とは?近年の動向では、重度の...
  4. 2021.8.8

    グループホームでの個人単位の居宅介護の利用:要件・注意点・活用事例を解説

    グループホームにおいて個人単位で居宅介護を利用する時の要件や注意点とは何でしょうか?共同生...
  5. 2021.8.1

    夜勤職員加配加算の要件とは?注意点やオススメ活用事例あり

    共同生活援助、つまりグループホームにおける「夜勤職員加配加算」の要件とは何でしょうか?複数...
  6. 2021.7.30

    強度行動障害者体験利用加算とは?取得条件や活用事例も紹介

    障がい福祉事業に関する「強度行動障害者体験利用加算」とは何でしょうか?「強度行動障害者体験...
  7. 2021.7.17

    重度障害者支援加算とは?注意点や活用事例あり

    障がい福祉のグループホーム等に適用される「重度障害者支援加算」とは何でしょうか?近年のグル...
  8. 2021.7.13

    【最新版】夜間支援等体制加算とは?注意点・活用事例も紹介

     グループホームの事業所を経営しております。
  9. 2021.5.29

    利用日数特例の条件や届出方法とは?運営上の注意点あり

    「利用日数特例」の条件や注意点とは何でしょうか?障がい福祉事業の運営者側としては、短時間で...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。
  4. 2022.3.30

    【児発・放デイ】保育士/児童指導員の配置の基本パターンをわかりやすく解説!

     児童系の障がい者福祉事業を開業いたしました。
  5. 2022.3.2

    【児発・放デイ】専門的支援加算とは?注意点や活用方法を解説

     児童系の障がい者福祉事業を運営しているのですが、しっかり注意していないと不安な...
  6. 2021.10.23

    【グループホーム】医療的ケア対応支援加算とは?加算条件や活用方法も解説

     最近の障がい者グループホームの動向は、重度の方や高齢者へ手厚く対応すれば、報酬に関して評価される...
  7. 2021.6.27

    放課後等デイサービスの「共生型サービス体制強化加算」とは?活用事例あり

    「共生型」の放課後等デイサービスに適用できる「共生型サービス体制強化加算」とは何でしょうか?...
  8. 2021.6.20

    「共生型」放課後等デイサービスとは?各介護事業ごとの要件を説明

    普通とは違った「共生型」の放課後等デイサービスとは何でしょうか?実はこの「共生型」はどうい...
  9. 2021.6.6

    【児発・放デイ】延長支援加算とは?要件・注意点を徹底解説!

     他事業種から児童発達支援など児童系の障がい福祉サービスを開業することになりました。。
  10. 2021.3.15

    【放デイ・児発】定員超過利用減算の条件とは?注意点やよくある間違いも解説

     最近、放課後等デイサービスと児童発達支援の福祉事業を開業いたしました。

ピックアップ記事

  1. 2023.1.1

    【就A】実地指導、ここがチェックされる①!間違えやすいポイント解説

     就労継続支援A型事業所を運営していますが、実地指導のチェックが怖くて何を対策し...
  2. 2022.9.6

    【グループホーム】大規模住居等減算とは?あえて減算になるメリットも解説

     現在障がい者グループホーム事業を行なっていて、事業安定のために大きい共同生活住...
  3. 2022.7.24

    【障害福祉事業】常勤換算の計算総まとめ!減算にならないためのポイント

     障がい者福祉事業を営んでいますが、常勤換算の計算が自治体の手引きだけではよく分...
  4. 2022.2.23

    【基本】グループホームの人員配置とは?利用者数の計算・支援時間帯の注意点

     障がい者グループホームを開業しようとしているのですが、適正な人員配置の基準や計...
  5. 2022.1.30

    【グループホーム】入院時支援特別加算とは?基準や注意点を解説

    障がい者グループホームの利用者さんが入院されることが時々あってスタッフを増やそう...
  6. 2022.1.23

    グループホームの土日祝の支援とは?基本や注意点も解説

    障がい者グループホームの土日は就労継続支援B型の事業所さんが休みということもあり...
  7. 2022.1.22

    【グループホーム】日中支援加算とは?基準や注意点を解説

    ※日中支援型のグループホームは対象ではありません。
  8. 2021.12.1

    【注意】グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置について:休憩は?注意点も解説

    悩み「グループホームの夜間支援体制のスタッフ配置の仕方はどうすればいいでしょうか?」...
  9. 2021.11.17

    【詳解】サービス管理責任者欠如減算と個別支援計画未作成減算を具体的に解説!割合・時期など

     障がい福祉事業を行なっていて、人員欠如やサビ管欠如のことに不安を覚えています。
  10. 2021.5.12

    【新設】就労移行連携加算とは?オススメ活用事例あり

    令和3年の報酬改定で新設された「就労移行連携加算」とは、一体何でしょうか?またオススメの活用事例は...

ピックアップ記事

  1. 2022.10.17

    【児発・放デイ】「家庭連携加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説?

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営していて悩んでいま...
  2. 2022.10.4

    【児発・放デイ】「事業所内相談支援加算」とは?取得条件やミス防止もしっかり解説

     児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉事業を多機能型で運営しております。
  3. 2022.10.2

    【児発・放デイ】実地指導、ここがチェックされる!間違えない対策を解説

     現在、放課後等デイサービスと児童発達支援の事業を行っています。